TBS赤坂ACTシアター

東京都港区にある劇場

TBS赤坂ACTシアター(ティービーエスあかさかあくとシアター、TBS Akasaka ACT Theater)は、東京都港区赤坂赤坂サカス内にある劇場である。座席数1,324席。赤坂ミュージカル劇場、赤坂ACTシアターを経て、現在の劇場名となった。2022年6月以降は舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の専用劇場となっている。

TBS赤坂ACTシアター
TBS Akasaka ACT Theater

赤坂ACTシアター

情報
旧名称 赤坂ACTシアター、赤坂ミュージカル劇場(旧施設)
完成 2008年3月14日
開館 2008年3月14日
開館公演 新作バレエ 『ベートーヴェン第九
収容人員 1,324人
客席数 1階890席、2階434席
延床面積 約10,000m²
設備 カフェ
用途 ミュージカル、演劇、コンサートなど
運営 TBSテレビ
所在地 107-8006
東京都港区赤坂5丁目3-2
赤坂サカス内)
位置 北緯35度40分22秒 東経139度44分6.1秒 / 北緯35.67278度 東経139.735028度 / 35.67278; 139.735028 (TBS赤坂ACTシアター
TBS Akasaka ACT Theater
)
座標: 北緯35度40分22秒 東経139度44分6.1秒 / 北緯35.67278度 東経139.735028度 / 35.67278; 139.735028 (TBS赤坂ACTシアター
TBS Akasaka ACT Theater
)
アクセス 東京メトロ千代田線赤坂駅」から徒歩1分
東京メトロ銀座線南北線溜池山王駅」から徒歩7分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅」から徒歩8分
外部リンク TBS赤坂ACTシアター
テンプレートを表示

概要編集

2008年平成20年)3月14日に、東京放送(現・TBSホールディングス)旧社屋跡地で行われていた再開発計画、赤坂サカスの中核となる文化施設の一つとして、同じく一時閉鎖されていたライブハウス赤坂BLITZに隣接して(新)赤坂ACTシアターが開業した。

初公演は、熊川哲也率いるKバレエカンパニーによる新作バレエ 『ベートーヴェン第九』である(2008年(平成20年)3月14日 - 20日[1]

公式の杮落し公演は、宮本亜門演出・LION presents 祝祭音楽劇『トゥーランドット』(同年3月27日 - 4月27日)である[2]

2008年(平成20年)11月20日 - 12月20日には、中島みゆき夜会が行われた[3]

2009年(平成21年)4月に、東京放送の持株会社化(東京放送ホールディングス(TBSHD))に伴って、劇場の運営権がグループ会社のTBSテレビへ移行した。

2020年(令和2年)2月、(ラジオ東京時代からの通算による)TBS開局70周年記念企画の一環として、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演を無期限ロングランで上演するための専用劇場とする方針が発表された[4]2021年(令和3年)12月11日より専用劇場化の改修工事のため長期の休館期間に入り[5]2022年(令和4年)5月17日に舞台制作発表を開催し、改装後初となるお披露目[6]。6月16日よりプレビュー公演が開始され、7月8日より本公演を開始する予定となっている[7][8]

JNNに加盟するTBS系列局が所有する舞台公演対応型の劇場は、TBSテレビの所有による当劇場と赤坂BLITZのみである。1975年(昭和50年)3月30日以降の準基幹局である毎日放送(MBS)も、1999年(平成11年)4月18日から大阪市中央区大阪ビジネスパーク内にシアターBRAVA!を所有していたが、2016年(平成28年)5月31日で閉館。跡地には、讀賣テレビ放送の第3代本社屋が建設されている。

略歴編集

公演編集

2022年の専用劇場化前に行われたものを記述する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “プレミアムオープニング 熊川哲也Kバレエカンパニー” チケットスペース
  2. ^ “新・赤坂ACTシアターオープニングシリーズ ラインアップ発表会” シアターガイド 2007年9月13日
    事前報道ではこのように「杮落し」と呼ばれたが、実際の催しとしては前述『第九』が先であるため、厳密な意味では「杮落し」とは言えない。
  3. ^ 渋谷Bunkamura内のシアターコクーンで長年にわたって開催されてきたが、青山劇場への移転を経て当劇場を使用。
  4. ^ “2022年夏『ハリポタ』専用劇場が赤坂に誕生 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』日本上陸”. オリコンニュース. (2020年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2155310/full/ 2022年6月21日閲覧。 
  5. ^ “劇場改修工事による休館に関して”. TBS赤坂ACTシアター. (2021年11月30日). https://www.tbs.co.jp/act/news/ 2022年5月13日閲覧。 
  6. ^ “舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』製作発表レポート この夏、日本中のハリー・ポッターファン待望の舞台が、東京・赤坂で開幕する。”. TBSテレビプレスリリース. (2022年5月17日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000065979.html 2022年5月20日閲覧。 
  7. ^ “舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」プレビュー公演がスタート、声の出演に吉田鋼太郎”. ステージナタリー. (2022年6月17日). https://natalie.mu/stage/news/481926 2022年6月21日閲覧。 
  8. ^ TBS開局70周年記念 TBS&HORIPRO present 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」|TBSテレビ
  9. ^ “ハリポタ舞台日本上陸決定で、TBS&ホリプロ社長がハリー“コスプレ”披露”. デイリースポーツ. (2020年2月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/13/0013114742.shtml 2022年6月21日閲覧。 
  10. ^ TEAM NACS Official web site” (日本語). TEAM NACS Official web site. 2021年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集