THE BREAKERS

THE BREAKERS (ザ・ブレイカーズ)は、日本のロック・バンド。1978年に結成し、1985年に解散した。

目次

メンバー編集

その他のメンバー編集

  • 石井アキラ(いしい あきら) - ギター
    元ピカピカ。杉浦脱退後にサポートメンバーとして参加。1985年ラストライブにも参加している。
  • 八木橋カンペー(やぎはし かんぺー) - キーボード
    当時チェッカーズのサポートメンバーとして活動。ブレイカーズ後期のサポートメンバーとしてキーボードを担当した。

概要編集

真島が中学生のとき、同級生の杉浦と組んだバンドが前身。高校の頃からTHE BREAKERSとして活動を始めた。

当時は真島がベースを担当。中学が一緒だった大槻は一時的にドラムで参加していた。大槻の紹介で篠原がドラムとして加入(本来はベーシストであった)。その後、篠原の高校の後輩である蓬田をドラマーとして迎え入れ、ベースの担当が真島から篠原に替わり、真島はギター担当になり4人編成となる。蓬田が脱退することになり、旧知の仲であった大槻が参加した。杉浦の脱退により3人編成となる。サポートのキーボード、ギターを入れてライブ活動を続行していたが、1985年に解散。

新宿、原宿のライブ・ハウスを中心に活動し、ザ・コーツTHE LONDON TIMESザ・シャムロックなどのバンドと共演し、モッズ族のヒーロー的存在として人気を集めていた。先駆者的に、原宿の歩行者天国でのバンド演奏を行っていた。当時のロックイベントに出演した映像や歩行者天国での映像はYouTubeなどで見ることができる。

シーナ&ザ・ロケッツRCサクセションが所属していた音楽事務所「りぼん」に所属。

後年、真島のソロで発表される「アンダルシアに憧れて」、「煙突のある街」は、当時、THE BREAKERSで演奏されていた。「カレーライスにゃかなわない」、「さすらいのニコチン野郎」、「夜の中を」、「ローリングジェットサンダー」、「岡本君」なども元々は、この頃演奏されていた曲がベースになっている。元々はTHE BREAKERSの頃の曲で、後のTHE BLUE HEARTSやTHE HIGH-LOWS、ソロ作品の下敷きになった曲も多い。

ちなみに、THE BLUE HEARTSでデビュー以降あまり髪形の変わらない真島であるが、THE BREAKERS時代の髪型はリーゼント(60年代のマージービートバンドの影響)やモヒカン(ザ・クラッシュジョー・ストラマーの影響)など様々であり、アダ名も「マーシー」ではなく「マッシー」だった。

略歴編集

  • 1978年
    杉浦(ギター)と真島(ベース)が中心となりトリオバンドとして結成。初期の頃はラブ・ソングを中心に歌っていた。
  • 1982年
    初代ドラマーの加藤が真島・杉浦との意見の相違から脱退。篠原がドラムとして参加。その後、篠原がベースになり真島はギターとなる。そして大槻がドラムで参加。
  • 1983年
    ビクター系列のレコード会社・フィリップス・レコードよりメジャーデビューが決定する。しかし、所属事務所「りぼん」とレコード会社間で、レコードイニシャルプレス数について折り合いがつかず、デビューの話は白紙に。
    デビューシングルとして発売予定だった「涙のCOOL DANCING/ダイヤルを廻すだけでいいのに」はプレス直前であり、業界向けサンプル版カセットテープなどは出回っていたが、結局、発売には到らなかった。
  • 1984年
    2月、杉浦が脱退。その後は真島・篠原・大槻の3人で活動を継続。
    この年の3月21日に、前年に白紙となったシングルを自主制作で発表する話もあったがそれも白紙となった。
  • 1985年
    1月25日、新宿JAM STUDIOのイベント「マーチ・オブ・ザ・モッズ」での演奏を最後にバンドは解散。なお、この日のライブには甲本ヒロトが飛び入りでステージに上がった。

解散後編集

真島は篠原と「ホリー・バーバリアン」というユニットで一度限りのライブを行う。甲本ヒロト達とTHE BLUE HEARTSTHE HIGH-LOWSを結成。現在もザ・クロマニヨンズで精力的に活動中。

篠原は1988年にソロ・シンガーとしてメルダックからメジャーデビュー。ソロアルバムを2枚発表するが、その後ソロ活動に疑問を持ち、1991年に大槻や古川英俊と共にTHE BRICK'S TONEを結成する。

現在、篠原は「ピノキオズ」、古川は「SPRRAY」、大槻は「ピアノトリオ」やドラム教室の講師としての活動も並行して行っている。

解散後も篠原や大槻は真島のソロツアーやソロアルバムに参加している。

楽曲編集

オリジナル曲編集

3人ボーカル(杉浦、真島、篠原)
  • BREAKERS STOMP!
真島ボーカル
  • 涙のCOOL DANCING
  • アンダルシアに憧れて
  • 錆びたナイフ
  • プラットホームで待ちくたびれて
  • BEATにしびれて(後の「さすらいのニコチン野郎」)
  • ママにさよなら(メロディは後の「TRAIN-TRAIN」の一部になったらしいが、真相は不明)
  • スーパーマンを紹介するぜ(後の「カレーライスにゃかなわない」)
  • GIRL FRIEND
  • 素敵なBEAT TIME(「このままで」と表記されている事が多いが、これは間違い)
  • 夜の中で(初期のタイトルは「夢の中で」、後の「夜の中を」)
  • クライマックス(一部分は「年をとろう」)
  • 屋上の落伍者(後の「砂丘」)
  • 煙突のある街
  • OH DARLING
  • Baby Don't Look Back
  • いつでもロックンロール
  • Don't Knock Me Down
篠原ボーカル
  • 窓に映ったシルエット
  • 永遠のシーズン
  • HELLO HELLO GIRL
  • ダイヤルを廻すだけでいいのに
  • SWINGING GENERATION
  • 君の瞳に(初期のタイトルは「Cause My Heart Is Blue」で、歌詞も違っていた)
  • STREET GIRL
  • 悲しきNO NO BOY(初期のタイトルは「SO I'M SAD」で、歌詞も違っていた)
  • 危ないKIDS
  • あの娘のイニシャル(デモ音源では篠原、ライブでは真島が歌っている)
  • 恋を恐れず(Don't Be Afraid Of Love)
大槻ボーカル
  • どこかで I Think You
  • 時代遅れのタキシード(初期のタイトルは「使い古しのタキシード」)
  • DOWN TOWN BOY
  • フェアリーテール
  • ティーチャー(後の「スティックマンにチープな夢を」)
  • 凍り付いた五番街(俺の街)
  • NOT SO GOOD
  • 映画のような恋(MOVIE OF LOVE)
杉浦ボーカル
  • 恋は今すぐ
  • 恋に焦がれて
  • 悲しみあふれでて
  • 二人の合い言葉
  • 忘れたのかい
  • 彼女がハートに火をつけた(初期のタイトルは「ハートに火がついた」)
  • あの娘にもう一度
  • アンジェラ

カバー曲編集

全員ボーカル
  • Shout
杉浦&真島ボーカル
  • High Heel Sneakers
  • Fortune Teller
  • Bring It On Home To Me
  • Don't Start Running Away
  • Some Other Guy
  • A Shot Of Rhythm and Blues
杉浦ボーカル
  • Peanuts Butter
  • You Can't Catch Me
  • I got To Find My Baby
  • Ain't That Just Like Me
  • You Better Move On
  • Will You Love Me Tomorrow
  • Cadillac
真島ボーカル
  • Reelin' and Rockin'
  • So Sad About Us
  • Walking The Dog
  • Too Much Monkey Business
  • Boom Boom
  • I can't Explain
  • For Your Love
  • When A Man Loves A Woman
  • What'd I Say (後に篠原カバー曲としてVoを交代)
  • Do You Love Me
  • Can't Hurry Love
  • Everybody Needs Somebody
篠原ボーカル
  • Oh! My Soul
  • Laudy Miss Claudy
  • Beautiful Dreamer
  • Tutti Frutti
  • Hippy Hippy Shake
  • You're No Good
  • What'd I Say (真島と交代してVoをとる)
  • Route 66
  • Sunny
  • You Keep Me Hanging On
大槻ボーカル
  • Everybody Loves A Lover
  • Da Doo Ron Ron
  • Glad All Over

関連項目編集