メインメニューを開く

概要編集

2013年に初開催し、2014年以降は春・秋に開催している。開催回毎に1組のアーティストが「キュレーター」となり、タワーレコードと共同して出演アーティストの選定・会場の演出企画を行う。また、開催毎にはキュレーターが選定したテーマが設けられている。イベント名は、ロープの端に固定した輪をつくる結び方のひとつ「Bowline」から由来している[1]


歴史編集

2013年10月編集

第一回目の開催。キュレーターはMAN WITH A MISSION。テーマは「肉食」。スペシャルアクトとしてSlipknotのシド・ウィルソンがDJ STARSCREAMとして出演する予定だったが、日本列島への台風接近に伴い、日本への渡航フライトが中止となったため、前日に出演キャンセルとなった[2]

開催日 会場 キュレーター 出演者
10月27日 横浜アリーナ MAN WITH A MISSION

2014年4月編集

キュレーターはSiM。テーマは「NO DESTRUCTiON, NO CREATiON」。

開催日 会場 キュレーター 出演者
4月19日 新木場スタジオコースト SiM

2014年10月編集

キュレーターは10-FEET。テーマは「ボーダーレス」。

開催日 会場 キュレーター 出演者
10月26日 さいたまスーパーアリーナ 10-FEET

2015年4月編集

キュレーターはBRAHMAN。テーマは「第四世界」。出演者については四人編成のバンドをメインに選定された。また、新木場公演の前に東北3ヵ所を巡るショート・ツアーを含んだ開催となった。

東北公演編集

開催日 会場 出演者
3月15日 宮古KLUB COUNTER ACTION
3月29日 南相馬 BACK BEAT
4月4日 石巻 BLUE RESISTANCE

新木場公演編集

開催日 会場 キュレーター エリア 出演者
4月11日 新木場スタジオコースト BRAHMAN STAGE QUARTETTO
STAGE QUARTER

2015年9月編集

イベント初となる二日間連続開催となった。1日目のキュレーターはDragon Ash。テーマは「TMC (Total Music Communication)」。2日目のキュレーターはクリープハイプ。テーマは「Bet in」。

開催日 会場 キュレーター エリア 出演者
9月26日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール Dragon Ash RED STAGE
YELLOW STAGE
9月27日 クリープハイプ RED STAGE
YELLOW STAGE

2015年10月編集

キュレーターはHEY-SMITH。テーマは「会いたい人」。

開催日 会場 キュレーター 出演者
10月12日 Zepp Namba HEY-SMITH

2016年4月編集

キュレーターはCrossfaith。テーマは「MASHUP」。イベント初の二部構成となっており、第一部は新木場スタジオコーストでのライブハウスイベントとして、第二部はBowline EXTRA PARTY "ECLIPSE"と題し、渋谷VISIONでのオールナイト形式のクラブイベントを開催した。

Bowline 2016編集

開催日 会場 キュレーター 出演者
4月9日 新木場スタジオコースト Crossfaith

Bowline EXTRA PARTY "ECLIPSE"編集

開催日 会場 エリア 出演者
4月9日 渋谷VISION GAIA
  • Teru (Crossfaith)
  • 80kidz(DJ SET)
  • KSUKE
  • MODESTEP(DJ SET)
  • THE QEMISTS
  • TJO
DEEP SPACE
  • Fz & Invaderous (Radical Hardcore Clique)
  • HABANERO POSSE
  • High Velocity
  • KAZUMA TAKAHASHI
  • Keisuke Matsuoka
  • XXX$$$ (XLII & DJ SARASA)
WHITE

2016年10月編集

キュレーターはキュウソネコカミ。テーマは「BITE YOU!!!」。

開催日 会場 キュレーター 出演者
10月15日 名古屋DIAMOND HALL キュウソネコカミ
10月17日 なんばHatch
10月28日 仙台PIT
  • キュウソネコカミ
  • KANA-BOON
  • BLUE ENCOUNT
11月5日 新木場スタジオコースト

2017年4月編集

キュレーターはACIDMAN。テーマは「Acoustic」。テーマにちなみ、出演者は全員アコースティック形式での演奏となった。

開催日 会場 キュレーター 出演者
4月8日 新木場スタジオコースト ACIDMAN

2017年10月 - 11月編集

キュレーターはBLUE ENCOUNT。テーマは「RESPECT」。

開催日 会場 出演者
10月1日 北海道 サッポロファクトリーホール
10月11日 宮城 仙台PIT
  • BLUE ENCOUNT
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
10月23日 福岡 DRUM LOGOS
  • BLUE ENCOUNT
  • HEY-SMITH
10月25日 広島 BLUE LIVE 広島
11月3日 東京 新木場STUDIO COAST
11月10日 沖縄 ミュージックタウン音市場
  • BLUE ENCOUNT
  • キュウソネコカミ

2018年11月編集

キュレーターはSUPER BEAVER。テーマは「現場至上主義」。

開催日 会場 キュレーター 出演者
11月12日 なんばHatch SUPER BEAVER
11月17日 新木場スタジオコースト

脚注編集

  1. ^ [1] Bowline 公式サイト
  2. ^ [2] BARKS 2013年10月28日

外部リンク編集