メインメニューを開く

T.V.

T.V.(ティー・ヴィー)は、日本ロック・バンドである。のちにTV-WILDINGS(ティーヴィー・ウィリングス)にグループ名を変更。 所属レコード会社はポリスター、レーベルはGeronimo。

T.V.
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1985年-1989年
レーベル Geronimo
メンバー 葛城哲哉
烏丸哲也
近沢克也
五十嵐公太
旧メンバー 土屋薫

目次

メンバー編集

  • 葛城哲哉(かつらぎ てつや)(ボーカル、ギター)
    解散後、1990年からTM NETWORK(当時TMN)のサポートギタリストを務めるなど、スタジオ・ミュージシャンとして活動。
  • 烏丸哲也(からすまる てつや)(ギター)
    解散後、ミュージシャン業から足を洗い、YOUNG GUITARの2代目編集長を経て、2000年代前半にBARKSの編集長に就任。
  • 近沢克也(ちかざわ かつや)(ベース)
  • 土屋薫(つちや かおる)(ドラム)
    脱退後母校の筑波大学に戻る。2014年4月より江戸川大学社会学部現代社会学科教授(参考)
  • 五十嵐公太(いがらし こうた)(ドラム)
    解散後、JUDY AND MARYに参加。その後、スタジオ・ミュージシャンとして活動。

概要・略歴編集

  • 1986年、アルバム『Born to be wi-dol』、シングル『Born to be wi-dol/How to Debut』にてポリスターからデビュー。当初のこの頃は『ザーマスおばさん』、『ルックス命』、『いかれた女が大好き』といった一件ふざけた風にも取られかねないタイトルの楽曲と、葛城が半ば洒落で行っていた「らいとあんよ奏法」(立ったまま右足でギターを弾く)があいまってコミックバンドととられてしまうこともあった。
  • 1987年、セカンドシングルとなった『All American Boy/Bad News』を最後にDrの土屋が脱退。アイドルなどのバックバンドを勤めていた五十嵐公太を2代目ドラムスに迎える。
  • 1987年、CHARプロデュースのミニアルバム『Topping Voice』をリリース。この中にはファーストアルバムに収録されていた『SWEET LADY』のリメイクも含まれている(A面の最後には隠しトラックとして『第三の男』のテーマをギターで弾いたトラックも収録されている)。
  • 1988年、セカンドアルバム『TAKIN' Voyage』をリリース。このアルバムには『ROCKNESS』や『WAITING FOR YOU』などファーストとは異なった曲がそろっている。
  • 1989年、ギターの烏丸が脱退。3人組となりバンド名をTV-WILDINGSに改称する。同時にサードアルバム『NEW DAYS』をリリース。この中には五十嵐公太が初めてT.V.の為に書き下ろした楽曲『CRY MY HEART』も含まれている(この楽曲はシングル『Gimme Some Lovin'』のB面としてもリリースされた)。
  • 1989年末、バンド解散。
  • 1994年にはベスト盤『Best of T.V.-featuring Tetsuya Katsuragi-』がリリースされる。また、2003年には2枚組のベスト盤がリリースされ、『ToppingVoice』収録の楽曲が初めてCD化された。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • Born to be wi-dol/How to Debut
  • All American Boy/Bad News
  • Gimme Some Lovin'/Cry My Heart

オリジナルアルバム編集

  • Born to be wi-dol
  • TAKIN' Voyage
  • NEW DAYS

その他アルバム編集

  • Topping Voice(ミニアルバム)
  • Best of T.V.-featuring Tetsuya Katsuragi(ベストアルバム)