メインメニューを開く

TOQビジョン

日本の東急電鉄の電子車内広告

TOQビジョン(トーキュービジョン)は、東急電鉄の動画PRサービスで、東急グループの広告代理店である東急エージェンシーの「OOH[1]」部門が媒体社となって運用している。

5080系の案内表示器。左側がTOQビジョン
6000系の案内表示器。左側がTOQビジョン

概要編集

TOQビジョンは、東急5000系列6000系横浜高速鉄道Y500系の客用ドア客室側上部に2画面設置されている。サービス自体は2002年平成14年)12月8日から開始したが、「TOQビジョン」の名称が使われ始めたのは2004年平成16年)9月からであり、画面周りに「TOQビジョン」のステッカーを貼付している。なお、池上線東急多摩川線用の7000系も客用ドア客室側上部に2画面の液晶ディスプレイが設置されているが、こちらはTOQビジョンの名称を使用していない。

田園都市線用の5000系第1編成 (5101F) は運行開始当時1画面で、このサービスを行っていなかったが、第2編成 (5102F) 以降では東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線E231系500番台と同様の2画面レイアウトになり、サービス開始となった。第1編成も2003年3月17日より2画面レイアウトとされた。第1編成営業当時、駅到着直前・停車中・出発直後は現在のような旅客案内を表示し、駅間走行中は動物・魚などの環境映像を放映していた。環境映像は駅到着直前に打ち切られた。

画面上ではJR東日本の「トレインチャンネル」と異なり、テレビコマーシャルの動画が繰り返し流される。なお、ニュース天気予報は長い間放映されなかったが、2018年から「TOQビジョンニュース」としてNHK Pickup NEWS共同通信ニュース、更にウェザーニューズ提供の天気予報(愛称・のるるん天気予報)が流れるようになった[2]。音声は「トレインチャンネル」と同様に流れない。運行情報は旅客案内側モニターで東急線の情報のみ表示される。

CM動画は劇団四季パナソニックなど一般企業・団体の他、自社やグループ各社(Bunkamuraオーチャードホールシアターコクーンなど)の商品・サービスやイベント告知も多い。5050系4000番台第10編成(Shibuya Hikarie号)では渋谷ヒカリエの案内動画が流されるなど、特定の編成に限り動画が異なるケースもある。

車両運用の関係で、東急線以外に以下の路線でも見ることができる。

搭載車両編集

脚注編集

  1. ^ Out of Homeの略称で、自宅以外の場所で接触する広告メディアを指す(広告#他の媒体」を参照)。
  2. ^ 鉄道車内でニュース・天気予報の配信を開始しました(東急電鉄 2018年6月20日)

関連項目編集

外部リンク編集