メインメニューを開く

T2101V

FOMA T2101Vフォーマ・ティー に いち ぜろ いち ブイ)は、東芝によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

NTTドコモ FOMA T2101V
T2101V・前面
T2101V・背面
キャリア NTTドコモ
製造 東芝
発売日 2002年9月27日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(2GHz)
形状 ストレート型
サイズ 145 × 46 × 22 mm
質量 110 g
連続通話時間 約100分(音声電話時)
約80分(テレビ電話時)
連続待受時間 約125時間(静止時)
外部メモリ 非対応
FeliCa 非搭載
赤外線通信機能 非搭載
Bluetooth 非搭載
放送受信機能 非搭載
メインディスプレイ
方式 低温ポリシリコン TFT液晶
解像度 カラー液晶
(170×180ドット
サイズ 1.8インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 非搭載
解像度 非搭載
サイズ 非搭載
表示色数
メインカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
機能
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
カラーバリエーション
トゥインクルシルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト
卓上ホルダ

目次

概要編集

「持って楽しいコンパクトな動画像通信の携帯電話を目指して」をキャッチフレーズに開発された。2101Vシリーズとしては最後発に当たり、先発機種での弱点が相当改善されている。

東芝は1998年のTS206以来4年ぶりの供給だったが、この端末以降NTTドコモへは、2009年5月T-01Aが発表されるまで端末を供給していなかった。その上T-01Aやその後継機のT-01Bはiモード非対応のスマートフォンで、さらに東芝の携帯電話事業が2010年10月に富士通の子会社である富士通東芝モバイルコミュニケーションズに移管されたため、同社として最初で最後のiモード端末となっている。また、SO902iD702i発売まで、長らくFOMA唯一のストレートタイプであった。

サブカメラは搭載していないが、メインカメラが回転式なのでこれを手前に向ければ自分撮りは可能である。

電池パックはT01がオプション設定されていた。

(以下は電池パックT01の品番である)

  • (ATS29002)

(なお、電池パックの種類についてはアドバンストリチウムイオン電池である。2004年当時は税込1575円で販売されていた)

T2101V向けに設計された卓上ホルダT01(ATS39016)は2004年当時、税込1890円で販売されていた。

 
卓上ホルダ裏面
 
アンテナを伸ばした状態

歴史編集

不具合編集

  • 2002年10月18日:省電力画面に切り替わった時に、音声通話及びTV電話、iモードメールの受信に不具合があると発表され、一時的に販売を中止した。同月30日に販売を再開した。参照

外部リンク編集