TAME航空(タメ航空、スペイン語: TAME EP Linea Aerea del Ecuador)は、かつて存在したエクアドルの航空会社である。

TAME航空
TAME EP Linea Aerea del Ecuador
TameLogoEcuador.jpg
IATA
EQ
ICAO
TAE
コールサイン
TAME
設立 1962年
ハブ空港 マリスカル・スクレ国際空港
マイレージサービス TAME Millas
親会社 エクアドル政府
保有機材数 17機
就航地 21都市
本拠地 エクアドルの旗 エクアドルキト
代表者 フェルナンド・ゲレーロ(CEO)
外部リンク http://www.tame.com.ec
テンプレートを表示

沿革編集

1962年エクアドル空軍の民間航空部門として設立され、同年の12月17日に運航を開始した。エクアトリアナ航空に代わるフラッグ・キャリアとして運航開始した。

2010年に設立以来使われてきたロゴから現在のロゴに変更した[1]

2020年5月20日、新型コロナウイルス感染症による航空需要の急減を受け全便の運航停止。会社も清算となった。

就航都市編集

主にエクアドル国内や南アメリカ北アメリカを中心に路線を広げている。

国内線編集

[2]

国際線編集

[3]

  アルゼンチン

  ブラジル

  コロンビア

  キューバ

  ペルー

  アメリカ合衆国

機材編集

2021年9月現在、11機運用している[4]

出典編集

  1. ^ Tame: A brand new Ecuadorian Airline. - Behance(2015年8月6日閲覧)
  2. ^ National Flights - TAME(2015年8月6日閲覧)
  3. ^ International Flights - TAME(2015年8月6日閲覧)
  4. ^ TAME Fleet Details and History - Planespotters.net(2015年8月6日閲覧)

外部リンク編集