メインメニューを開く

Template:Tracklist

#タイトル作詞作曲・編曲
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

使い方編集

使用する見込みのない引数は、使用の段階で除去してください。

{{tracklist
| id			= 
| collapsed		= 
| headline		= 
| extra_column		= 
| total_length		= 

| 1			= 
| all_writing		= 
| all_lyrics		= 
| all_music		= 
| all_arrangements	= 
| 2			= 

| writing_credits	= 
| lyrics_credits	= 
| music_credits		= 
| arrangements_credits	= 

| #1			=
| title1		= 
| note1			= 
| writer1		= 
| lyrics1		= 
| music1		= 
| arranger1		= 
| extra1		= 
| length1		= 

| #2			=
| title2		= 
| note2			= 
| writer2		= 
| lyrics2		= 
| music2		= 
| arranger2		= 
| extra2		= 
| length2		= 

...

}}

各項目の記入方法編集

パラメータ 説明
id idを指定できます。
collapsed 「collapsed = yes」と入力することで、トラックリストを折りたたむことができます。(JavaScript対応ブラウザのみ対応)
headline A面/B面、Disk1/2のように同じ作品において内容が分かれている場合に使用します。例:headline = A面、例:headline = Disc 2
extra_column 各トラックに作詞や作曲以外の情報を表示したい場合に使用します。「編曲」や、カバー・アルバムであれば「オリジナル・アーティスト」、サウンドトラックやコンピレーション・アルバムであれば「アーティスト」、リミックス・アルバムであれば「リミックス」などです。デフォルトでは無効になっていて表示されません。
total_length トラックリストの最下部に再生時間の合計を表示します。必ず"x:xx"(分:秒)の書式で指定し、{{duration}}は使用しないでください。なお、"auto"を指定するとlengthnから自動で計算します。
1
2
headlineの下に備考などを表示したい場合に使用します。
「1」は「all_lyrics」などの前に、「2」は「all_lyrics」などの後に表示します。
all_lyrics
all_music
all_writing
all_arrangements
「all_lyrics」は全トラックの作詞者が同一の場合に使用します。
「all_music」は全トラックの作曲者が同一の場合に使用します。
「all_writing」は全トラックの作詞・作曲の両方が同一の場合に使用します(上記2項目は自動的に無視されます)。
「all_arrangements」は全トラックの編曲者が同一の場合に使用します。
writing_credits
lyrics_credits
music_credits
arrangements_credits
"yes"をイコールで結ぶことで、作詞作曲編曲の項目がトラックリスト上部に表示されます。作詞者や作曲者、編曲者を入力する際に使用します。「writing_credits」と"yes"をイコールで結ぶと作詞・作曲の項目に統合されます。また「writing_credits」「music_credits」と"+arrangements"(または"+a"、"+編曲"、"・編曲")をイコールで結ぶと作詞・作曲・編曲または作曲・編曲になります。デフォルトでは無効になっていて表示されません。
titlen (例: title1, title2, etc.) 当該トラックの曲名(タイトル)を入力します。"#"は入力しなくても、自動的にナンバリングされます。B面の6曲目から始まるトラックリストを作成する場合は"title6 = タイトル"と始めます。
noten (例: note1, note2, etc.) タイトルの隣に "(小文字)" で括られる記述内容のための項目です。本国での原題国別ボーナストラックなどの表記に役立ちます。
writern
lyricsn
musicn
arrangern
個別トラックごとの作詞者や作曲者、編曲者、作詞・作曲者の名前を入力します。(上記のwriting_credits、lyrics_credits、music_credits、arrangements_creditsで該当するパラメータが"yes"になっていないと表示されません)
extran extra_columnで設定したものに対応する内容を入力します。
lengthn (例: length1, length2, etc.) "4:35"のように、当該トラックの再生時間を入力します。必ず"x:xx"(分:秒)の書式で指定し、{{duration}}は使用しないでください。
#n (例: #1, #2, etc.) トラック番号が通常とは異なる場合、その番号を入力します。
「BONUS TRACK」など長い語句を指定する場合はレイアウトが崩れないように<div style="font-size:75%; line-height:1.1; text-align:justify;>BONUS TRACK</div>などとしてください。

使用例編集

ビートルズのアルバム ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)編集

  • 条件1:トラックリストの折りたたみ。
  • 条件2:A面、B面…と同一アルバム内を分割し、ヘッドラインにタイトルを表示。
  • 条件3:全曲の作詞・作曲が同一であることを表記。

クイーンのアルバム グレイテスト・ヒッツ編集

1981年 英国盤
#タイトル作詞・作曲時間
1.ボヘミアン・ラプソディフレディ・マーキュリー
2.地獄へ道づれ(Another One Bites the Dust)ジョン・ディーコン
3.キラー・クイーンフレディ・マーキュリー
4.「ファット・ボトムド・ガールズ」ブライアン・メイ
5.「バイシクル・レース」フレディ・マーキュリー
6.マイ・ベスト・フレンドジョン・ディーコン
7.ドント・ストップ・ミー・ナウフレディ・マーキュリー
8.「セイヴ・ミー」ブライアン・メイ
9.愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)フレディ・マーキュリー
10.愛にすべてを(Somebody to Love)フレディ・マーキュリー
11.「ナウ・アイム・ヒア」ブライアン・メイ
12.「懐かしのラヴァー・ボーイ」(Good Old-Fashioned Lover Boy)フレディ・マーキュリー
13.「プレイ・ザ・ゲーム」フレディ・マーキュリー
14.フラッシュのテーマ(Flash)ブライアン・メイ
15.輝ける7つの海(Seven Seas of Rhye)フレディ・マーキュリー
16.ウィ・ウィル・ロック・ユーブライアン・メイ
17.伝説のチャンピオン(We Are the Champions)フレディ・マーキュリー
合計時間:
  • 条件1:再生時間の合計を自動計算。
  • 条件2:トラックごとの作詞・作曲者を表示。
  • 条件3:タイトル欄に原題を併記。

X(X JAPAN)のアルバム BLUE BLOOD編集

#タイトル作詞作曲時間
1.「Prologue (~ World Anthem)」YOSHIKIフランク・マリノ
2.「Blue Blood」YOSHIKIYOSHIKI
3.Week EndYOSHIKIYOSHIKI
4.「Easy Fight Rambling」白鳥瞳, TOSHIX JAPAN
5.「X」白鳥瞳YOSHIKI
6.Endless RainYOSHIKIYOSHIKI
7.YOSHIKIYOSHIKI
8.「XClamation」-HIDE, TAIJI
9.オルガスム白鳥瞳YOSHIKI
10.「Celebration」HIDEHIDE
11.「Rose of Pain」YOSHIKIYOSHIKI
12.「Unfinished」YOSHIKIYOSHIKI
  • 条件1:トラックごとの作詞者を表示。
  • 条件2:トラックごとの作曲者を表示。

小島麻由美編集

  • 2段組み

中ノ森文子編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年6月11日 Get the glory VTCL-35185 オリコン最高121位
2nd 2015年5月13日 flower BRMM-10012
  • 入れ子

関連項目編集