メインメニューを開く

The Heart(ザ・ハート)は井口一彦を中心に1983年に結成されたバンド。1988年にデビュー、1992年に解散した。

目次

概要・来歴編集

1983年 井口、辻、後藤のバンドに斉藤が加入し“THE HEART”始動。

1985年にYAMAHAEastWestでグランプリ受賞。(当時ドラマーであった辻はベストドラマー賞も受賞)

1988年2月 『CHAPMAN』 でデビュー。

メンバー・チェンジは激しかったが井口の迫力あるボーカルである程度の成功を収める。

BEAT CHILDや広島平和コンサート、ロックンロールバンドスタンドなどのイベントにもデビュー前年から複数回参加していた。

1992年、解散。

2005年、一時的に再結成し、各地でライブを行った。(2007年以降、活動は行われていない。)

メンバー編集

1989年からサポートメンバーとして参加。翌1990年正式メンバーとなる。1991年脱退。
  • 後藤進 (ごとう すすむ) - ベース
  • 太田択馬 (おおた たくま ) - 3代目ドラム
2007年から参加。
石黒淳一(いしぐろじゅんいち、1967年(昭和42年)6月19日 - ) - 2代目ベース
2017年11月から参加。

元メンバー編集

1989年脱退。
  • 辻武春 (つじ たけはる) - 初代ドラム
1989年脱退。
1989年にサポートとして参加し、1991年「アカシア」発売後のツアーで正式加入するが、1992年にバンドが解散したため、結果ワンツアーのみの参加となる。

サポートメンバー編集

辻脱退から草野加入までサポートメンバーとして参加。
「雨は止みそうもない」から「アカシア」までのアルバムのプロデュースを担当。「黄熱」「アカシア」
ではスタジオミュージシャンとしても参加している。再結成後のライブにもゲストとして参加していた。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

発売日 タイトル プロデューサー 品番 備考
1988年2月1日 CHAPMAN 樫原伸彦 MCD-1002
(再)AMCX-4059
1988年11月21日 雨は止みそうもない 田中一郎 MCD-1005
(再)AMCX-4060
1989年11月28日 黄熱 田中一郎 32XM-100
1991年7月25日 アカシア 田中一郎 AMCX-4111
1996年7月25日 a Chronicle of THE HEART AMCX-4262 ベストアルバム

シングル編集

発売日 タイトル c/w 品番 備考
1988年4月1日 JENIFFER
1988年7月21日 風の詩-THE DAY- 君の姿をさがしてる
1988年11月21日 雨は止みそうもない アイツとバッシュとマドンナと MCD-8
1989年6月1日 最後の砦 優しさの跡で
1990年10月25日 マーガレット 陽のあたらない部屋 AMDX-6024
1991年7月10日 遠い足跡 マーガレット AMDX-6039 「Victoria」CM曲

ビデオ編集

発売日 タイトル 品番 備考
1992年11月10日 THE HEART VIDEO CLIPS 88-91 轍 AMVX-8019 6曲収録

自主制作編集

発売日 タイトル 備考
1983年 (不明) 5曲収録

オムニバス編集

発売日 タイトル 備考
1985年 Light Music Contest'85 East West'85 LIVE stardust収録

エピソード編集

  • アマチュア時代、コンテストに出まくっていたTHE HEART。しかし1984年のYAMAHA EastWestではブロック大会どころか予選で敗退し、知り合いのバンドを中野サンプラザに観に行く事となる。この屈辱感からか、翌年からの「コンテスト荒し」が始まった。
  • 1984年のYAMAHA EAST&WESTには、後の"中期"~"後期"のTHE HEARTの要的存在藤尾領率いるA-JARIも出場していた。
  • 1985年のYAMAHA EAST&WESTのジュニア部門でグランプリを受賞した彼らだが、当時の大手レコード会社7社からのオファーはあったものの、プロダクションからの誘いはなかったという。そういった事実を隠されたままYAMAHAからの誘いがあったが、席上で他社からのオファーがあった話を聞いた井口はYAMAHAの誘いを全面的に断った。
  • THE HEARTのファーストアルバム『CHAPMAN』は、ジョン・レノンを銃殺した犯人、マーク・チャップマンを題材にしたものであるが、井口本人も、当時のバンドのメンバーもジョン・レノンビートルズには興味はなかったらしい。
  • 所属事務所はマザーエンタープライズで、レコード会社は同社のレーベルMother&Childrenであったが、レーベルは後にアルファ・ムーンと合併しMMGとなり、その後イーストウエスト・ジャパンと社名変更し、ワーナーミュージック・ジャパンに吸収合併されている。
  • 当初のデビューはもっと早い時期を予定していたが、レッド・ウォーリアーズのデビューが重なってしまい、伸ばし伸ばしにされてしまった。しかし、レッド・ウォーリアーズとの新宿LOFTでのライヴがあった事により所属事務所からの直接の交渉を受ける事になった。
  • 当時ライヴで使用していたオベーション尾崎豊所有のものだった。

参考編集

THE HEART作品”. オリコンスタイル. 2015年1月24日閲覧。