メインメニューを開く

TO熊カードツーユーカード)は、かつて熊本市交通局路面電車(熊本市電)、九州産交バス・産交バス熊本電鉄バス熊本バス熊本都市バスの各バス路線で相互に利用できたプリペイドカードである。熊本電鉄の鉄道路線および、高速バス(県外の会社が運行するバス)など一部のバスでは使用できない。

それまで発売されていた県内共通回数券の代替として1998年(平成10年)3月30日に導入された。愛称名は一般公募により決められたものである。

発売券種編集

一般用編集

  • 1,100円(発売額:1,000円)
  • 3,300円(発売額:3,000円)
  • 5,600円(発売額:5,000円)
  • 11,200円(発売額:10,000円)- 九州産交バスのみ

通学用編集

  • 1,300円(発売額:1,000円)
  • 3,900円(発売額:3,000円)
  • 6,500円(発売額:5,000円)

各会社によって、デザインが異なる。 産交バスが発売しているカードはくまモンデザイン。

熊本都市バスに関しては、独自のカードを発行せず、年度毎に1社ずつ、出資している他の3社が発行するカードを販売していた。

  • 平成21年度・24年度:熊本バス
  • 平成22年度・25年度:熊本電鉄
  • 平成23年度・26年度:九州産交

使用できる交通機関編集

九州産交バス
産交バス(上記九州産交バス直営の一部を含む)
これ以外の産交バス路線(熊本都市圏から外れた県下の路線)では利用できず、対応予定もない。ただし、本渡バスセンター、三角営業所、高森営業所と松島案内所(上天草市)の窓口ではカード利用可能な熊本市内からの直通路線(快速および特急)があるため発売している。
熊本市交通局
熊本電鉄バス
  • 路線バス全路線
熊本バス
  • 下福良線及びマイクロバス運用を除く全路線
熊本都市バス
  • 全路線

乗り継ぎ割引編集

60分以内に乗り継ぎをした場合、偶数番目に乗り継いだほうの運賃が大人20円・小児10円が割り引かれる。つまり、奇数番目の乗り継ぎについては、割引対象にならない。途中の乗り継ぎで60分以上経過した場合、乗り継ぎ割引はリセットされてしまう。なお、バスに乗っている時間が60分を越えても乗り継ぎ割引は適用される。あくまで、降車してから次の乗車まで(即ち、降車時に運賃箱付属の端末を通してから次のバスの乗車時用端末を通すまで)の時間が60分以内のときに成り立つ。バスと路面電車間の乗り継ぎでも適用される。

残金が不足した場合は、新しいカードを使えば引き続き割引を利用できる。奇数番目の降車にてカード残高がちょうど0円になった際は、そのカードを回収箱に入れずに持って降りて、次の乗車時に使用すると乗り継ぎ割引は適用される。降車の際に残高0円のカードを通した後、不足分を新しいカードまたは現金で支払えばよい(0になったカードは運転士により回収される場合があるため、そのときは乗り継ぎ割引に使う旨を伝え返却してもらう)。若しくは、ちょうど0になった際に、すでに新しいカードを所持・購入していれば、運転手に申し出て、そのカードに乗り継ぎマークをインプットしてもらうことも可能(ただし、この機能を知らない運転手が多いのが現状のため、おすすめはできない)。

発売箇所編集

バスや路面電車の車内、各バス事業者営業窓口のほか、一部のコンビニエンスストアスーパーマーケット熊本市役所内地下売店、及び熊本交通センター(各ホーム)・熊本市役所1階ロビー・通町筋(びぷれす広場内)・水道町バス停(国道3号線沿い、ヴィラージュビル1階)・交通局前バス停(熊本市総合保健福祉センター1階正面玄関)などに設置の自動券売機でも購入できる。なお一般用の10,000円分については、熊本交通センター及び本渡バスセンター、産交バス熊本・木山・山鹿(山鹿バスセンター)・大津・松橋・玉名・高森・三角の各営業所窓口で購入できる。

払い戻しは、各発行事業者の窓口で、自身のカードのみ取り扱うので、注意が必要である。例えば九州産交が発行したカードは九州産交の窓口のみの取り扱いである。 なお、熊本都市バスに関しては、販売された年度内に限り、同年度に取り扱っている会社のカードのみ対応するが、窓口は本山営業所のみとなる。

廃止について編集

熊本県内の主要バス会社5社は、2009年からICカードの導入に向けて協議を開始し、国や熊本県・熊本市などから導入に対しての補助金を活用し、2015年4月1日にICカード乗車券「熊本地域振興ICカード(くまモンのIC CARD)」を路線バス・熊本電鉄電車に導入した[1]。運賃支払いに限らず、小売店などでも使える電子マネー機能も搭載する。

一方、熊本市交通局は公募による入札を行い、nimocaを主事業者として契約し、「でんでんnimoca」を2014年3月28日から運用開始した。全国相互利用型10社ICカード乗車券の相互利用にも対応する[2][3]。なお、くまモンのIC CARDは2015年8月7日より熊本市電で利用可能になった[4]。2016年3月より両ICカードの相互利用が開始される予定。

このためTO熊カードは2015年(平成27年)8月31日に販売を終了し、2016年(平成28年)3月31日に利用を終了することとなった[5]。2021年(令和3年)3月31日まで窓口での払い戻しを行う。

脚注編集

外部リンク編集