TACOS は、コンピュータ将棋プログラム

概要編集

将棋棋士北陸先端科学技術大学院大学教授飯田弘之の研究チームが開発した将棋ソフト世界コンピュータ将棋選手権で何度も決勝に進出している強豪ソフトである。また、コンピュータオリンピアードの将棋部門では最多の4回優勝している。

2005年9月18日石川県の小松市民センターで開催された第29回北國王将杯争奪将棋大会において、TACOS と橋本崇載五段(当時)の公開対局平手の手合で行われ、橋本五段が勝利した。しかし、橋本五段は敗北寸前まで追い詰められた[1]。これがきっかけとなって、全棋士にコンピュータとの対局を制限する通達が出された。

競技会成績編集

大会/年 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
世界コンピュータ将棋選手権 26 30 27 30 10 7 6 4 6 13 17 12
コンピュータオリンピアード 3 3 4 3 1 3 1 1 1 5
コンピュータ将棋王者決定戦 7

脚注編集

参考文献編集

  • 松原仁編著『アマトップクラスに迫る―コンピュータ将棋の進歩5―』共立出版、2005年。ISBN 978-4-320-12154-6

関連項目編集

外部リンク編集