メインメニューを開く

trancemission (1999年の映画)

日本のSF・ドラマ映画
THE YELLOW MONKEY trancemission VJ Remixから転送)

『trancemission』(トランスミッション)は、1999年に公開された日本のSF・ドラマ映画。

trancemission
監督 高橋栄樹
脚本 小林弘利
原案 高橋栄樹
(協力: 大坪弘人
製作総指揮 田中和彦
案納俊昭
出演者 村上淳
石堂夏央
川合千春
吉井和哉
音楽 大坪弘人
主題歌 THE YELLOW MONKEY
撮影 藤田直樹
編集 高橋栄樹
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
(協力: スローラーナー
公開 日本の旗 1999年8月2日
(劇場公開)
上映時間 74分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

高橋栄樹が初めて劇場映画の監督を務めた作品。キネコ映画。高橋が「SPARK」(1996年)以降ミュージック・ビデオを監督しているTHE YELLOW MONKEYのメンバーたちが未来の警察官として映画初出演を果たし、主題歌(「SO YOUNG」)を担当した[1]

2000年にリリースされたDVD版『trancemission』のパッケージに、THE YELLOW MONKEYや、彼らが敬愛するデヴィッド・ボウイにとって重要性の高い映画『時計じかけのオレンジ』が次のように言及された。

テクノ? SF? それとも『時計じかけのオレンジ』?

映像×時間×音楽がシンクロする

究極のサイバー空間が解き放たれる!

あらすじ編集

松戸(村上淳)は先物取引市場で働く平凡なサラリーマンで、膨大な暗号リスト業務が日課であった。ある時、松戸に上司から昇進の話があったが何かがおかしかった。松戸は謎のグループに誘拐され、洗脳手術を受け、頭脳を支配される。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 映画『trancemission』ヴァージョン「SO YOUNG」はDVD『THE YELLOW MONKEY CLIP BOX』(2004年)に収録。

外部リンク編集