メインメニューを開く

TIME TUNNEL』(タイム・トンネル)は、1999年1月21日に発売された角松敏生通算12作目のスタジオ・アルバム

TIME TUNNEL
角松敏生スタジオ・アルバム
リリース
録音 WESTSIDE STUDIO (TOKYO)
ON AIR AZABU (TOKYO)
RECORD PLANT (LOS ANGELS)
STUDIO SOUND KITCHEN (NASHVILLE)
ジャンル ポップス
ロック
AOR
時間
レーベル IDEAK ⁄ BMG JAPAN
CD:BVCR-11005
プロデュース 角松敏生
チャート最高順位
角松敏生 アルバム 年表
1981-1987
1993年
TIME TUNNEL
1999年
voices under the water/in the hall
(1999年)
EANコード
ASIN B00005EIH8
JAN 4988017083437
『TIME TUNNEL』収録のシングル
  1. Realize
    リリース: 1998年7月23日
  2. Unforgettable
    リリース: 1998年11月26日
テンプレートを表示

解説編集

1993年の凍結宣言以後、リテイクによるベスト・アルバムのリリースと[2]、ヴォーカリスト・プロジェクト“VOCALAND”の他いくつかのプロデュース・ワークは行っていたものの、自身のオリジナル・アルバムとしては1992年の『君をこえる日[3]以来5年ぶりの“解凍”第1弾アルバムとして、BMG JAPAN(当時)内に新たに設立された自身のレーベル“IDEAK”からリリースされた。

「風のあやぐ」は音楽活動再開時に宮古島で出逢った沖縄のシンガー下地暁への提供曲。本作では角松と下地のデュエット曲として収録、自身初の男性アーティストとのデュエットとなった。

先行シングルとしてリリースされた「Realize[4]は、本作収録に際し歌いだしの前に前奏が加えられている。

「崩壊の前日」は1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災で被災した友人を想い作った曲だと語っている[要出典]

「Unforgettable -Album Version-」はCDのパッケージやディスク、さらにレコード会社の公式サイト内のディスコグラフィに一切記載がない隠しトラックとして収録。シングルとは別バージョンとなっているが、一切記載が無い為、あえて“Album Version”となっている。また、12曲目となっているのは、前曲の「崩壊の前日」が終わると10秒程無音状態となり、さらに3秒程度の無音状態が7トラック、M-19でさらに6秒程度の無音がある。本人曰くランダム・プレイ防止のためとし[要出典]、最初から順番に聴いて欲しい意図があると思われる。

ブックレットにはコンサート・ツアー『TOSHIKI KADOMATSU 1999 TIME TUNNEL TOUR』の日程表を添付。CDジャケットは渋谷駅ハチ公口前のスクランブル交差点を上空から撮影したものと、角松の姿が掲載されている。

収録曲編集

  1. TIME TUNNEL Instrumental - (2:36)[1]
    作曲・編曲:角松敏生
  2. Lunafairymiena - (4:37)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生、ホーン・アレンジ:ジェリー・ヘイ
  3. SHIBUYA - (4:58)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生、ホーン・アレンジ:ジェリー・ヘイ
  4. 匂い - (5:05)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  5. Rendezvous - (4:57)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  6. ALRIGHT - (5:02)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  7. 時計 - (6:21)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  8. 何もない夜 - (5:16)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  9. 風のあやぐ - (5:39)[1]
    作詞:角松敏生・下地暁、作曲・編曲:角松敏生
  10. Realize - (5:04)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生、ホーン・アレンジ:数原晋
  11. 崩壊の前日 - (6:54)[1]
    作詞・作曲・編曲:角松敏生
  12. (無音)
  13. (無音)
  14. (無音)
  15. (無音)
  16. (無音)
  17. (無音)
  18. (無音)
    SECRET TRACK
  19. Unforgettable -Album Version-
    作詞・作曲・編曲:角松敏生

クレジット編集

スタッフ編集

  • PRODUCED by TOSHIKI KADOMATSU



  • ARTIST MANAGEMENT : TETSUO KOKUBU (BEANS), YOSHIHIDE KOIZUMI (BEANS), HIROYUKI SUZUKI (BEANS)
  • A&R : HITOSHI FUJISAKI (BMG JAPAN), SATOSHI YAMAUCHI (BMG JAPAN), MEGUMI OHTANI (BMG JAPAN)


  • MIXED by EIJI UCHINUMA at WESTSIDE STUDIO
  • ENGINEERS : SHINICHI KAWASUMI (MIXER'S LAB), STEBE SYKES
  • ASSISTANT ENGINEERS :
    • YOSHIHIKO MORI (MIXER'S LAB), CHINATSU KOIZUMI (MIXER'S LAB), TOSHIHIRO “KIM” MASUDA (MIXER'S LAB), SHINPEI YAMADA (MIXER'S LAB), HARUNA TAKAHASHI (MIXER'S LAB), MINORU HIROSE (MIXER'S LAB), ADAM OLMSTED (RECORD PLANT), J.C.MONTEROSSA (STUDIO SOUND KITCHEN)
  • MASTERRING ENGINEER : MITSUHARU HARADA (DISC LAB)
  • RECORDED AT WESTSIDE STUDIO (TOKYO), ON AIR AZABU (TOKYO), RECORD PLANT (LOS ANGELS), STUDIO SOUND KITCHEN (NASHVILLE)
  • MASTERED AT ON AIR AZABU STUDIO
  • STUDIO MANAGEMENT : KOJI KIKKAWA (MIXERS LAB)
  • EQUIPMENT MANAGEMENT : HIROSHI YAMADA (BEANS)
  • EQUIPMENT TECHNICIANS : MASAZUMI NAKAYAMA, KATSUHIRO KUBO
  • PRE-PRODUCTION at EMERALD SPLASH, HOTEL BREEZE BAY MARINE
  • PRODUCTION COORDINATION in LOS ANGELS : KENJI SANO
  • PRODUCTION COORDINATIOR : TETSUO KOKUBU (BEANS), HIROYUKI SUZUKI (BEANS), AKIKO SUNADOI (EMERALD SPLASH), KYOKO SUGIURA (EMERALD SPLASH)


  • ART DIRECTION & DESIGN : YASUHARU KANEDAI (LAUNDRY GRAPHICS)
  • PHOTOGRAPHY : GEN MURAKOSHI (G.M.R)
    • (IMAGE PHOTOS : YASUHARU KANEDAI / ORION PRESS)
  • STYLIST : JIN HIDAKA (HIDAKA PUBLIC)
  • HAIR & MAKE-UP : MASAHIRO YOSHIZAWA (RICHESSE)


  • PROMOTERS : HIROSHI MONJI (MEDIA PROMOTION), YOSHINORI MORINAGA (MEDIA PROMOTION), AKIRA TAKEUCHI (MEDIA PROMOTION)


  • SALES PROMOTERS : KEIICHIRO OHNOTA(BMG JAPAN), YOSHINORI OHTA (BMG JAPAN), SHOICHI YAMADA (BMG JAPAN)


  • SUPERVISOR : KAZUNAGA NITTA (BMG JAPAN), HIROMI YOSHIZAWA (BMG JAPAN), HENRY DE LA TROBE (BMG JAPAN), NOBBY ASAI (BMG JAPAN)


  • EXECUTIVE PRODUCER : TOSHIKI KADOMATSU

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 角松敏生/TIME TUNNEL”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月26日閲覧。
  2. ^ 1981-19871993年10月21日発売 OM ⁄ BMG VICTOR 2CD:BVCR-1903/4
  3. ^ 君をこえる日1992年12月16日発売 OM ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-5028
  4. ^ Realize1998年7月23日発売 IDEAK ⁄ BMG JAPAN SCD:BVDR-11005

外部リンク編集

SonyMusic