メインメニューを開く

概要編集

 
TAPポルトガル航空本社

ポルトガルのフラッグ・キャリアで、ヨーロッパアフリカ、及び北米南米への路線の運航を行っており、特にポルトガル語圏であるブラジル路線については地方都市や首都ブラジリアなど他の欧米航空会社が就航していない都市にまで路線網を充実させている。現在9750人のスタッフが働いている。また元植民地であった諸国を中心とした他の航空会社の株主でもある:ポルトガリア航空(99.81%)、Air Sao Tome e Principe (40%)、Linhas Aereas de Sao Tome e Principe (40%) 及び マカオ航空 (15%)。

歴史編集

1945年3月14日に公共サービスを目的として設立され、Transportes Aereos Portugueses (TAP) という正式名称下でリスボンからマドリードへ飛行する、1946年9月19日に商業サービスを始めた。

この年の12月31日、ルアンダアンゴラ及び ロレンソ・マルケス (現マプート市)、モザンビークを含む、12ヵ所に寄航するサービス、Linha Aérea Imperial を始めた。1947年はリスボンからポルトへの国内線サービスを開始する。サントメ及びロンドンへのサービスは1949年に始まった。1953年に民営化され タンジェ 及びカサブランカへのサービスを始めた。

旅客1億人目はこの航空会社が運航を開始してから18年後の、1964年6月19日の飛行であった。アゾレス諸島サンタマリア島 経由ニューヨークへのサービスは1969年に始まった。ボストンはこの年以降にニューヨークへのサービスに追加された。1975年に、TAPは公共企業 (Empresa Pública) となり、国営化された。

1996年マカオへのサービスを開始し、公式ホームページを立ち上げ、アゾレス諸島のテルセイラ島経由ボストン行きのサービスを始めた。1997年に、プンタカーナ 及びバンコクへのサービスが始まる。

2005年にTAPはスターアライアンスの16番目の会員となる。この会社は2005年2月にTAP Air Portugal から TAP Portugalへ社名変更を行った。また2007年7月より元植民地であったブラジル首都ブラジリアへ初の直行便を就航させるなど、路線拡充を進めている。

就航路線編集

保有機材編集

 
エアバスA320-200
 
エアバスA330-200
TAPポルトガル航空 保有機材(2019年6月現在)
機種名 運用中 発注残 座席数[1] 備考
C Y+ Y 座席計
A319-100 22 144 144
A320-200 20 174 174
A320neo 5 13 174 174 2020年までに納入完了予定
A321-200 4 12 204 216
A321neo 6 13 12 204 216
A321LR 1 13 16 152 168 2019年より納入開始
A330-200 14 25 244 269 5機を今後A330-900neoに置換[2]
A330-300 2 30 255 285 2019年7月退役予定[3]
A330-900neo 7 16 34 96 168 298 ローンチカスタマー
A340-300 4 36 232 268 2019年内退役予定[4]
合計 85 55

脚注編集

外部リンク編集