メインメニューを開く

THE ZOLGE(ザ・ゾルゲ)は、日本パンクバンド1980年代から90年代前半にかけて活動した。

THE ZOLGE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル パンク・ロック
活動期間 1983年 -
レーベル Dogma Records
キャプテンレコード
エクスタシーレコード
メンバー HARUHIKO ASH(ボーカル
HIDEKI(ベース
AKI(ギター
REI SUICIDE(ドラムス
旧メンバー TAGO (ギター)
TOSHIYA GRUE(ギター
TAKI(ギター
IYO(ドラムス

目次

概要編集

1983年、HARUHIKO ASHを中心に結成された。ビジュアル系バンドの走りと言える。 ベースのHIDEKIは元ゾンビーズ。ギターのTAGO、ドラムスのIYOで構成される。 同年秋、新宿ACBホールでZETTON(ゼットン)としてデビュー。 この頃、HARUHIKO ASHはツバキハウスのロンドンナイトで、THE DEAD BOYSTHE LORDS OF THE NEW CHURCHSTIV BATORSと知り合い、1990年にパリでSTIVが自動車事故で死亡するまで友人関係が続く。STIV死亡の報を日本人として最初に聞いた。 翌1991年6月15日にクラブ・チッタ川崎で催された1周忌ライブイベント「BATORS A GO-GO」に出演、その模様は同年にBMGビクターより『BATORS A GO-GO』としてVHSビデオでリリースされた。

この頃、冴島奈緒ボンデージツインズを結成。「BATORS A GO-GO」に出演し、同ビデオにも収録されている。 活動拠点は新宿LOFT。1988年12月24,25日に行ったスペシャルGIGの2DAYSは両日共に立見客や会場に入れないファンが殺到したことで有名である。

また、THE ZOLGEのローディは後にMALICE MIZERとしてメジャーデビューを果たしており、結成頃のツアーにはX(後のX JAPAN)も参加している。

元々交友関係の広いHARUHIKO ASHは、森脇美喜夫とも親交が深く、ツアー先に訪れることもあった。

ライブスタイルはベイターに極似しており、ルックスや衣装も彼自身かのようであった。 ライブ曲、アルバム収録曲自体もオリジナルとThe Lords of the New Churchの曲で構成されていた。

バンドメンバーはギターのTAGOが初期に脱退、その後はギターにTOSHIYA GRUE、TOSHIYA GRUE脱退後にGAL's Atouchment、元Road Warriros、NICKEY & THE WARRIORSのTAKIが加入し、しばらくしてドラムスのIYOが脱退、後任にREI SUICIDEが加入した。 後期にはギターのTAKIが脱退しAKIが加入して、初期からのメンバーはHARUHIKO ASH(ボーカル)とHIDEKI(ベース)のみになった。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. Over Alive
  2. Feel No Fear
  3. My Guest Crisis
  4. In A Target
  5. Catholic Day (7'")
  6. Catholic Day (12")
  7. SONIC REDUCER

アルバム編集

  1. Crisis My Guest (1984年 Dogma Records DOG-6)
  2. A PRAYER FOR THE DYING (1989年10月25日 キャプテンレコード GONG-6009-CD)
  3. APOCALYPSE LOVE (1990年4月25日 キャプテンレコード GONG-6020-CD)

オムニバスアルバム編集

Rebel Brain Factory (1985年 Captain Records ‎– CAP-0012-L, R.B.F. Records ‎– RBF-302)

ベストアルバム
カバーアルバム
  • RUSSIAN ROULETTE (1990年11月15日 DTKレコード DTK-0001) ※STIV BATORS追悼

オムニバスライブVHS編集

  • THE BATORS A GO-GO ~IN CLUB CITTA' KAWASAKI 6.15.1991~ (1991年10月2日 BMGビクター BVVR-20)
THE ZOLGE、ROSENFELD、GYMNOPEDIA、赤と黒、Gilles de Rais、ボンデージ・ツインズ、及び、セッションを収録。

関連項目編集