メインメニューを開く

THE世界大学ランキング

THE世界大学ランキングはザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーションが中心になって作成しているランキングである。

目次

特徴編集

分離独立したQS世界大学ランキングとは異なり、つねにトップがイギリスのオックスフォード大学[1]になっている。アジアの大学ランキングやユーラシアの大学のランキングは非常に厳しく査定されており、東京工業大学ですらTop100圏外になるほどである。それでもアメリカの超一流大学への評価はさほどの変動がない。「質の評価を数で行うというのは、哲学的な誤り[2]」と批判されていることがある。

QSがこのランキングを厳しく批判して分離独立を行ったのは、全世界の大学生や大学教授の知的水準を問題にせず、もっぱら大学生の「資金力[3]」を重視しているためである。日本の順位はかなり低くつけられており、トップ100に二校しかない[4]

脚注編集

  1. ^ THE世界大学ランキング2018が発表”. japanuniversityrankings.jp (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  2. ^ 日本の大学ランキングはなぜ上がらないか”. cakes.mu (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  3. ^ World University Ranking Methodologies Compared”. www.topuniversities.com (2017年6月7日). 2018年9月25日閲覧。
  4. ^ “東大42位・京大65位、順位上げる 世界ランキング”. 朝日新聞デジタル. (2018年9月27日). https://www.asahi.com/articles/ASL9T7DCQL9TUHBI02X.html 2018年9月27日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集