テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

CSSでFlexboxを作成するためのテンプレートです。

使い方編集

{{Flexbox start}}
...
...
{{Flexbox end}}

のように、かならず{{Flexbox end}}とペアで使用します。

{{Flexbox}}の第1引数(|content=引数も利用可)には、表示するコンテンツを入力します。表組みを含むなどの理由により適切に表示されない場合は、{{Flexbox start}}{{Flexbox end}}でコンテンツを挟む方式を採用してください。

コンテンツ内の複数の要素をまとめてひとつの子要素として扱う場合には、{{flex-item}}、もしくは{{flex-item start}}{{flex-item end}}のペアを使用してください。

使用例(基本)編集

出力例の破線の枠線は、実際には出力されません。

入力例A-2
{{flexbox start}}
{| class="wikitable" style="margin-right: 1em;<!--レガシー・ブラウザ用--> margin-inline: 0;"<!--モダン・ブラウザ用-->
|+
!ほげ
!ふが
!ぴよ
|-
|foo
|bar
|baz
|-
|foobar
|barbaz
|bazqux
|-
|foobaz
|barqux
|bazquux
|}

{| class="wikitable"
|+
!ほげ
!ふが
!ぴよ
|-
|qux
|quux
|corge
|-
|quxfoo
|quuxfoo
|corgefoo
|-
|quxbaz
|quuzbaz
|corgebaz
|}
{{flexbox end}}
出力例A-2(幅が広い場合)
ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
ほげ ふが ぴよ
qux quux corge
quxfoo quuxfoo corgefoo
quxbaz quuzbaz corgebaz
出力例A-2(幅が狭い場合)
ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
ほげ ふが ぴよ
qux quux corge
quxfoo quuxfoo corgefoo
quxbaz quuzbaz corgebaz

以下のように、{{Flex-item}}{{Flex-item start}}{{Flex-item end}}と組み合わせて使うことで、セクション全体を左右に並べることもできます。

入力例A-2
{{flexbox start|gap=2em}}
{{flex-item start|basis=20em|margin-right-ie=2em}}
=== 使用例小見出し1 ===

色は匂へど散りぬるを我が世誰そ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず
{| class="wikitable"
|+
!ほげ
!ふが
!ぴよ
|-
|foo
|bar
|baz
|-
|foobar
|barbaz
|bazqux
|-
|foobaz
|barqux
|bazquux
|}
{{flex-item end}}

{{flex-item start|basis=20em|margin-right-ie=0}}
=== 使用例小見出し2 ===
いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん
{| class="wikitable"
|+
!ほげ
!ふが
!ぴよ
|-
|qux
|quux
|corge
|-
|quxfoo
|quuxfoo
|corgefoo
|-
|quxbaz
|quuzbaz
|corgebaz
|}
{{flex-item end}}
{{flexbox end}}
出力例A-2(幅が広い場合)
使用例小見出し1

色は匂へど散りぬるを我が世誰そ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず

ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
使用例小見出し2

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん

ほげ ふが ぴよ
qux quux corge
quxfoo quuxfoo corgefoo
quxbaz quuzbaz corgebaz
出力例A-2(幅が狭い場合)
使用例小見出し1

色は匂へど散りぬるを我が世誰そ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず

ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
使用例小見出し2

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん

ほげ ふが ぴよ
qux quux corge
quxfoo quuxfoo corgefoo
quxbaz quuzbaz corgebaz

引数編集

以下は、{{Flexbox}}{{Flexbox start}}に共通する引数になります。また各出力例では、分かりやすいように、入力例で示す引数指定に加えて|style=border: 1px dashed #888;の指定を追加しておこなっています。

direction編集

CSSのflex-direction[注 1]を指定します。

既定値のrowでは、各要素は横並びになります。

入力例1-1
{{Flexbox|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例1-1
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

|direction=columnを指定すると、各要素は縦並びになります。

入力例1-2
{{Flexbox|direction=column|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例1-2
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

|direction=row-reverse|direction=column-reverseを指定すると、並び順が逆になります。

入力例1-3
{{Flexbox|direction=row-reverse|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例1-3
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg
入力例1-4
{{Flexbox|direction=column-reverse|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]col]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例1-4
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

|direction=row以外を指定する場合は、以下の各引数の説明における上下・左右・行などを適宜、左右・上下・列などと読み換えてください。

wrap編集

CSSのflex-wrap[注 2]を指定します。CSSとは異なり、|wrap=nowrapではなく|wrap=wrapが規定値です。

既定値のwrapでは、画面(ないし親要素や本テンプレート本体)の幅に応じて要素が改行されます。

入力例2-1
{{Flexbox|style=width: 300px;|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例2-1
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

wrap-reverseを指定すると、改行される方向が上下逆になります。

入力例2-2
{{Flexbox|style=width: 300px;|wrap=wrap-reverse|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例2-2
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

nowrapを指定すると、改行されなくなります。本節冒頭の注意書きも参照してください。

入力例2-3
{{Flexbox|style=width: 300px;|wrap=nowrap|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例2-3
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

force-row-legacy編集

後述のとおり、複数行のフレックスボックスに対応していない古いブラウザでは、横並びのフレックスボックスを無効化するように本テンプレートは設定されています。これらのブラウザでも横並びのフレックスボックスを有効化する場合には、|force-row-legacy=1を指定してください。

justify-content編集

CSSのjustify-content[注 3]を指定します。

既定値のflex-startでは、各要素は左寄りに配置されます。startを指定した場合も基本的には同じです。

入力例3-1
{{Flexbox|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-1
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

flex-endを指定すると、各要素は右寄りに配置されます。endを指定した場合も基本的には同じです。

入力例3-2
{{Flexbox|justify-content=flex-end|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-2
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

centerを指定すると、各要素は中央に配置されます。

入力例3-3
{{Flexbox|justify-content=center|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-3
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

space-betweenを指定すると、各要素は間に均等な空白を開けて配置されます。

入力例3-4
{{Flexbox|justify-content=space-between|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-4
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

space-aroundを指定すると、各要素の間だけでなく左右にも空白ができます。左右の空白は、各要素間の空白よりも狭くなります。

入力例3-5
{{Flexbox|justify-content=space-around|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-5
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg
space-evenlyを指定した場合は、左右の空白も要素間の空白と同じ大きさになります。
入力例3-5
{{Flexbox|justify-content=space-evenly|
[[File:Wikipedia-logo-v2-ja.svg|thumb|100px]]
[[File:Wikimedia-logo.svg|thumb|100px]]
[[File:File:Wikidata-logo.svg|thumb|100px]]
}}
出力例3-5
Wikipedia-logo-v2-ja.svg
Wikimedia-logo.svg
Wikidata-logo.svg

align-items編集

CSSのalign-items[注 4]を指定します。

既定値のstretchでは、可変高の要素は行内で最も高さが大きい要素と同じ高さになり、それ以下に固定高の要素は上寄りに配置されます。

入力例4-1
{{Flexbox|
{{#tag:div||style=background:red; height: auto; min-height: 10px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
}}
出力例4-1

flex-startを指定すると、各要素は上寄りに配置されます。startを指定した場合も基本的には同じです。

入力例4-2
{{Flexbox|align-items=flex-start|
{{#tag:div||style=background:red; height: auto; min-height: 10px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
}}
出力例4-2

flex-endを指定すると、各要素は下寄りに配置されます。endを指定した場合も基本的には同じです。

入力例4-3
{{Flexbox|align-items=flex-end|
{{#tag:div||style=background:red; height: auto; min-height: 10px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
}}
出力例4-3

centerを指定すると、各要素は縦中央寄りに配置されます。

入力例4-4
{{Flexbox|align-items=center|
{{#tag:div||style=background:red; height: auto; min-height: 10px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
}}
出力例4-4

baselineを指定すると、各要素の中の文字の縦位置が揃うような配置になります。

入力例4-4
{{Flexbox|align-items=baseline|
{{#tag:div|hoge|style=background:red; height: auto; min-height: 10px; width: 100px; color: white;}}
{{#tag:div|fuga|style=background:blue; height: 50px; width: 100px; padding-top: 1em: color: white;}}
{{#tag:div|piyo|style=background:green; height: 100px; width: 100px; color: white;}}
}}
出力例4-4
hoge
fuga
piyo

align-content編集

CSSのalign-content[注 5]を指定します。

gap編集

CSSのgap[注 6](要素間の最小余白)を指定します。既定値は0 1emです。

後述のようにInternet Explorer 10および11Android 4.4Opera 18 - 72はこのプロパティーに対応していないため、必要に応じて子要素にstyle="margin-right: 1em; margin-inline: 0;"[注 7]のようなスタイル指定を加えてください。

1つの値を指定すると、縦横に同じ余白が設定されます。

入力例6-1
{{Flexbox|style=width: 300px;|gap=50px|
{{#tag:div||style=background:red; height: 150px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:yellow; height: 75px; width: 100px;}}
}}
出力例6-1

半角スペースを挟んで2つの値を指定した場合、1つ目が縦方向、2つ目が横方向の余白になります。

入力例6-2
{{Flexbox|style=width: 300px;|gap=100px 25px|
{{#tag:div||style=background:red; height: 150px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:blue; height: 50px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:green; height: 100px; width: 100px;}}
{{#tag:div||style=background:yellow; height: 75px; width: 100px;}}
}}
出力例6-2

style編集

|style=には任意のCSSプロパティを指定することができます。

たとえば、{{Multiple image}}など一部の要素では、親要素の幅に収まる場合でも要素が改行してしまう場合があります。このような場合には、|style=width: 100%;を指定することを検討してください。

使用例(応用)編集

表などで高さが異なる場合、既定のalign-items: stretch;では、

出力例C-1
ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
ほげ ふが ぴよ
qux quux corge

のように一方の表が間延びしてしまうことがあります。このような場合|align-items=flex-startと指定すれば、

出力例C-2
ほげ ふが ぴよ
foo bar baz
foobar barbaz bazqux
foobaz barqux bazquux
ほげ ふが ぴよ
qux quux corge

それぞれ異なる高さで表示されるようになります。

ブラウザのサポート状況編集

メディアウィキの互換性(2021年3月時点)がグレードAのブラウザのうちAndroid 4.3は、flex-wrapに対応しておらず、閲覧に支障をきたす表示となる虞があるため、force-row-legacyを指定しない限り、横並びのフレックスボックスは強制的に無効化されます[注 8]Internet Explorer 11およびAndroid 4.4gapプロパティに対応していません。Internet Explorer11は、|justify-content=space-evenly|align-content=space-evenlyにも対応しておらず、いずれもspace-aroundを指定した場合と同じ表示となります。

グレードCのブラウザのうち、Internet Explorer 9はFlexbox全般に対応していません[注 8]Firefox 27flex-wrapに対応しておらず、閲覧に支障をきたす表示となる虞があるため、force-row-legacyを指定しない限り、強制的に|direction=columnを指定した場合と同様の表示となるように設定されています[注 9]。また、Internet Explorer 10およびOpera 18 - 72もgapプロパティに対応していません。Edge 12 - 18やChromeFirefoxOperaSafariの2017年ごろまでのバージョン、Android 4.3 - 4.4.4も|justify-content=space-evenly|align-content=space-evenlyに対応しておらず、いずれもspace-aroundを指定した場合と同じ表示となります。

テンプレートデータ編集

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Flexbox start

CSSでFlexboxを作るためのテンプレートです。{{Flexbox end}}とペアで使用します。directionにrow以外を指定した場合は、各引数の説明における上下・左右・行を適宜読み替えてください。

テンプレート引数

引数説明状態
flex-directiondirection

要素の並び方。rowは横、columnは縦

Suggested values
row row-reverse column column-reverse
既定
row
文字列省略可能
flex-wrapwrap

画面幅に応じて改行するか

Suggested values
wrap wrap-reverse nowrap
既定
wrap
文字列省略可能
justify-contentjustify-content

要素の左右方向の余白の制御

Suggested values
flex-start flex-end center space-between space-around start end space-evenly
既定
flex-start
文字列省略可能
align-itemsalign-items

同じ行の要素の上下位置制御

Suggested values
stretch flex-start flex-end center baseline
既定
stretch
文字列省略可能
align-contentalign-content

要素の上下方向の余白の制御

Suggested values
stretch flex-start flex-end center space-between space-around start end space-evenly
既定
normal
文字列省略可能
gapgap

要素間の最小余白(2つ指定する場合は縦 横の順)

既定
1em
2em 0.5em
文字列省略可能
stylestyle

任意のCSSプロパティ

border: 1px dashed #888;
文字列省略可能
レガシー・ブラウザで横並びを有効化force-row-legacy

wrapに対応していないブラウザでも横並びを有効化する

自動入力値
0
ブール値省略可能

注釈編集

  1. ^ flex-directionMDN Web Docs)を参照。
  2. ^ flex-wrapMDN Web Docs)を参照。
  3. ^ justify-contentMDN Web Docs)を参照。
  4. ^ align-itemsMDN Web Docs)を参照。
  5. ^ align-contentMDN Web Docs)を参照。
  6. ^ gapMDN Web Docs)を参照。
  7. ^ その他のメディアウィキの互換性(2021年3月時点)がグレードC以上のブラウザはのうち、Firefox 63 - 65以外はすべてmargin-inlineに対応している(CSS property: margin-inline〈Can I Use〉参照)ため、margin-rightの指定を上書きすることができます。Firefox 63 - 65では、gapmargin-rightの両方が反映されます。
  8. ^ a b |style=引数の指定されたスタイルを除き、本テンプレートを使用しない場合と同様の表示となります。
  9. ^ 技術的には、Firefox 27が対応していない-ms-flex-flowflex-flowflex-direction: column;を上書きしています。

関連項目編集

外部リンク編集