THUNDERBIRD (T.M.Revolutionの曲)

THUNDERBIRD」(サンダーバード)は、1998年10月7日にリリースされたT.M.Revolutionの9枚目のシングル。発売元はアンティノスレコード

THUNDERBIRD
T.M.Revolutionシングル
初出アルバム『The Force
B面 アンタッチャブルGirls
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル アンティノスレコード
作詞・作曲 井上秋緒(作詞)
浅倉大介(作曲)
プロデュース 浅倉大介
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン[1]
  • 1998年度年間55位(オリコン)[1]
  • 1998年度10月度6位(オリコン)
  • 1998年度11月度10位(オリコン)
  • T.M.Revolution シングル 年表
    HOT LIMIT
    1998年
    THUNDERBIRD
    (1998年)
    Burnin' X'mas
    (1998年)
    ミュージックビデオ
    T.M.Revolution 『THUNDERBIRD』 - YouTube
    テンプレートを表示

    概要編集

    • シングルとしては初のバラード曲。TBS系『日立 世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマに起用され、累計売上は50.2万枚(オリコン調べ)を記録した[1]
    • この曲で前年に引き続き、紅白歌合戦に出場。
    • 詞のテーマは発売当初は具体的な世界観・イメージを敢えて説明しない方針をとった。西川は「聴いてもらった時に、皆がどんな風に感じるのか?というのがこの曲の持ち味」「聴いた人の人生だったり、経験したものだったり、人それぞれ色々重なるものがあると思う」「当然自分の気持ちは投影されているけど、この曲は『僕の気持ちをわかってください』と言う風に歌うのが全てではない気がします」と語っている[2]
    • 作詞を手掛けた井上秋緒はこの曲の持つストーリーを描いた小説を雑誌「PATiPATi」にて発表していた。
    • MVは新潟の持倉鉱山跡で、アーチ型の入り口に建てられていた屋根の朽ちた洋館風の建物で撮影された。5tの水を持ちこみ、全身を1時間500mlの滝の様な雨に幾度も打たれては大量の毛布で身体を温めながら撮影された[2]
    • セルフカバーアルバム『UNDER:COVER』の人気投票では6位を獲得した。
    • アニメ監督の福田己津央が本曲のファンであったことが、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにT.M.Revolutionが起用されるきっかけとなった。同作とのタイアップ後に発売されたアルバム『coordinate』では本曲(アルバム『The Force』収録版)が再収録されている。
    • C/W曲「アンタッチャブルGirls」は、後に同じ浅倉大介プロデュースであったFayrayが、アルバム『CRAVING』にてカバー(表記はUNTOUCHABLE GIRLSと全て英語の大文字)している。

    収録曲編集

    全曲作詞:井上秋緒 作曲・編曲:浅倉大介

    1. THUNDERBIRD
    2. アンタッチャブルGirls
    3. THUNDERBIRD 〜ORIGINAL BACKING TRACK〜

    収録アルバム編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c オリコンランキング情報サービス you大樹
    2. ^ a b 角川書店刊「CDでーた」1998年10月20日号「T.M.Revolution 新曲『THUNDERBIRD』発表 静かに燃える情熱」16Pより。