メインメニューを開く

T1強調画像(T1きょうちょうがぞう、: T1 weighted image, T1WI)は核磁気共鳴画像法 (MRI) で用いられるスピンエコー法(SE法)で得られる画像の一種である。

スピンエコー法ではTR (repetition timeラジオ波パルスを与える間隔)、TE (echo time、ラジオ波パルスを検出するまでの時間)が信号強度と関係しており、TRが組織のT1値よりも短ければ、各組織のT1の違いが画像に反映される。さらにTEがT2値よりも非常に短ければ、各組織のT2の影響が少ない画像が得られる。このようにTR、TEともに短い条件では、各組織のT1の差が強くでる画像が得られ、これをT1強調画像とよぶ。

関連項目編集