メインメニューを開く

Tomatoは、商業、芸術、研究を基礎づけるクロスプラットフォームのプロジェクトを開発しているディレクター、デザイナー、芸術家、作家、プロデューサー、作曲家の世界的なグループにより、様々な形式のデザインや映画制作をする集団。

Tomato
企業形態 Privately held company
業種 Marketing
設立 1991年 (1991)
本社 ロンドン, ロサンゼルス,ニューヨーク, メルボルン,東京
ウェブサイト www.tomato.co.uk www.tomatostudio.us
テンプレートを表示

[1]

1991年にロンドンで設立。設立メンバーは、スティーブ・ベイカー、ディルク・ヴァン・ドーレン、サイモン・テイラー、ジョン・ワーウィッカー、グラハム・ウッド、またブラックとして知られているアーティストである、コリン・バーンコンビと、エレクトロニックグループ「アンダーワールド」のミュージシャンのカール・ハイドとリック・スミスである。[2][3][4]

また、Tomatoは定期的にデザインの講義を行い、2冊の本を出版している[5] [6]。プロセスとベアバック:3つ目のTomatoプロジェクトを開発している[7][8]。 ロンドンの中核スタジオに加えて、Tomatoは、メルボルンと東京でのプレゼンスを持っている[1] 。 2012年に新メインロサンゼルスの創造/制作スタジオと現地事務所で初の全額出資の米国での実体、Tomatoスタジオをニューヨークに開いた。 2014年に、Tomatoは排他的なディレクターの米国での表現、およびクリエイティブなプロジェクトの共同開発のために制作会社ツイストフィルムとの契約を締結した。 [9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Farrelly, Liz (2006年2月16日). “Profile: Tomato”. Design Week. http://www.designweek.co.uk/news/profile-tomato/1111207.article 2016年6月17日閲覧。 
  2. ^ Serena Allott (1996年11月16日). “Starlife: Tomato”. Telegraph. 2016年6月17日閲覧。
  3. ^ Wayne McGregor. “Collaborators: John Warwicker, Tomato”. Random Dance. 2016年6月17日閲覧。
  4. ^ Matt Wilce. “Take two Tomatos”. Metropolis. 2016年6月17日閲覧。
  5. ^ John Warwicker”. Sessions College (2012年). 2016年6月17日閲覧。
  6. ^ D&AD TALK john warwicker”. Moth and Rust (2013年2月20日). 2016年6月17日閲覧。
  7. ^ Baker, Steve (November 25, 1996). Process: A "Tomato" Project. Thames & Hudson Ltd. pp. 160. ISBN 978-0500279151. 
  8. ^ Tomato Bareback (15 August 1999). Bareback: A Tomato Project. Gingko Press. pp. 192. ISBN 978-1584230168. 
  9. ^ New Twist for Tomato Stateside”. Shoot Magazine. 2016年6月17日閲覧。

外部リンク編集