メインメニューを開く

Tapioca(タピオカ)はVoIPインスタントメッセージのために開発されたフリーフレームワークである。どのアプリケーションにおいてもVoIPとインスタントメッセージングサービスを簡単に開発したり使用したり出来るようにすることを目的とする。クロスプラットフォーム、軽量性、安定性、携帯デバイスを考慮に入れて設計された。Google Talkと相互運用が可能である。

タピオカの主な目的は以下のとおりである。

  • VoIPとIMアプリケーションにより使用されるコンポーネントを、統一的で、異なるプラットフォームで動作し、信頼性がありかつ簡単に使用できるフレームワークに統合すること。
  • 複数のアプリケーションに中心となるサービスを与えることによるリソースの節約。例えば、SIPリクエストのあらゆる送受信は、SIPスタックの生成とSIPベースのアプリケーションに対してネットワークポートを振り分けることなく、SIPサービスによって管理される。
  • コントロールレイヤーとライブラリ依存性のオーバーヘッドを減少させること。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集