メインメニューを開く

概要編集

2004年プロ野球・日本ハムファイターズが本拠地北海道に移し、北海道日本ハムファイターズとなったのをきっかけに、道内テレビ局では日本ハムの主催試合の放送をこぞって開始するようになる。テレビ北海道では移転前年の2003年4月8日札幌ドームで行われたオリックス・ブルーウェーブ戦を生中継した。

テレビ北海道では札幌ドームなどで行われる主にローカルセールス枠となっている火曜日・土曜日のナイター(19・20時台)、日曜日・祝日デーゲームで行われる試合を生中継、放送される試合も2桁になることがあり、道内テレビ局の中では一番力を入れていた[1]2005年から始まったセ・パ交流戦テレビ東京(TX)制作、テレビ北海道技術協力という形で、読売ジャイアンツ戦1試合など数試合を全国に放送していた(BSジャパンも同時中継)。2006年にはパシフィック・リーグプレーオフ第2ステージ第2試合(福岡ソフトバンクホークス戦)及び日本シリーズ中日ドラゴンズ戦)第4試合をそれぞれ放映した。

アナログ放送は道央道南の一部と道北の大部分、道東全域においてTVhの中継局がなかったため、ケーブルテレビで視聴可能な地域を除いて地上波では直接受信できず、視聴できないファンからの苦情を受けることがたびたびあった。

デジタル放送完全移行後、2011年に未開局だった基幹送信所(網走送信所及び北見中継局帯広釧路送信所)を開局させたほか、翌年以降も未開局であった中継局の全局開局を実現させる方針に切り替え、2016年までに本別の2局を除き全局開局させた。

主催試合以外も、TVQ九州放送(テレQ)制作のソフトバンク戦中継(日本ハム戦)[2]をネット受けの形で放送することがある(2011年までTVQ九州放送は18:30開始、テレビ北海道は19:00飛び乗りで開始していた)。なお、2012年からはテレビ北海道も自社ローカル・ネット受けに関係なく火曜日は18:30開始となるため、『ピラメキーノ』は休止・返上となる。一方、土曜日は自社制作のローカル番組『旅コミ北海道じゃらんdeGO!』が放送されるため、従来どおり19:00開始となる。また、どちらの枠で放送される場合でも、火曜日の『火曜エンタ』・『ありえへん∞世界』(いずれも全編ローカルセールス枠番組であるが、再放送枠を利用して振り替え放送する場合もある)、土曜日の『土曜スペシャル』は休止となる(『土曜スペシャル』については、内容が関東近郊のみの場合は後日放送されないが、それ以外の内容については、放送当日にテレビ東京で関東近郊のみの内容が放送される際に差し替える形で後日放送される)。火曜日の放送ではまれに21:00まで放送することがあり、この場合『開運!なんでも鑑定団』は6分遅れの時差ネットとなっていた。このほか2016年7月からは火曜日の放送において延長時の場合20:54 - 21:54にサブチャンネルを用いての継続放送を実施。

放送時間編集

  • 火曜日 18:55 - 20:54
  • 土曜日 19:00 - 20:54
  • まれに日曜13:00 - 16:00に放送することもある。

2009年度は原則中継なし編集

テレビ北海道は地上デジタル放送移行による経費増加に伴う制作費削減などの理由から、2009年度の野球中継を原則として行わないこととした(2009年4月9日付の北海道新聞夕刊より)。さらに、テレビ東京系列での地上波中継からも原則撤退した。そのため、テレビ東京からの地上波中継があるときでもテレビ北海道では放送せず、自社送出による単発特番(未放送分もしくは再放送)か映画番組に差し替えた(この場合でも一部試合はBSジャパンで視聴可能)。但し、テレビ東京及びテレビ東京系列で日本ハム戦の中継がある場合は中継が行われた。

だが、秋に入ると日本ハムのクライマックススリーズ出場となるシーズン3位以上がほぼ確実になったため、9月26日のソフトバンク対日本ハム戦を、TVQ九州放送からのネット受けの形で急遽中継することになった。さらに、日本ハムがリーグ優勝してクライマックスシリーズも優勝、日本シリーズに進出したため、テレビ北海道は同シリーズ第7試合(札幌ドーム開催予定分)の放映権を獲得した。但し、制作の主導はテレビ東京が行い(解説者・アナウンサーも派遣)、テレビ北海道はベンチレポーターの派遣などに留まる予定だった(このシリーズは第6試合でセントラル・リーグ代表の巨人が優勝を決定したため、第7試合の開催自体が無くなった)。

2010年以降編集

2010年度編集

2010年度は、土曜日に札幌ドームで開催されるナイトゲームを3試合中継することになった(2010年3月31日の北海道新聞夕刊「つかめ視聴者のハート道内テレビ局春の改編」より)。 5月22日にセ・パ交流戦の対横浜ベイスターズ戦(札幌ドーム)、6月12日にセ・パ交流戦の対中日ドラゴンズ戦(札幌ドーム)をテレビ愛知[3]との2局ネット、9月11日にソフトバンク対日本ハム戦を九州放送からのネット受け、9月25日に日本ハム対ソフトバンク戦(札幌ドーム)を中継した。

2011年度編集

2011年度は、6月11日にセ・パ交流戦となる対横浜ベイスターズ戦(札幌ドーム)、7月30日と31日は九州放送からの「ソフトバンク対日本ハム」をネット受け(7月30日がナイトゲーム、31日はデーゲーム)で中継。さらに、8月23日[4]と10月4日[5]には対楽天戦(札幌ドーム)を中継した。

2012年度編集

4月10日にソフトバンク対日本ハム戦を九州放送からのネット受けで中継(『ピラメキーノ』は休止。『ありえへん∞世界』の2時間スペシャルは6月5日にTVhローカルで時差放送[6])。5月22日にセ・パ交流戦となる対横浜DeNAベイスターズ戦(札幌ドーム、18:30開始のため『ピラメキーノ』は休止)、6月2日に対阪神タイガース[7](札幌ドーム、21:00までの放送のため20:55から放送される『ゴルフ宮里道場』は同日16:00に繰り上げて放送)の中継をした。7月3日にはオリックス対日本ハム(京セラドーム大阪)を生中継[8]。9月25日には日本ハム対ロッテ戦(札幌ドーム)を生中継[9](21:00までの放送のため、「開運!なんでも鑑定団」は6分遅れのディレイ放送となる。また、「ピラメキーノ」は9月27日の7:30 - 8:00にテレビ北海道のみ時差ネット放送)。

2013年度編集

2013年度は、4月16日に日本ハム対ロッテ戦(札幌ドーム)を生中継(このため、18:30 - 19:54『ペット大行進! ど〜ぶつくん』、19:54 - 21:54『開運!なんでも鑑定団 2時間スペシャル』[10]が放送されるが、どちらも休止(テレビ愛知とTVQ九州放送も野球中継優先のため同じ)となり21:54まで完全生中継している)。[11]4月23日にTVQと同時ネットでソフトバンク対日本ハム戦(福岡ヤフオク!ドーム)を生中継する(このため、18:30 - 19:54『ペット大行進! ど〜ぶつくん』、19:54 - 20:54『ありえへん∞世界』は休止[12])。

    • 5月20日はテレビ東京との共同制作(テレビ東京から解説は野村克也立浪和義、アナウンサーは増田和也アナウンサー〈実況〉、森田京之介アナウンサー〈リポーター〉を派遣)で日本ハム対巨人戦(札幌ドーム)を全国ネットで生中継した。
    • 6月25日は日本ハム対ソフトバンク戦(東京ドーム)の生中継(TVQ九州放送でも放送)。
    • 7月13日は日本ハム対ロッテ戦(札幌ドーム)の生中継(「土曜スペシャル」は休止)。
    • 8月6日は西武対日本ハム戦(西武ドーム)の生中継(テレビ東京からの裏送り)。
    • 9月24日は日本ハム対ロッテ戦の生中継。

2014年度編集

    • 4月15日に日本ハム対楽天(札幌ドーム)を中継。
    • 5月20日は日本ハム対中日を中継。
    • 5月31日は日本ハム対阪神を中継[13]。(土曜スペシャルは休止)
    • 7月22日にはオリックスバファローズ対日本ハム戦を中継。
    • 8月27日にはソフトバンク対日本ハム戦を中継[14](九州放送主管の共同製作)。
    • 9月9日には日本ハム対ソフトバンク戦を中継。[15]
    • 9月30日には日本ハム対西武戦を中継。

2015年度編集

    • 4月21日に埼玉西武対日本ハム戦(西武プリンスドーム)を中継。
    • 7月25日は埼玉西武対日本ハム戦(西武プリンスドーム)を中継。
    • 8月4日はソフトバンク対日本ハム戦を中継(九州放送主管)。
    • 8月8日は日本ハム対楽天(札幌ドーム)を中継。
    • 9月1日は日本ハム対ロッテ(東京ドーム)を中継。
    • 9月15日は日本ハム対楽天(札幌ドーム)を中継。

2016年度編集

    • 4月2日に日本ハム対ソフトバンク戦(東京ドーム)を中継。
    • 4月23日はソフトバンク対日本ハム戦(福岡ヤフオクドーム)を中継[16]
    • 5月10日は日本ハム対オリックス戦(札幌ドーム)を中継。
    • 7月12日はオリックス対日本ハム戦(京セラドーム大阪)を中継。20:54 - 21:54までサブチャンネルでの延長放送を実施。
    • 7月30日は日本ハム対ソフトバンク戦(札幌ドーム)を中継。
    • 8月27日は埼玉西武対日本ハム戦(西武プリンスドーム)を中継。
    • 9月17日は日本ハム対ロッテ戦(札幌ドーム)を中継。

2017年度編集

    • 4月11日に日本ハム対ソフトバンク戦(札幌ドーム)を中継。BSジャパン・テレビ北海道・テレビ東京の共同制作(テレビ東京から実況は植草朋樹アナウンサーを派遣)でBSジャパンと同時放送[17]。20:54 - 21:54までサブチャンネルでの延長放送を実施。
    • 6月10日に日本ハム対巨人戦(札幌ドーム)を中継。テレビ東京との共同制作(テレビ東京から解説は緒方耕一、実況は増田和也アナウンサーを派遣)でBSジャパンと同時放送。地上波はテレビ東京・テレビ和歌山・びわ湖放送との4局ネットで放送。
    • 6月27日にソフトバンク対日本ハム戦(福岡ヤフオクドーム)を中継(九州放送主管)。20:54 - 21:54までサブチャンネルでの延長放送に対応していたが実施されなかった。
    • 7月11日にオリックス対日本ハム戦(京セラドーム大阪)を中継。20:54 - 21:54までサブチャンネルでの延長放送を実施。
    • 7月22日に埼玉西武対日本ハム戦(メットライフドーム)を中継。
    • 8月22日にオリックス対日本ハム戦(ほっともっとフィールド神戸)を中継。テレビ北海道が屋外球場での試合を中継するのは今回が初となる。

2018年度編集

  • 4月10日にソフトバンク対日本ハム戦(福岡ヤフオクドーム)を中継[18]
  • 5月9日にオリックス対日本ハム戦(京セラドーム大阪)を中継。
  • 6月12日に日本ハム対阪神戦(札幌ドーム)を中継。テレビ東京との共同制作(テレビ東京から解説は里崎智也、アナウンサーは島田弘久アナウンサー〈実況〉、原田修佑アナウンサー〈リポーター〉を派遣)でBSジャパンと同時放送[19]
  • 7月17日にオリックス対日本ハム戦(京セラドーム大阪)を中継。
  • 8月18日に埼玉西武対日本ハム(メットライフドーム)を中継。
  • 9月18日に埼玉西武対日本ハム戦(メットライフドーム)を中継。

2019年度編集

  • 4月16日にオリックス対日本ハム戦を中継。
  • 9月15日に日本ハム対ソフトバンク戦を中継。

札幌ドームでの試合については北海道文化放送が編成上の都合で放送できない場合に放送される傾向にある(稀に北海道テレビでの放送となる場合もある)。

出演者編集

現在の解説者編集

実況・リポーター編集

過去の解説者編集

過去の実況・リポーター編集

脚注・出典編集

  1. ^ 東京ドームで開催されるナイトゲーム(東京ケーブルネットワークTCP制作映像を利用。独自映像についてはテレビ東京の技術協力)に関しては2013年6月25日に初めて放送した
  2. ^ 2018年4月10日はTVQ九州放送の技術協力で、実況・解説を差し替えて放送。
  3. ^ テレビ愛知から解説は川崎憲次郎、リポーターは高木大介アナウンサーを派遣した
  4. ^ 来月17日試験電波発射 TVh/釧路に中継局を開設 管内一部で視聴可能に(2011年7月16日釧路新聞
  5. ^ テレビ北海道 道東開局情報 オススメ番組情報
  6. ^ この日はテレビ東京・BSジャパン・九州放送の3社共同制作でプロ野球中継「ソフトバンク対巨人」の編成に伴い『ありえへん∞世界』の番組自体が休止となったが、テレビ北海道ではプロ野球中継は同時ネットせず、穴埋め番組として関東ローカルで放送された『ピラメキーノ』特別編とともに放送された。
  7. ^ テレビ大阪びわ湖放送奈良テレビテレビ和歌山でも放送される。ただし、テレビ大阪はテレビ北海道よりも30分早い18:30開始になるため、19:00までは裏送りとなるが、同局との共同制作とはならず、解説者・実況・リポーターはテレビ北海道とテレビ大阪+同時ネットの独立局3局で内容が異なる(テレビ北海道は解説:金村曉、実況:大藤晋司、リポーター:小沢良太、テレビ大阪・独立局3局は解説:江夏豊、実況:福谷清志、リポーター:植草結樹)。そのためテレビ北海道は中継映像部分は北海道ローカル向け放送分とテレビ大阪向け裏送りの二重制作となる。なお、2005年・2007年に中継した際は日本ハムの地元・札幌での試合だったものの、要員の関係からかテレビ大阪制作のものをそのまま放送した。タイトルもテレビ大阪と同様の「TVO BASEBALL LIVE(2005年)→全力!虎中継(2007年)」だった。
  8. ^ 球場内音声のみ流される副音声放送も実施。テレビ大阪からの裏送り
  9. ^ 副音声放送ではゲストに葛西紀明(スキージャンプ選手)と佐野正幸(スポーツライター)を迎え、ファイターズガールを加えた3人によるトークを織り交ぜた放送も実施。
  10. ^ 「ペット大行進!ど〜ぶつくん」と「開運!なんでも鑑定団 2時間スペシャル」は同年4月30日18:30 - 21:54の同時刻に振り替え放送を行った。また、「開運!なんでも鑑定団」同年4月30日放送分の振替放送は編成の事情などにより放送できなかった。
  11. ^ 副音声放送では「とことん!Fヨリ」として、ゲストに野々村芳和(北海道フットボールクラブ社長)とファイターズガールの樫野和音を迎えMCの伊藤英一郎を含めた3人によるトークなどを織り交ぜた内容を放送。
  12. ^ 「ペット大行進!ど〜ぶつくん」と「ありえへん∞世界」は同年5月4日12:30 - 13:54に「ペット大行進!ど〜ぶつくん」、13:54 - 14:55に「ありえへん∞世界」をそれぞれ振り替え放送を行った。(TVQ九州放送も野球中継優先のため同じ)
  13. ^ テレビ大阪では自社の出演者(解説:江夏豊、実況:植草結樹アナウンサー)で別制作
  14. ^ 金村曉と柴原洋のダブル解説
  15. ^ 九州放送では自社の出演者で別制作
  16. ^ 森本稀哲と斉藤和巳のダブル解説
  17. ^ 九州放送では自社の出演者(解説:柴原洋、実況:結城亮二アナウンサー)で別制作
  18. ^ 今回は九州放送からのネット受けではなく、福岡ソフトバンクホークスマーケティングから映像提供を受け、テレビ北海道側で実況・解説を差し替えて放送。
  19. ^ 関西地区では関西テレビフジテレビ系列)が自社制作で中継

関連番組編集