メインメニューを開く

TWILIGHT MADE …HIDEKI』(トワイライト・メイド …ヒデキ)は1985年に発売された西城秀樹のオリジナルアルバムLP)である。

TWILIGHT MADE …HIDEKI
西城秀樹スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル RCARVC
プロデュース 西城秀樹、岡村右
西城秀樹 アルバム 年表
ブロウアップ ヒデキ
(1985年)
TWILIGHT MADE …HIDEKI
(1985年)
HIDEKI SAIJO
(1985年)
『TWILIGHT MADE …HIDEKI』収録のシングル
  1. BEAT STREET
    リリース: 1985年9月25日
テンプレートを表示

目次

内容編集

1985年1月、西城秀樹は通算50枚目のシングル『一万光年の愛』発売記念イベントとして、デビュー以来のシングル50曲すべて歌唱する日本武道館公演を敢行。そして、これを機にシングル中心の歌謡曲路線から脱してアルバム・アーティスト路線へのアプローチを試みた。そこで白羽の矢が立ったのが、オリジナル・アルバムでは前作にあたる『GENTLE・A MAN/西城秀樹』に一曲提供(「THROUGH THE NIGHT」の作詞・作曲・編曲)した角松敏生であった。当時、角松はブレイクし始めた時期で、杏里の大ヒット・シングル「悲しみがとまらない」などでの音楽プロデューサー業でも評価を得るようになっていた若手注目株[1]。デビューから西城と同じレコード会社所属で、同じ担当プロデューサー(元パープル・シャドウズの岡村右)というのが縁ではあったし、またなによりも「THROUGH THE NIGHT」レコーディング時に西城が角松の音楽性に触れて共感したのが決め手となった[2]

アルバム・コンセプトは西城秀樹自身のアイデアで、「クルマの中で黄昏時に掛かっていて、男性が隣(助手席)の彼女に言葉で言わなくても口説いていけるものを」というシチュエーションをプロデュース[3]。西城は角松敏生同様に音楽性を買っていた吉田美奈子にも協力を仰ぐ[4]。かつての山下達郎よろしく[5]、洗練されたファンクソウル・テイストの角松の作・編曲とそこに載る吉田の甘くともせつなく、それでいてシニカルな作詞で10曲中4曲を作る(角松と吉田のコラボレーションはこれが初となるが、角松はアマチュア時代から吉田を敬愛していたため、渡りに船でこれを引き受けた)。そして、それを核にして旧知の芳野藤丸岡本朗、そして女優から作曲家に転身したMAYUMIこと堀川まゆみの作曲家陣が配された。

路線変更したかった西城はそれまでのパブリック・イメージを覆すため、アルバムのアートワークにおいて“西城秀樹”というパーソナリティーは出来るだけ隠した。ジャケットには初めて自身の写真を載せず、しかも似顔絵でもない印象派的なイラストで匿名性をおびたものが施された。さらにジャケット正面に載せるアーティスト・ネームは“HIDEKI”とだけ記した(ただし、帯にはもちろん“西城秀樹”と記されていた)。それでも、パーソナリティーが反映されるシングルをもとにした音楽活動は引き続き行われていて、本作発売直近であった同年5月に通算51枚目となる「ミスティー・ブルー」を発売するも、その曲は本作には収録されずに、シングル曲未収録となるなど、やはり異例尽くめであった。本作発売時の声明で、「アルバム・アーティスト路線の手法に則り、これからはアルバムからシングル・カットしていきたい」と言及していたとおり、発売から翌々月の同年9月に本作から「BEAT STREET」をシングルカットすることになった。シングル・エディションに曲が編集されたとはいえ、既発表曲をシングルにすることは、これもまた西城にとって初めての試みだった。

結局、本作はヒットするには至らなかったが、西城はこの路線をしばらく続ける。次のオリジナル・アルバム『FROM TOKYO』(1986年6月5日発売)では角松は離れたものの、吉田の作詞・作曲で8曲中3曲を、MAYUMIによる作曲を2曲起用するなど連鎖させている[6]

収録曲編集

SIDE A

  1. SWEET SURRENDER
    作詞:吉田美奈子 作曲・編曲:角松敏生 ブラス編曲:数原晋 コーラス編曲:吉田美奈子
  2. BEAT STREET
    作詞:吉田美奈子 作曲・編曲:角松敏生 ブラス編曲:数原晋 コーラス編曲:吉田美奈子
  3. HALATION
    作詞:森田由美 作曲・編曲:芳野藤丸 ブラス編曲:大谷和夫 コーラス編曲:大谷和夫
  4. ワインカラーの衝撃
    作詞:大津あきら 作曲:MAYUMI 編曲:大谷和夫 コーラス編曲:吉田美奈子
  5. PLATINUMの雨
    作詞:吉田美奈子 作曲・編曲:角松敏生 ブラス編曲:数原晋 コーラス編曲:吉田美奈子

SIDE B

  1. リアル・タイム
    作詞:有川正沙子 作曲:岡本朗 編曲:大谷和夫
  2. オリーブのウェンズディ
    作詞:大津あきら 作曲:MAYUMI 編曲:大谷和夫 コーラス編曲:吉田美奈子
  3. BEAUTIFUL RHAPSODY
    作詞:大津あきら 作曲・編曲:芳野藤丸 ブラス編曲:大谷和夫 コーラス編曲:大谷和夫
  4. TELEVISION
    作詞:吉田美奈子 作曲:角松敏生 編曲:芳野藤丸 ブラス編曲:大谷和夫 コーラス編曲:吉田美奈子
  5. レイク・サイド
    作詞:有川正沙子 作曲:岡本朗 編曲:大谷和夫 コーラス編曲:大谷和夫

参加ミュージシャン編集

エピソード編集

  • 本作発売直前、1985年7月10日放送のフジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオDX』にて、まだシングルとしては未発表の状態だった「BEAT STREET」と「リアル・タイム」を披露している。
  • 角松は本作が出されたこの1985年の秋から冬にかけてのライブツアーで「BEAT STREET」をセルフカバーしている。また、本作直後に制作し、同年11月21日に発売した自身のバラード・アルバム『T's BALLAD』と同時発売の7インチ&12インチシングル「初恋」に吉田美奈子をコーラスで起用。角松と吉田の直接的なコラボレーションはこれで終わるが、角松は後年、プロデュースを請け負った若手女性歌手の今井優子に「愛は彼方」を、米光美保に「恋は流星」といった吉田美奈子の楽曲をカバーさせている。
  • このアルバムはLPとカセットテープとともにCDでも発売されていたが、それが1985年のアルバム発表期だけだったのと当時はCDの黎明期にあたり、出荷枚数が少ない。さらに西城秀樹ファンだけではなく、角松敏生や吉田美奈子のファンも求めているだけあって以前からレア・アイテムとなっていた。しかし、2013年にソニーミュージックショップの通販限定で1980年代半ばの前後のアルバムらとともに復刻された[7]

脚注編集

  1. ^ 角松は当時デビュー5年目で24歳。本作発売時の最新作で通算5作目のアルバム『GOLD DIGGER〜with true love〜』(1985年5月21日発売)が自身初のオリコンチャート10位圏内に入り込み、最高位7位を記録。また、本作近辺での他アーティストへのプロデュース業として、中森明菜のアルバム『BITTER AND SWEET』(1985年4月3日発売)や杏里のアルバム『WAVE』(1985年6月21日発売)などへの一部参加がある。
  2. ^ 『オリコン・ウィークリー』1985年5月20日号「音楽こだわり派対談 西城秀樹vs角松敏生」より
  3. ^ FM東京『ライブ・コンサート』1985年6月29日出演時のインタビューより
  4. ^ 吉田は1983年アルファレコードとの契約を完了し、当時はレコード会社とプロダクションに所属しないフリーの立場でのマイペースな活動期であった。本作の翌1986年に絶頂期だった中森明菜のアルバム『不思議』に作詞・作曲で2曲、作詞で1曲提供し、その印税収入で作った自主製作アルバム『BELLS』が後々にまで話題となった。なお、本作近辺での他アーティストへのプロデュース業として、田原俊彦のシングル「銀河の神話」(1985年2月1日発売)の作詞(ちなみに作曲は呉田刈穂こと松任谷由実)、薬師丸ひろ子のアルバム『夢十話』(1985年8月8日発売)で2曲を作詞。
  5. ^ RVCに所属して制作をしていた1976年から1982年までの山下達郎の作品群は、山下の作編曲と吉田の作詞&コーラスによるコラボレート作品をメインにしていた。ムーン・レコードに移籍した1983年の作品群から山下達郎自身の作詞・作曲・編曲にしたものになっていく。山下が1995年に発表したベスト盤『TREASURES』で自身が書いたライナーノーツによれば、ムーン・レコード以前は多分にプロデューサー的な発想で、ムーン・レコードに在籍してからはシンガーソングライター的アプローチで自身の作品を制作している旨を記している。
  6. ^ 吉田はこれら二枚のアルバム以外でも、この間の通算53枚目のシングルで、バリー・マニロウとのデュエットが話題を呼んだ「腕の中へ - In Search of Love -」(1985年11月21日発売)ならびに同シングルのカップリング曲「愛の翼 - It's All Behind Us Now -」の日本語詞で起用されている。
  7. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの復刻CD発売情報

関連項目編集

外部リンク編集