T-80ロシア語Т-80テー・ヴォースィェミヂスャトウクライナ語Т-80テー・ヴォスィムデスャート)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。

T-80
Russian T-80BV.jpg
T-80BV
性能諸元
全長 9.66m
車体長 7m
全幅 3.6m
全高 2.2m
重量 42.5t
懸架方式 トーションバー方式
速度 65km/h整地
45km/h不整地
行動距離 335km
600km(外部タンク搭載時)
主砲 125mm滑腔砲 2A46M-1
副武装 NSVT 12.7mm重機関銃
PKT 7.62mm機関銃
エンジン GTD-1250
ガスタービン
1,250馬力
乗員 3名
テンプレートを表示

概要編集

本車はT-64をベースに開発され、T-72とほぼ同時期の1975年より生産が開始された。ソビエト連邦において実戦配備された戦車としては技術的に最も高度な車両であり、高出力なガスタービンエンジンによる機動力、125mm滑腔砲と高性能な射撃管制装置、砲発射型ミサイルによる攻撃力、複合装甲爆発反応装甲、低いシルエットによる防御力を兼ね備える。本車の配備は東ドイツに駐留していたドイツ駐留ソ連軍など、NATO軍と対峙する精鋭部隊に対して集中的に行われた。専用の輸出型が開発され、同盟国や友好国に対して積極的に輸出・供与されたT-72と異なり、ソ連崩壊以前の配備先はソ連軍に限定されていた。総生産台数は5000両程度とされ、ノックダウン生産も含めて30000両程度が生産されたとされるT-72と比べ少ない。ソ連崩壊後はロシアウクライナからいくつかの国に対して輸出されている。

本車において開発された技術は後にT-72の改修型に転用され、T-72をベースとした第3世代主力戦車であるT-90の開発にもつながった。

開発編集

ソビエト連邦では1960年代半ばより、いくつかの設計局において戦車にガスタービンエンジンを搭載する研究開発がなされていたが、T-64をベースとした車両にガスタービンエンジンを搭載して実用的な車両として完成させたものが本車である。開発はレニングラード・キーロフ工場(ЛКЗ、LKZ)内のSKB-2設計局で行われた。搭載するガスタービンエンジンは航空機ジェットエンジンなどを開発していたクリーモフ設計局が開発した。最初の試作車両である「オブイェークト219 SP1(Объект 219 сп 1 )」はT-64AにGTD-1000Tガスタービンエンジンを搭載した改造車両であった。改修を経て1975年よりT-80として量産され、1976年にソビエト連邦軍に採用された。

初期型のT-80は光学式ステレオ測遠器を搭載するなど車両の大部分がT-64Aの流用であり、ガスタービンエンジン以外には際立った点がなかった。そのため1978年からは装備全般にわたって大幅な改良がなされたT-80B(Т-80Б)に生産が切り替えられた。T-80Bはレーザー測遠器とデジタルコンピュータによる高性能な射撃管制装置、主砲からミサイルを発射できる9К112-1 「コブラ」ミサイル発射システムを備える。エンジンも出力が1100馬力に強化され信頼性が改善されたGTD-1000TF(ГТД-1000ТФ)に変更された。

1985年にはさらなる改良型であるT-80U(Т-80У)の生産が開始された。改良された射撃管制装置、新型の9К119「レフレークス」ミサイル発射システムに加え、車長用全周視察装置から主砲を照準・発射できるようになり、攻撃力が向上している。またAPFSDSにも有効な爆発反応装甲「コンタークト5」を装備する。エンジンはさらに高出力なGTD-1250(ГТД-1250)に変更された。

ウクライナでの改良作業編集

T-64の開発元であるウクライナ東部・ハルキウO・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局(ХЗТМ、KhZTM)では、ディーゼルエンジンを搭載するT-80UD(Т-80УД)が開発された。これはガスタービンエンジンの失敗に備える保険として開発された6TD対向ピストン型ディーゼルエンジン搭載したもので、燃費の良さから崩壊直前のソ連の経済的苦境に対応する形で1987年から採用配備された。また指揮戦車のT-80UDKも開発され、ウクライナなどで使用されている。

独立後のウクライナではハルキウ機械製造設計局を中心に、T-80UDの改良作業を積極的に推進した。その一過程として、パキスタンへ輸出された車輌の一部にはソ連時代の鋳造砲塔に換えてウクライナ製の新しい溶接砲塔が採用された。自国向けの新型戦車としては、溶接砲塔に加えて新型エンジンと爆発反応装甲を搭載したT-84を開発・配備した。2001年にはさらなる改良型であるT-84U オプロートや、その輸出型であるT-84-120 ヤタハーンが登場した。ヤタハーンはNATO標準の120mm主砲を搭載しており、トルコギリシャマレーシアでのトライアルに参加したが、採用には至らなかった。2009年にはT-84U オプロートの改良版であるBM オプロートが登場し、タイ陸軍への輸出に成功している。

ロシアでの改良作業編集

現在に至るまで積極的な改良を続けているウクライナに対して、ロシアでの改良作業はT-72・T-90系列と比べ低調である。ソ連末期にはT-80に向けて開発された技術をT-72に導入する試みがなされ、1992年にT-90として採用された。その後ロシアではガスタービンエンジン搭載のT-80Uをベースとした改修型がいくつか開発されたが、いずれも採用には至らなかった。90年代末にロシア軍次世代戦車の本命と目されていたオムスク輸送機械工場(ГУП «Омсктрансмаш»)によるT-80-UM2「チョールヌイ・オリョール」も財政難によって開発が中止されている。2015年にようやく登場した次世代戦車T-14は新規に開発された「アルマータ」プラットフォームを採用しており、T-80の改良型ではない。2017年には逆にT-72B3の「ソスナ-U」射撃管制装置やT-90MSなどの「レリークト」爆発反応装甲を導入するなどしたT-80BVMが登場したが、2020年現在の生産契約は50両にとどまっている。

設計編集

火力編集

 
T-80Uの砲手席
自動装填装置により腰下のスペースが狭い
 
T-80Uの車長席

主砲は D-81TM 125 mm滑腔砲(GRAUコード:2A46M-1)で、西側の120mm/L44滑腔砲と比較しても遜色ない威力とされる。T-72の主砲と同系列であり、威力は同等である。

最初期に生産された車両はT-64Aと同じ光学式ステレオ測遠器を備えていたが、T-80B以降の改修型はレーザー測遠器とデジタルコンピュータを組み合わせた射撃管制装置を搭載する。この射撃管制装置は測遠器からの距離情報に加えて、測距地点からの自車の移動距離、目標の移動速度、風力計で測定した横風の強さ、気温などの情報から必要な見越し角を計算し、レティクルに自動的に反映するものである。開発された当時としては非常に高度な装置であり、T-72に搭載されたものより格段に高性能である。

T-80Uからは車長用全周視察装置から主砲の照準、発射が行えるようになった。この装置によりハンターキラー能力が大幅に向上した。

暗視装置はアクティブ・パッシブ兼用の赤外線暗視装置で、星明りでの有効視認距離は850mとされる。T-72が装備するものの約2倍の有効視認距離をもつが、同時代最新の西側戦車と比較するとやや劣る性能である。T-72と同様に、暗視装置の性能を補う目的で主砲脇に「ルナ」赤外線投光器を備えている。ソ連においても熱線映像装置の開発が行われていたが技術やコストに課題があり、「Agava2」熱線映像装置が一部のT-80UK(指揮戦車型)に搭載されたにとどまる。

T-80Bからは9K112-1「コブラ」ミサイル発射装置を備え、主砲からミサイルを発射できる。本装置は無線誘導方式であったが、T-80Uからはレーザー・ビームライディング方式の9K119「レフレークス」に変更された。9K119から発射される9M119M「インバル」対戦車ミサイルは有効射程5000mで、主砲の射程を超える距離で敵と交戦できる。

砲塔直下に回転式自動装填装置を備える。本装置は水平にした弾頭を円形に並べ、その周囲に垂直に立てた装薬筒を配置する形式である。T-64と同じタイプで、装薬筒も弾頭の上に水平に配置するT-72やT-90とは形式が異なる。弾頭と装薬筒が90度折れ曲がる1枚のトレーに載っているため1回の動作で装填が完了し、それぞれ分けて押し込むT-72と比べ動作が高速である。一方で立てた装薬筒が砲塔バスケットを取り囲んでいるため、砲塔の乗員は腰下のスペースが狭い。

装甲編集

 
T-80Uのコンタークト5 
スカートが取り付けられているのがわかる

複合装甲を採用しており、防御力は同じく複合装甲を採用した本国仕様のT-72と同等とされる。 T-80Bの改修型であるT-80BVからは成形炸薬弾に有効な「コンタークト1」、T-80UからはAPFSDSにも有効な「コンタークト5」爆発反応装甲を装備する。T-80の装備するコンタークト5は砲塔側の下半分にスカートが取り付けられているため、砲塔が特徴的な「ホタテ貝型」になっていない。

機関編集

高出力なガスタービンエンジンを搭載しており、初期型のGTD-1000Tで1000馬力、T-80BのGTD-1100TFで1100馬力、T-80UのGTD-1250は1250馬力を発揮する。出力だけでなく、改修されるごとに信頼性や燃費も向上している。アメリカのM1エイブラムスが装備するハネウェル AGT1500エンジン(1500馬力)より低出力であるが、本車は初期型で42t、T-80Uで46tと軽量であるため、同等以上のパワーウェイトレシオをもつ。このガスタービンエンジンにより走行時にはジェット機に似た甲高いエンジン音を発する。

本車のトランスミッションは遊星歯車機構によるマニュアルトランスミッションであり、操縦も左右の履帯を2本のレバーで操作するもので、先進的なエンジンと比べ古典的である。

運用と戦歴編集

高度な機構を搭載したT-80はソ連製戦車としては極めて高価であり、ソ連時代の生産数は4000両程度であった。これはソ連国内だけでも20000両が生産されたT-72と比べ大幅に少ない。したがって本車の配備先はワルシャワ条約機構加盟国に駐留する部隊や西部の軍管区の部隊など、NATOと対峙する精鋭部隊に限定された。中でも最前線の一つである東ドイツに駐留していたドイツ駐留ソ連軍に集中的に配備されており、生産数のおよそ半数が割り当てられていた。

配備開始直後の1979年からはアフガニスタン紛争が始まったが、T-80は投入されず実戦機会はなかった。同じく投入されなかったT-72は輸出型が中東などで盛んに実戦投入されたが、T-80は輸出も供与もなされなかったため、ソ連崩壊まで全く実戦を経験しなかった。1991年ソ連8月クーデターの際に出動したのが、唯一の活動であった。

ソ連崩壊後、ソ連軍の装備は独立した構成共和国の軍に引き継がれたが、T-80は西部の軍にのみ配備されていたため、まとまった台数を引き継いだ軍もロシア連邦軍、ウクライナ軍、ベラルーシ軍に限定された。

最初の「実戦」はロシアで1993年10月に発生したモスクワ騒乱事件での出動である。反エリツィン派(議会派)が立てこもるロシア最高会議ビルに対して6両のT-80UDが砲撃を加え、反エリツィン派を殺害、制圧した。

実際の戦闘という意味での実戦投入は1994年第一次チェチェン紛争が最初である。約150両が投入されたが、主砲の俯仰角が小さいT-80には不向きな市街戦・ゲリラ戦が多く、特に激しい市街戦となったグロズヌイの戦いにおいて多数が撃破された。この紛争以降、ロシア連邦軍はT-80を実戦投入しなくなり、その後発生した第二次チェチェン紛争南オセチア紛争などにも投入されていない。

ソ連崩壊以降は外貨獲得のためにT-80も輸出されるようになり、ロシアやウクライナからいくつかの国に対して輸出されている。T-80Uは経済協力借款の償還として大韓民国に約30輌(当初朝鮮人民軍を模した仮想敵部隊として使用されていたが、現在は一部実戦部隊の第3機甲旅団に移管)、中華人民共和国[1][2][3] には約50輌が送られた他、キプロスアラブ首長国連邦にも輸出された。

T-80UDは、現在ウクライナ陸軍主力戦車となっている。T-80UDは320輌がパキスタンに輸出され、カシミール紛争で使用された。これらのうち一部の車輌は改良型のT-84と同様の砲塔を搭載していたため、一部資料ではT-84と紹介されることもある。ただし、正式にはこれらはすべてT-80UDとされている。その他、指揮戦車のT-80UDKも開発され、ウクライナなどで使用されている。また、主砲にNATO標準の120mm滑腔砲を搭載した輸出型のヤタハーンを開発し、トルコギリシャマレーシアでのトライアルに参加したが、いずれも採用には至らなかった。

2021年北方領土千島列島に配置されているT-72の後継として、T-80BVが配置されることが報道された[4]

なお、後継となるべきチョールヌィイ・オリョール戦車も攻撃力・防御力を増したT-80Uの発展型ではあるが、1999年に試作車が完成したものの、開発に当たっていた企業が倒産したため計画は頓挫している。

バリエーション編集

オブイェークト219 SP1
Объект 219 сп 1
レニングラード・キーロフ工場で開発された、T-64Aを改修した車両。
T-80
Т-80
オブイェークト219 SP2(Объект 219 сп 2)と呼ばれた最初の量産型。T-64に1,100馬力のGTD-1000タービンエンジンを搭載した。
T-80A
Т-80А
219A型。T-80の改修型で、量産されなかった。
 
サンクトペテルブルクで展示されるT-80B
T-80B
Т-80Б
219R型。T-80を大幅に改修した車両で、新型の射撃管制装置を搭載し、9M112 コブラ対戦車ミサイルを運用できた。装甲も、新しい複合装甲となった。
T-80BK
Т-80БК
630型。T-80Bの指揮戦車型。ナビゲーションシステムと無線装置を装備した。
 
サンクトペテルブルクで展示されるT-80BV
T-80BV
Т-80БВ
219RV型。T-80Bの派生型で、コンタークト1爆発反応装甲を装備した。
 
サラトフで展示されるT-80U
T-80U
Т-80У
219AS型。T-80U1985年型。9M119 レフレークス対戦車ミサイルを運用でき、砲塔を刷新した。装甲は、新型のコンタークト5爆発反応装甲となった。エンジンは1,250馬力のGTD-1250が搭載され、新しいナビゲーションシステムが搭載された。
T-80U(M)
Т-80У(М)
219AS型。T-80Uの派生型で、火器管制装置が刷新された。
T-80UK
Т-80УК
ロシア連邦で開発されたT-80Uの指揮戦車型。TShU-1-7 シュトーラ1アクティブ防護システム、TNA-4-3ナビゲーションシステム、KV無線装置など新しいシステムを装備した。
T-80UE
Т-80УЭ
1999年にロシア連邦で開発されたT-80UKの輸出型。TShU-1-7 シュトーラアクティブ防護システムが装備品から外された。ロシア連邦の輸出向け戦車の主力商品となった。
T-80UD ベリョーザ
Т-80УД «Берёза»
478B型。愛称の「ベリョーザ」(«Берёза» ビリョーザ)はロシア語で「白樺」の意味。ウクライナ語では「ベレーザ」(«Береза» ベレーザ)白樺は女性の象徴でもある。整備維持コストと調達コストの低減を図るユーザー向けのモデルで、もともとはソ連向けに1985年に開発したT-80Uの派生型で、T-64中戦車用の水平対向型ディーゼルエンジン6TD(1,000馬力)を搭載[5]。ウクライナ独立後は同国の主力戦車となる一方、輸出も試みられ320輌がパキスタンに輸出された。これらは、ウクライナ軍向けに製造された車両の新車転売、もしくはウクライナ軍で運用されていた車両の中古転売であると考えられているが、装備する爆発反応装甲は従来の「コンタークト1」ではなく「コンタークト5」が装備された。一部はT-84の砲塔を搭載したため、パキスタンに輸出された車両をT-84とする資料もあるが、製造元の設計局ではパキスタンに輸出した車両をすべてT-80UDとしている。
T-80UDK
Т-80УДК
T-80UDの指揮戦車型。
T-80UM-1 バールス
Т-80УМ-1 «Барс»
ロシア連邦で開発されたT-80Uの発展型。アリーナアクティブ防護システムを装備する原型車輌。オムスクでの兵器ショーでは常連だが、まだ販売には至っていない模様[5]。愛称はロシア語で「雪豹」のこと。
T-80UM-2 チョールヌィイ・オリョール
Т-80УМ-2 «Чёрный орёл»
ロシア連邦で開発されたT-80UMの発展型。アリーナアクティブ防護システムを装備する。車体を延長して転輪を片側7個に増加。自動装填装置付でブローオフパネル付の弾薬庫を持つ後部の大きな新型砲塔に140mm(135mmという説もある)滑腔砲。カクトゥス爆発反応装甲と新型照準システムなどを搭載した多くの新装備を含む車両である。デモンストレーション時の試作車両ではGTD-1250ガスタービン・エンジンを搭載していた。2010年に主に予算上の問題で開発の中止が決定した。
T-80BVM
2017年にロシアで発表されたT-80シリーズの最新改修試作型。レリークトと思われる爆破反応装甲装備し、T-14T-90MSで導入された技術をキックバックさせている。寒冷地におけるガスタービンエンジンの即応性が再注目され、主に北極圏での運用を視野に入れているとされる。
T-84
Т-84
ウクライナが開発したT-80UDの発展型。

派生型編集

BREM-80U
БРЭМ-80У
T-80Uの車体を流用して開発された装甲回収車。18トンクレーンと35トンウインチを搭載している。
BREM-84
БРЕМ-84
ウクライナで開発された装甲回収車。T-84の派生型とされているが、実質的にはT-80UDから開発されている。
2S19 ムスターS
2С19 МСТА-С
ロシア連邦で開発された自走榴弾砲。T-80の走行システムにT-72V-84Aディーゼルエンジンを組み合わせている。
T-90
Т-90
T-72の車体設計を元にT-80の技術を組み合わせた車両。

運用国編集

 
地図上の青色の国はT-80を装備する

登場作品編集

アニメ映画編集

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
架空の派生型「T-80UN」が登場。NERV ベタニアベースにて封印を解かれた第3の使徒を迎撃する。

漫画編集

独立戦車隊
プロローグ「TANKS」のチェチェン紛争のシーンに爆発反応装甲を取り付けた車両が登場し、前後からRPG-7の攻撃を受ける。

ゲーム編集

Operation Flashpoint: Cold War Crisis
ソ連軍陣営で使用可能な戦車として登場する。レジスタンス陣営でも鹵獲した車両を使用可能。
エースコンバット5
ユークトバニア連邦共和国陸軍が使用。
凱歌の号砲 エアランドフォース
日本を占拠したロシア軍の車両として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
大戦略シリーズ
主にロシアもしくはR国の装備として登場する。ミサイルも撃てる。
マーセナリーズ
中国人民解放軍が使用。
WarThunder
ソ連陸軍ツリーのランクVIにT-80B、ランクVIIにT-80Uが登場する。

小説編集

征途
日本民主主義人民共和国(北日本)人民赤軍の主力戦車としてT-80をベースにレーザー測距システムの搭載や対戦車ミサイルの未装備などの改良を施した「82式中戦車改二型(T82J2)」が登場。

モデルキット編集

1/35スケール
ズヴェズダ
  • T-80BV
  • T-80UD
スキフ
  • T-80UD(しかし、中身はオブイェークト219A)
XACT
  • T-80U
1/72スケール
レベル
  • T-80(パッケージには単に「T-80」とあるが、組立説明書の表記とキット内容はT-80Bである)
  • T-80BV

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kolekcja Czołgi Świata, Issue 8, p 13
  2. ^ John Pike. “Global Security T-80”. 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ JED The Military Equipment Directory”. 2007年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  4. ^ 北方領土に新型戦車配備へ ロシア軍、寒冷地対応”. 共同通信ん (2021年4月22日). 2021年4月22日閲覧。
  5. ^ a b 軍事研究2007年8月号「ロシアと中国の最新AFV開発事情」p36-p37

外部リンク編集