メインメニューを開く

TAKA (ヒップホップ・ミュージシャン)

日本のミュージシャン

TAKA(たか、本名:森川 貴嗣。1980年1月18日 - )は、日本音楽アーティストである。大阪出身。血液型A型。ソロアーティストでありHowManyRED?、DONAIYA OSAKAのメンバー。

TAKA
Takamc.jpg
基本情報
出生名 森川貴嗣
生誕 (1980-01-18) 1980年1月18日(39歳)
出身地 日本の旗 日本大阪
学歴

関西福祉科学大学大学院 修士(心理臨床学)

大阪大学 医学系研究科 中退

関西学院大学大学院 理工学研究科 博士後期課程 在学中
ジャンル HIP HOP
職業 歌手、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、フォトグラファー
活動期間 1996年〜現在
レーベル 吉本R&C
共同作業者

HowManyRED?

DONAIYA OSAKA
公式サイト http://ameblo.jp/takamc
著名使用楽器
SURE beta58,SUREbeta87

ソロ活動のほか、ET-KINGのメンバーKLUTCHとHowManyRED?としても活動している。またET-KINGのメンバーTENNが主宰したフットサルチーム兼、音楽グループのDONAIYA OSAKAのメンバーとしても活動している。

プロフィール編集

1996年より活動開始。DJ HASEBEの大阪でのプレイ時のサイドMCを皮切りに、様々なアーティストと共演。2004年8月、ミニアルバム「空(KUH)」をR and C よりリリースしてメジャーデビューを果たし、収録曲の「青空ノ向コウ」はフジテレビジャンクSPORTSのエンディングテーマに起用された。その後シングル3枚をリリース。その作品も日本テレビ系「松紳」、「ダウンタウンDX」など様々なタイアップを実現し、2005年10月・11月にはスマッシュヒットになった「クリスマスキャロルの頃には」がフジTV系HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPのエンディング・テーマに起用された。2006年3月にはシングル3曲収録のファーストアルバム「伽(TOGI)」をリリース。2007年にはクリスマスキャロルの頃にはで競演したデリカテッセンのBA-Kと共にTAKA+BA-Kを再結成し、「REVIVE」をリリース。2013年7月にはGAKU-MCをフィーチャリングした「生涯現役 feat GAKU-MC」をデジタルシングルにてリリース。 2014年にはET-KING KLUTCHと共にHow many RED?というユニットを結成。

LIVE活動においては交友のあるm-floの「ASTROMANTIC TOUR」「DOPE SPEACE NINE TOUR」に参加し話題を呼んだ。またBLACK JAXX(DJ DRAGON武田真治iSSEi iSHiDa)と共演するなどロック系、ハウス系、HIP HOP系、様々なジャンルのイベントで年間60本以上のLIVEをこなしている。現在は作詞、歌唱、のみならず作曲活動もし、様々なアーティストに楽曲提供を行っている。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • 2003.06.11 「Pussy Cat」
  • 2005.06.28 「LOVE TRAIN」
  • 2005.09.21 「NI-CHI-YO!」
  • 2005.12.07 「クリスマスキャロルの頃には」
  • 2013.07.19 「生涯現役 feat GAKU-MC」

ミニアルバム編集

  • 2003.08.13 「凪」
  • 2004.08.04 「空」

アルバム編集

  • 2006.03.08 「伽」

コンピレーションアルバム編集

  • 2002.08.22 「BRING THE NOISE」
  • 2002.10.23 「BRING THE NOISE 2」
  • 2004.05.19 「LIVE LIVE LIVE! 〜CLUB CITTA'15th& RAPPAGARIYA 10th Anniversary〜」
  • 2008.02.20 「Bay Side」
  • 2016.12.24 「DONAIYA OSAKA」

フィーチャリング参加編集

  • 2006.07.26 DJ SHIBUCHIN「DJ SHIBUCHIN presents...SHIBUCHIN SUMMIT」

タイアップ編集

外部リンク編集