メインメニューを開く

THX 1138』は、1971年アメリカ映画

THX 1138
THX 1138
監督 ジョージ・ルーカス
脚本 ジョージ・ルーカス
ウォルター・マーチ
製作 ローレンス・スターマン
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
出演者 ロバート・デュヴァル
マギー・マコーミー
ドナルド・プレゼンス
イアン・ウルフ
音楽 ラロ・シフリン
撮影 デヴィッド・マイヤーズ
アルバート・キーン
編集 ジョージ・ルーカス
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年3月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 86分
88分(ディレクターズカット版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $777,777.77
興行収入 $2,437,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

概要編集

ジョージ・ルーカスのデビュー作となったSF映画。原作・脚本・監督はルーカスが1人で担当している。

ルーカスが南カリフォルニア大学時代の1967年に制作した短編映画電子的迷宮/THX 1138 4EB』が元となっている。教授たちに課題として求められたのは5分以内のものだったが、ルーカスは20分以上の自由な映画を作ってみせた。これを見た教授たちは「彼は規制を超えて何かをやれる男だ」と期待するようになったという。 またこの短編映画に可能性を感じたフランシス・フォード・コッポラによってルーカスと映画会社に資金[2]が提供され、コッポラの期待を受けて映画は制作されたが、興行的には失敗に終わった。

配給会社が「わけが分からない」と勝手に5分短くカットしたため、ルーカスはハリウッド・システムを嫌うようになる。

日本では劇場未公開だったが、後年にテレビ放映やソフト化はされている。なお、本作の元となった『電子的迷宮/THX-1138:4EB』は、『スター・ウォーズ』リバイバル上映の際に併映された。2004年に『THX 1138 ディレクターズカット』としてDVD化された際、CGによる背景等の大幅な差し替えが行われ、一部編集も異なるものとなった。同DVD、およびそのBlu-ray再発版には、オリジナルの公開版は収録されておらず、公開版は現在のところ、基本的にはビデオやLDでしか見ることができない。

「THX」という単語は、制作当時意味を持たなかったが、後にルーカスが関わった映画には度々登場している。『アメリカン・グラフィティ』もその1つであり、作中に登場する車のナンバープレートには「THX-138」と記録されていた。後にルーカスが設立した映画のクオリティ管理会社の社名「THX」も、本作が由来の1つ。また、『スター・ウォーズ』シリーズでは各作品の台詞や設定などに必ず「1138」という数字が盛り込まれている。

本作品の中では「てぃー・えいち・えっくす」とは発音せず「サックス」と発音している。

あらすじ編集

人名さえも番号で管理されている25世紀。人々は広大な地下都市内で支給される精神安定剤を服用しながら、感情も娯楽も規制された単調な日常を送らされていた。そんなある日、女性ルームメイトのLUH-3417と恋に落ちた主人公のTHX-1138は精神安定剤の服用を止め、タブーとされる肉体関係まで結んだ。ある日、LUH-3417がいなくなる。LUH-3417SEN-5241の密告によって連れていかれアーカイブされてしまった。次のルームメイトはSEN-5241であった。

THX-1138の無意識な行動はSEN-5241の言動にも影響を与える。 ある日、二人は公園のベンチにいた。近くには子供たちが輪を作って遊んでいた。その一人が耳の後につけた学習装置の不具合に悩んでいた。SEN-5241は外れかかった装置を付け直してあげた。「僕が子供の頃は(この装置は)もっと大きかった」とSEN-5241は回顧する。その装置は意識しなくても国数社理の知識が脳にインプットされる装置であった。 SEN-5241はロボット警察官に連れて行かれ、THX-1138は地下都市からの脱出を図る。

スーパーカーのようなパトカーを運転し逃走するTHX-1138。追うロボット警官は逮捕した場合の利益と現在消費しているコストをはかりながら追う。地下ハイウェーが都市外延部に近付くと侵入した外の世界の住人を見かける様になる。彼ら外の世界の住人は環境悪化の影響を受け奇形であった。

そして最外延部に到達する直前、逮捕した場合の利益より現在消費しているコストが上回り、ロボット警官は追跡をやめる。そしてついにTHX-1138は地下都市を脱け、地上へ出る。地平線に沈む夕日の前を鳥が飛んでいる、そんな光景をTHX-1138はたたずんで眺める。

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ THX 1138 (1971)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ コッポラのラッキーナンバーが7であることから、777,777ドル77セントが投入された。

関連項目編集

外部リンク編集