THE M

THE M』(ディ・エム[1])は、日本テレビ2008年4月22日から同年8月12日まで放送された音楽番組である。放送時間は毎週火曜日の21:00 - 21:54(JST)。ハイビジョン制作字幕放送

THE M
ジャンル 音楽番組
放送時間 火曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2008年4月22日 - 8月12日(15回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 徳永清孝
プロデューサー 南波昌人
藤井淳(CC)
出演者 石井竜也
酒井法子
劇団ひとり
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

目次

概要編集

レギュラー化以前にも、特別番組として2008年1月2日の23:30 - 24:30にて放送されている。この時は新庄剛志上戸彩羽鳥慎一(当時日本テレビアナウンサー[2]夏目三久(当時日本テレビアナウンサー)がMCを務めたが、レギュラー化にあたりMCは一新された。

番組開始当初各メディアでは「歌のトップテン』終了以来18年ぶりのゴールデンタイムの音楽番組」と宣伝されたが、実際にはその間にも『ウタワラ』シリーズやその前身『ミンナのテレビ』、『速報!歌の大辞テン』が放映されている。

内容的には、毎回、メインの1組とそれに関係のある数組の歌手ミュージシャンなどのアーティストをゲストに迎え、バラエティ性を極力排除した内容となっていた。具体的には、出演アーティストの曲目が新曲ではなく、過去のヒット曲を選択することが多いこと(他局の音楽番組では、基本的に出演アーティストの曲目は新曲であることが一般的である)や、本番組の直前に放送されているNHK総合テレビNHK歌謡コンサート』の視聴者層(主に中高年層)を取り込むことを意識していたこと等が挙げられる。

出演者編集

MC編集

ナレーション編集

ゲスト編集

スタッフ編集

  • 構成:鶴間政行、石塚祐介、藤岡緑、金沢達也
  • ブレーン:押阪雅彦
  • リサーチ:ジェイキャスト
  • 音楽:小田敏文
  • TM:古川誠一
  • SW:安藤康一、蔦佳樹
  • CAM:蔦佳樹、鎌倉和由
  • MIX:川合亮
  • AUD:大浦政宣
  • PA:吉田岳
  • VE:田口徹、館野真也
  • VTR:高橋卓
  • スーパースコーピス:石井伸昭
  • モニター:紺野智宏
  • 照明:山本智浩、下平好実、河内俊明(共立
  • 技術協力:NiTRO
  • 美術協力:日テレアート
  • 美術:塚越千恵、高津光一郎
  • デザイン:中村桂子
  • 編集:ギヴアンドテイク、e-naスタジオ読売映像
  • TK:桜井えみこ
  • 音効:佐藤裕二、鈴木勉
  • 編成:前田伸一郎→中川学
  • 広報:立柗典子
  • 制作協力:安寿Ecompanyオフィス・ケーアールモスキート
  • VTR構成:若林愛美、鈴木浩介
  • VTR進行:太田博章
  • VTRプロデューサー:林はる佳
  • VTR演出:萩原由美
  • VTR監修:石田昌浩
  • 演出補:下井大祐
  • AP:棚橋砂予
  • デスク:寺田マユミ、河村雅美
  • FM:小笠原豪、錦織信彦、高橋真琴
  • ディレクター:吉田一浩、大嶋信夫、藤原耕治、高谷和男、阿部聡、浜村俊郎、有元厚二、上田崇博
  • 演出:徳永清孝
  • プロデューサー:南波昌人/江成真二、本橋武夫、浪岡厚生、長谷川賢一安藤優子、村上早苗
  • チーフプロデューサー(スタッフロールではチーフ・クリエイターと表記):土屋泰則藤井淳
  • 製作著作:日テレ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 予告スポットなど、「ザ・エム」と発音する場合もある。
  2. ^ 後に『1番ソングSHOW』で司会を務めた。

外部リンク編集