メインメニューを開く
TORO-Q
TORO-Qは由布院エリアを中心に運行された

TORO-Q(とろきゅう)とは、九州旅客鉄道(JR九州)が由布院駅 - 南由布駅間を久大本線で運行していた観光用トロッコ列車である。

目次

概要編集

由布院市街地道路の混雑緩和と観光促進を兼ねて、2003年に運行が開始されたトロッコ列車である。これは南由布駅前に車を止めて、そこから由布院駅までは列車で移動するパークアンドライドを推進させるという目的である。この列車のために南由布駅に折り返し設備が設けられた。

専用車両の老朽化などにより、2009年(平成21年)11月29日の運転をもって運行を終了した。なお、11月7日乗車分より、記念乗車証を配布してい

運行概況編集

朝に快速「トロッコ列車」として大分駅 → 由布院駅間で運行され、その後は、由布院駅 - 南由布駅間で「トロQ列車」として5往復の折り返し運行を行った後、夕方に快速「トロッコ列車」として大分駅へ戻るダイヤであった。

由布院 - 大分間運行の快速「トロッコ列車」は全車座席指定席であるが、由布院駅 - 南由布駅間の「トロQ列車」は全車自由席であった。

停車駅編集

快速「トロッコ列車」
由布院駅 - 南由布駅 - 向之原駅 - 南大分駅 - 大分駅
  • 2008年のダイヤ改正まで、南大分駅は通過していた。
  • 特急停車駅である、湯平駅は通過していた。

車両編集

 
トラ74319

5両編成で両端が気動車(キハ65 36キハ58 569)、中間3両がトロッコ車両のトラ70000形無蓋貨車(74858,72792,74319)となっている。全車とも大分鉄道事業部大分車両センター所属。

2002年に大分県湯布院町(現在の由布市)で開催された「全国トロッコ列車サミット」の際に、先にトロッコ改造されていたトラ70000形無蓋貨車3両に気動車2両(キハ65及びキハ58)を連結し、内装や外観塗装など改造が施され、「TORO-Q」と命名された。車両デザインは一部雑誌等では水戸岡氏との記載があるが、正しくはJR九州社員によるデザインである。

トロッコ車両3両は国鉄時代末期の1987年に改造されたもので、当初は「アドベンチャー号」の愛称で鹿児島運転所に配置され、肥薩線などで使用された。一時期は、観光列車「いさぶろう・しんぺい」に併結して運転していた時期もあった。車内には木製のベンチとテーブルを備えている。窓は設けられていない。

キハ65 36は1989年四国旅客鉄道(JR四国)から譲り受けたもので、JR四国に在籍していた当時に座席がバケット式の固定クロスシートに取り替えられている。キハ58 569はかつてシーサイドライナーとして走っていた車両で、座席がグリーン車の廃車発生品のリクライニングシートに取り替えられている。

その他、その後編集

「トロッコ列車・TORO-Q」として運行しない日はトロッコ編成を切離して久大本線、豊肥本線の普通列車として運行した。トロッコを除いたTORO-Q編成のみ、または切離してキハ47等と併結運用に就いていたが、当時シーサイドライナー色で在籍していたキハ58 154や九州色のキハ28 2144等と併結して全てキハ58系編成で普通列車でありながら各一両ごとに塗装が異なる事もあった。また2008年9月30日には九州各地に当時在籍していたキハ58形全車(筑豊篠栗鉄道事業部・キハ28 2444+キハ58 716、熊本鉄道事業部熊本車両センター・キハ28 2401+キハ58 139)の6両で熊本~吉松までの団体列車として最初で最後の運行実績を持ち、当編成は熊本側の先頭に就いた。

TORO-Qとして運用終了後、キハ58・65の2両は小倉工場(現・小倉総合車両センター)で国鉄急行色に復元(厳密に言えば客窓アルミ部分もスカーレット(赤11号)に塗られていた)、TORO-Q時代に取付られたヘッドマークステーもそのまま残り、検査切れの2010年8月までの短期間ではあったが、各種リバイバル急行等のイベント列車で九州各地へと活躍した[1]。 その後2両は2013年6月5日に小倉総合車両センターへ回送されキハ58 569は小倉総合車両センターで留置し、同月にキハ65 36は解体された。 一方、キハ58 569は小倉総合車両センターで車籍を有したまま留置していたが、最終的に2015年3月に廃車となり同月16日に小倉総合車両センターで解体された。

トロッコ3両は運行終了後も保留車のままで車籍を有し大分鉄道事業部大分車両センターで保管していたが2018年3月に3両とも廃車になった。

これにより九州管内はもとより、全国でも原型の車体と新製時からのDMH17H型エンジンを搭載し、JRに籍を有するキハ58形は2019年まで熊本車両センターに保留車として残った「あそ1962」のキハ58 139とキハ28 2401の2両が最後となった。

「TORO-Q」のヘッドマークおよび、引退直前の「TORO-Q」のヘッドマークは、現在、JR九州大分支社内に保管・展示されている。

脚注編集