メインメニューを開く

TAP THE LAST SHOW』(タップ・ザ・ラスト・ショー)は、2017年制作の日本映画

TAP THE LAST SHOW
監督 水谷豊
脚本 両沢和幸
製作 亀山慶二
水谷晴夫
村松秀信
木下直哉
間宮登良松
浅井賢二
樋泉実
製作総指揮 早河洋
出演者 水谷豊
音楽 佐藤準
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2017年6月17日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億2000万円[1]
テンプレートを表示

タップダンスを題材にした映画で、水谷豊が23歳の時から40年間アイデアを温め続け、満を持して初監督と主演を務めた作品[2][3]。撮影に当たって、総勢300人強の若いダンサーにオーディションを行い、5人の若手メインキャストが選ばれた[4]。当初は水谷扮するタップダンサーを主演に撮る予定であったが、水谷の年齢を考慮し、大ケガを負い一線を退いた元タップダンサーが未来ある若者たちを導く“師弟物語”に変更された[5]

目次

あらすじ編集

渡真二郎はかつて天才の名をほしいままにしていたタップダンサーであったが、10数年前に公演中に大怪我を負い、ダンサー生命を絶たれてしまう。

それ以来、怪我した足を引きずり、酒におぼれる日々を送っていた渡だったが、ある日、旧知の劇場支配人の毛利が「最高の舞台で劇場を閉めたいので、その最後のショーを演出してほしい」という相談を持ちかけてくる。渡は渋々その依頼を引き受け、出演するダンサーのオーディションの審査をすることになる。

会場には様々な事情を抱えた若いダンサーたちが集まってくる。渡はオーディションの審査をするうちに、タップへの思いを彼らに託そうと決意。渡の止まった時間が再び動き出す。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集