Theピーズ (ザ・ピーズ,The Pees)は、1987年に結成した日本のロックバンド1997年8月の東北ツアーを最後に一旦活動休止し、2002年7月に活動再開した。

Theピーズ
別名 The ピーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロックンロール
パンク・ロック
活動期間 1987年 - 1997年
2002年 -
レーベル ビクター
(1987年 - 1996年
キングレコード
(1996年 - 2007年)
たまぶくロカビリー倶楽部
(2007年 - )
公式サイト Theピーズ-たまぶくロカビリー倶楽部-
メンバー 大木温之ボーカルベース
安孫子義一ギター
佐藤シンイチロウドラムス
旧メンバー 後藤升宏 (ドラムス)
ウガンダ (ドラムス)
吉田武彦 (ドラムス)
土田小五郎 (ギター)
石原弘一 (ドラムス)
吉田明弘(ドラムス)

目次

概要編集

1980年代のバンドブームの中で生まれた数少ない現役バンドである。活動休止までの間はメンバー交代を繰り返していたが、活動再開後はメンバー交代はない。最高売上が2万枚と、一度も大ブレイクしたことはないが、長年メジャーレーベルで活動していた。

歌詞は、初期作品では、作詞作曲を手がける大木温之の、「音に乗る言葉でさえあればいい」と言う信念により性やくだらない日常の出来事を歌った歌詞がメインであったが、中期から活動休止期にかけては、ダメな自分、脱線した人生、焦り、なげやり、少しだけの希望といった自己の内面をさらけ出した詞が中心となっていく。特に中期では、「曲を作るたびに遺書のつもりで歌詞を書いた」と言い、10分を超える楽曲も見られる(初期の楽曲にもこういった傾向をうかがわせる予兆が見られる)。デビューから一貫して、難解な言葉を使わず、どんな複雑な事象や感情も、平易で短い言葉で表しきる歌詞作りがされている。

サウンド面では、まるで歌うようにうねりを効かせた大木のベースと気怠げなボーカル、安孫子のドライさと"泣き"を持ち合わせた感情豊かなギター、そしてパワーと安定感に溢れる佐藤のドラムで、50~70年代のロカビリーやロックンロールを彷彿させるものや、彼ら3人にしか生み出せない独特のロックサウンドを展開している。

若手ミュージシャンでは、銀杏BOYZ峯田和伸サンボマスターの山口隆などが、彼らに影響を受けたと公言している。また、ウルフルズトータス松本は「俺は一時期、はる(Ba&Vo大木温之)になりたかった」とインタビューで語っている。その他、芸能界では千秋田村亮ロンドンブーツ1号2号)がピーズ好きで有名であり、シングル「底なし」は田村亮の希望によって、あなあきロンドンブーツのタイアップとなったというエピソードがある。

文学界では芥川賞作家の絲山秋子が、自身の作品「逃亡くそたわけ」の中で歌詞を引用した。この作品は映画化され、作中で「日が暮れても彼女と歩いてた」をはじめとするピーズの曲が挿入歌として使用された。 小説家の伊坂幸太郎と映画監督の山下敦弘がそれぞれTheピーズの「実験4号」を下にした短編小説、映画を箱入り仕様で講談社から2008年に発売している。

メンバー編集

現在のメンバー編集

過去のメンバー編集

来歴編集

  • 1987年、大木、安孫子、後藤の3人で結成。当時のバンド名は「ジャコフ&ゲイリーズ」。下北沢屋根裏で初ライブ。
    のちにTheピーズに改名。その当時の歌詞の多くが、下ネタやくだらない事を綴ったものが比較的中心だった。
  • 1988年、そんな中、以前からグレイトリッチーズ、ポテトチップス、ディープ&バイツがやっていた“3バカバンドの○○”というライヴ・イベントに、ディープ&バイツのノリオがTheピーズも誘い込み、そのうちレピッシュアンジー、そして何故かBUCK-TICK等も参加していた“ポコチンロック”に対抗する様な形で、バカロックと呼ばれた一つのジャンル及びシーンを形成していった。
  • 1989年10月、ビクターより、シングル「バカになったのに」でデビュー。11月にはファーストアルバム『グレイテストヒッツ VOL.1』『グレイテストヒッツ VOL.2』を2枚同時リリース。オリジナルアルバムにもかかわらず、まるでベストアルバムであるかのようなタイトルが話題を呼ぶ。もっとも、収録されている曲は、ライブで演奏されていた人気曲ばかりで、その時点で発表されていた曲のほとんどを収録していることから、その時点でのベストアルバムとも呼べなくはない。12月、後藤が脱退。メジャーデビュー早々、活動休止に入る。
  • 1990年4月、新ドラマーのウガンダが加入。5月には全国ツアーを敢行し、9月に、シングル「いいコになんかなるなよ」と、アルバム『マスカキザル』を同時リリース。この当時、ウガンダのドラムの腕前は完全なる素人で、テンポ取りもまともに出来ない程であった。そのせいもあってか、このアルバムではミドルテンポの曲が多くを占めている。
  • 1992年4月、シングル「やりっぱなしでサイナラだBye Bye」、アルバム『クズんなってGO』を同時リリース。アルバムがオリコン初登場51位を記録。その後、2003年までの11年もの間、作品がチャートインすることはなかった。このアルバムから、ピーズの最大の特徴とも言える深い内省的な歌詞が出て来始めていることから、ひとつの転換期であったといえる。
  • 1993年、アルバム『とどめをハデにくれ』をリリース。このアルバムは、全9曲だが収録時間は50分を越えている。日記の一部を切り取ってきたような歌詞と、どこか哀愁漂うメロディーが特徴。ツアー開始直前にウガンダが脱退。2人で活動を行った。
  • 1994年、サポートドラム加入。この頃から活動休止まで頻繁にメンバー交代が行われた。ちなみに現在のドラマーである佐藤もレコーディングに参加していた時期がある。
  • 1996年キングレコードへ移籍。3月にアルバム『どこへも帰らない』をリリース。5月、「底なし」をシングルカット、同年安孫子脱退。
  • 1997年、アルバム『リハビリ中断』をリリース。活動休止を感じ取れる歌詞の通りに、その後のツアー終了後に活動休止した。休止の間、大木は居酒屋の店員をして生計を立てる。
  • 1999年ぢ・大黒堂の楽曲に大木がベーシストとして参加。トータス松本曰く「彼にとって久々の音楽活動だったので、ギグケースから出したベースの弦が錆びていた」。
  • 2001年、2枚44曲のベストアルバムと全14巻のヒストリービデオをリリース。ベストアルバムの選曲が大木によるものであることや、大木がサポートメンバーとして参加していた真心ブラザーズのライブでピーズの曲を披露するなど表立った活動が見られるようになってくるとともに、活動再開の声が大きくなる。
  • 2002年ROCK IN JAPAN FESTIVAL2002出演発表により活動再開が決定。7月、大木、安孫子、佐藤の3人による千葉LOOKでのライブをもって正式に活動再開。
  • 2003年3月、大木、佐藤、YO-KING真心ブラザーズ)、奥田民生の4人でイベント出演のためにO.P.KINGを結成。夏までの限定活動を行う。
  • 2007年6月9日、ゲストに奥田民生、YO-KING、真鍋吉明ウルフルケイスケトータス松本などを迎え、渋谷AXにて20周年記念ライブを行う。
  • 2011年は佐藤がthe pillowsの仕事が忙しいため、大木のみの「1人ピーズ」や佐藤または安孫子との「2人ピーズ」で活動する事も多かった。
  • 2012年6月9日に千葉LOOK、23日に日比谷野外音楽堂で25周年記念ライブを行う。また、7年ぶりにフルアルバム「アルキネマ」をリリースした。
  • 2016年12月19日、the pillows山中さわおのラジオ番組「Are You Ready To Rock」に大木と佐藤が出演した際、2017年6月9日に日本武道館にて30周年記念ライブを行うことを発表した。
  • 2017年フジテレビオンデマンドPARK」配信予定。

代表曲編集

バカになったのに
デビュー曲。2003年にヴィジュアル系バンドPlastic Treeがカバーしている。
実験4号
活動休止前のアルバム『リハビリ中断』に収録されている楽曲。「君と最悪の人生を消したい」という歌詞が印象的。1999年にウルフルズがカバーした。(アルバム『ラブソング・ベスト “Stupid & honest”』に収録。)
日が暮れても彼女と歩いてた
中期の代表曲で『とどめをハデにくれ』に収録されている。対バンライブの際に銀杏BOYZがカバーした。
シニタイヤツハシネ-born to die
『とどめをハデにくれ』のラストを飾る10分近くの大作。漢字だとインパクトが強すぎるというレコード会社からの注文でタイトルがカタカナになったというエピソードがある。
Yeah
結成当初からの曲で今でもライブで演奏されることの多い曲。ベストアルバムで再録されて、より自然なロックンロールになった。
生きのばし
活動再開後の代表曲。アルバム『Theピーズ』に収録され、ライブでも頻繁に演奏されている。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1989年10月21日 バカになったのに VDRS-1186 1.バカになったのに 2.いちゃつく2人 オリコン最高30位、登場回数3回
2nd 1990年9月21日 いいコになんかなるなよ VIDL-27 1.いいコになんかなるなよ 2.どっかにいこー オリコン最高79位
3rd 1992年4月21日 やりっぱなしでサイナラだBye Bye VIDL-93 1.やりっぱなしでサイナラだBye Bye 2.恋は水色 オリコン圏外
4th 1996年5月22日 底なし KIDS-278 1.底なし 2.やっとハッピー 3(bonus track). Yeah オリコン圏外
5th 2005年5月21日 耳鳴り -殉職バージョン- TRC-001 1.耳鳴り -殉職バージョン- ライブ会場限定発売
6th 2007年2月2日 アル中 TRC-003 1.アル中 ライブ会場限定発売
7th 2007年9月26日 日が暮れても彼女と歩いてた KICM-1218 1.日が暮れても彼女と歩いてた(2007 Version) 2.脳ミソ(Live Version) 3. グライダー(Remix Version) オリコン最高104位
8th 2007年12月15日会場先行発売
2007年12月24日全国発売
ゲロ犬ボウズ TRC-0004 1.ゲロサーフ 2.犬ゾリ 3.リトルボウズ ライブ会場、TOWER RECORD限定発売
9th 2008年5月4日会場先行発売
2008年8月13日全国発売
3連ノリタね(正式表記では「ね」に○) TRC-0005 1.3連休 2.ノンリタイヤ 3.でいーね  ライブ会場、TOWER RECORD限定発売
10th 2009年5月18日通販により先行発売
2009年6月3日全国発売
'09初夏盤 TRC-0006 1.ロンパリンラビン 2.絵描き 3.終便 4.初夏レゲ オリコン最高145位
11th 2010年3月4日 一人ピーズ~平成22年前橋coolfool正月にて~ TRC-0008 約80分弾き語り ライブ会場、通信販売限定発売
12th 2010年5月4日 44-5(しじゅうしご)盤 TRC-0009 1.雨のうた 2.脳ミソに愛を 3.道草くん 4.フンダカ ライブ会場、通信販売限定発売
13th 2011年1月9日 バカのしびれ TRC-0012 1.バカのしびれ 2.ハゲ出し 3.霧の中 ライブ会場、通信販売限定発売
14th 2011年8月2日 真空管トロピカル TRC-0013 1.真空管 2.トロピカル ライブ会場、通信販売限定発売
15th 2014年5月24日 赤羽48 TRC-0021 1.シャッター通り 2.テロメタン 3.温霧島(黒霧さらば中にて) 4.サゲちん ライブ会場、通信販売限定発売
16th 2014年11月3日 ‘14晩秋盤「アラフィフ記念」 TRC-0022 1.クリスマスに帰る 2.血の丸 3.ガケの上 ライブ会場、通信販売限定発売
17th 2015年10月18日 2015盤! TRC-0025 1.キャロ 2.羊狩り 3.グラズラ 4.夏の湖の ライブ会場、通信販売限定発売

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1989年11月21日
2004年09月22日(期間限定特別価格盤)
2012年06月23日(タワーレコード限定)
グレイテスト・ヒッツ VOL.1 VDRY-25501
VICL-41162:期間限定特別価格盤
NCS-831:タワーレコード限定
1.全部あとまわし 2.とりあえずここはいい気持ち 3.いちゃつく2人 4.もっともっと 5.ブリーチ 6.気ばらしのバット 7.中国たばこ 8.タクシー 9.汗まみれ 10.悪魔の渋谷 11.カリスマきどりだBaby 12.しげき的な日々 13.ブスだからいーや 14.あるいた 15.エッチ 16.バカになったのに オリコン最高28位
2nd 1989年11月21日
2004年09月22日(期間限定特別価格盤)
2012年06月23日(タワーレコード限定)
グレイテスト・ヒッツ VOL.2 VDRY-25502
VICL-41163:期間限定特別価格盤
NCS-832:タワーレコード限定
1.肉のうた 2.デブジャージ 3.NTT 4.パープー 5.バイブレーター 6.いーじゃん 7.このままでいよう 8.世紀末のうた 9.夢のリーゼント 10.そばにいたい 11.1等賞 12.かまわない 13.なっとーばかりくっててもいーのか 14.Yeah 15.カラーゲ 16.階段 オリコン最高30位
3rd 1990年9月21日
2004年09月22日(期間限定特別価格盤)
2012年06月23日(タワーレコード限定)
マスカキザル VICL-2010
VICL-41164:期間限定特別価格盤
NCS-833:タワーレコード限定
1.いいコになんかなるなよ 2.どっかにいこー 3.けばみ 4.やったなんて 5.マスカキザル 6.オナニー禁止令 7.Telしてこい 8.ぼけつ 9.いんらんBaby 10.バイ菌マン オリコン最高28位、登場回数3回
4th 1992年4月21日
2004年09月22日(期間限定特別価格盤)
2012年06月23日(タワーレコード限定)
クズんなってGO VICL-5125
VICL-41165:期間限定特別価格盤
NCS-834:タワーレコード限定
1.ふぬけた 2.ラブホ 3.電車でおでかけ 4.手を出せ 5.あの女 6.やりっぱなしでサイナラだBye Bye 7.クズんなってGO 8.まわりはついている 9.便所モンキー 10.ニューマシン 11.君は僕を好きかい 12.まったくたのしいぜGO GO 13.平和 オリコン最高51位
5th 1993年7月21日
2004年09月22日(期間限定特別価格盤)
2012年06月23日(タワーレコード限定)
とどめをハデにくれ VICL-422
VICL-41166:期間限定特別価格盤
NCS-835:タワーレコード限定
1.映画(ゴム焼き) 2.好きなコはできた 3.日が暮れても彼女と歩いてた 4.みじかい夏は終わっただよ 5.今度はオレらの番さ 6.井戸掘り 7.手おくれか 8.日本酒を飲んでいる 9.シニタイヤツハシネ-born to die オリコン圏外
6th 1996年3月23日 どこへも帰らない KICS-533 1.脳ミソ 2.底なし 3.どこへも帰らない 4.ザーメン 5.とどめをハデにくれ 6.負け犬 7.Hey君になにをあげよー 8.Get Back アブ 9.何も憶えてねー 10.やっとハッピー 11.じゃますんなボケ(何様ランド) 12.ハニー オリコン圏外
7th 1997年5月3日 リハビリ中断 KICS-613 1.線香花火大会 2.鉄道6号 3.実験4号 4.植物きどりか 5.ハトポッポ 6.ドロ舟 7.月面の主 8.赤羽ドリーミン(まだ目は醒めた) 9.見切り発車 10.反応ゼロ オリコン圏外
8th 2003年2月5日 Theピーズ KICS-991 1.生きのばし 2.ゴーラン 3.ブリロー 4.サイナラ 5.ひとりくらいは 6.バースデー 7.無力 8.ヒッピー 9.ギャンブル 10.使いのこし 11.喰えそーもねー 12.グライダー オリコン最高36位、登場回数4回
9th 2004年3月3日 アンチグライダー KICS-1067 1.バーゲン 2.ギア 3.Mr.カウパァ 4.残念賞 5.ブロイラー 6.妄想パーティー 7.ウチ帰れ 8.全速力で遠回し 9.眠る前に一発 10.脱線 オリコン最高52位
10th 2005年11月2日 赤羽39 KICS-1189 1.体にやさしいパンク 2.ノロマが走ってく 3.リサイクリン 4.東の窓 5.生きてれば 6.焼めし 7.クリスマス 8.グッタリしたいぜ 9.風の夜 10.40 11.耳鳴り 12.サマー記念日 オリコン最高71位
11th 2012年6月9日 アルキネマ TRC-0017 1.3度目のキネマ 2.アル中 3.絵描き 4.脳ミソに愛を 5.トロピカル(REMIX VERSION) 6.道草くん(REMIX VERSION) 7.ノンリタイア 8.リトルボウズ 9.幸せなボクら 10.ロンパリンラビン 11.でいーね 12.ゲロサーフ 13.雨の歌 14.3連休 15.霧の中(REMIX VERSION) 16.バカのしびれ 17.犬ゾリ(REMIX VERSION) 18.真空管(REMIX VERSION) 19.初夏レゲ オリコン最高40位、登場回数3回

ベストアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2001年1月10日 ブッチーメリー 1989‐1997 SELECTION SIDE A KICS-783 1.やりっぱなしでサイナラだBye Bye 2.いいコになんかなるなよ 3.エッチ 4.Yeah(江戸川橋セッション) 5.クズんなってGO 6.ザーメン 7.便所モンキー 8.やっとハッピー(REMIX VERSION) 9.このままでいよう 10.いんらんBaby 11.日本酒を飲んでいる 12.ハトポッポ 13.Hey君に何をあげよー 14.鉄道6号 15.負け犬 16.ふぬけた 17.ブリーチ 18.底なし 19.赤羽ドリーミン(まだ目は醒めた) 20.ドロ舟 21.手を出せ 22.日が暮れても彼女と歩いてた(LIVE AT ON AIR 1993) 23.バカになったのに(UNRELEASED STUDIO SESSION) オリコン圏外
2nd 2001年1月10日 ブッチーメリー 1989‐1997 SELECTION SIDE B KICS-784 1.脳ミソ 2.ニューマシン 3.とりあえずここはいい気持ち 4.やったなんて 5.肉のうた(UNRELEASED STUDIO SESSION) 6.ラブホ 7.ハニー 8.階段 9.マスカキザル 10.線香花火大会 11.恋は水色 12.バイブレーター 13.植物きどりか 14.どっかにいこー(LIVE AT ON AIR 1992) 15.実験4号 16.見切り発車 17.何様ランド(REMIX VERSION) 18.とどめをハデにくれ 19.シニタイヤツハシネ-born to die 20.君は僕を好きかい 21.月面の主 オリコン圏外

その他編集

発売日 タイトル 規格品番 備考
2003年7月30日 O.P.KING KICS-1027
SECL-14
KSCL-613
2曲目の「ミサイル畑で雇われて」はピーズのライブでも演奏される。
2003年8月27日 CAROL TRIBUTE UPCH-1276 CAROLのトリビュートアルバム。AKIMA & Theピーズ名義で「ラスト・チャンス」をカバー。
2004年9月16日 シンクロナイズド・ロッカーズ KICS-1103 the pillowsのトリビュートアルバム。Theピーズ with クハラカズユキ名義で「巴里の女性マリー」をカバー。
2005年03月04日 GALACTiKA 11 DGM-1011 DVD
2007年10月24日 奥田民生・カバーズ SECL-563 奥田民生のトリビュートアルバム。「MOTHER」をカバー。
2007年11月08日 ハンマーソングス~SPEEDSTAR RECORDS 15th ANNIV.COMPILATION~ VICL-62570 「クズんなってGO」収録
2008年9月24日 Sirius〜Tribute to UEDA GEN〜 VICL-62999 上田現のトリビュートアルバム。TOMOVSKYと共に「ドライブ」をカバー。
2010年09月08日 モテキ的音楽のススメ 中柴いつか 小宮山夏樹盤 NFCD-27286 「好きなコはできた」収録
2011年02月16日 Born in The '60s AVBD-91817 「とどめをハデにくれ」「実験4号」「焼きめし」収録
2012年04月11日 the pillows presents Born in The '60s 2011.10.09 at Zepp Sendai AVBD-91903 「真空管」「赤羽ドリーミン」「でいーね」収録
2014年10月22日 I LOVE FC MORE THAN EVER AICL-2751 フラワーカンパニーズのトリビュートアルバム。TOMOVSKYと共に「煮込んでロック」をカバー。

デモテープ編集

  • レッツゴー3匹!B面の魔力…… (1988年)
    「チキチキバンバン」収録。
  • やれやれ (1988年)
    「エッチ」「中国たばこ」収録。
  • ピクニック (1989年2月)
    16曲収録、400円。アマチュア時代最後のテープ。

VIDEO編集

発売日 タイトル 規格品番 備考
1991年12月16日 Live Video 常盤座 VIVL-570
2001年4月27日 Theピーズ Video (1) BZVM-1001
2001年5月25日 Theピーズ Video (2) BZVM-1002
2001年6月29日 Theピーズ Video (3) BZVM-1003
2001年8月1日 Live Video 常盤座 KIVM-268
2001年8月31日 Theピーズ Video (4) BZVM-1004
2001年10月26日 Theピーズ Video (5) BZVM-1005
2001年11月30日 Theピーズ Video (6) BZVM-1006
2001年12月28日 Theピーズ Video (7) BZVM-1007
2002年1月25日 Theピーズ Video (8) BZVM-1008
2002年2月28日 Theピーズ Video (9) BZVM-1009
2002年3月29日 Theピーズ Video (10) BZVM-1010
2002年4月26日 Theピーズ Video (11) BZVM-1011
2002年5月31日 Theピーズ Video (12) BZVM-1012
2002年6月28日 Theピーズ Video (13) BZVM-1013
2002年7月26日 Theピーズ Video (14) BZVM-1014

DVD編集

発売日 タイトル 規格品番 備考
2001年8月1日 Live Video 常盤座 KIBM-23 オリコン圏外
2004年9月23日 Theピーズ in HIBIYA KIBM-72 オリコン最高180位
2006年5月27日 男40記念 TRC-002 オリコン圏外
2007年6月6日 HIBIYA-REVENGE KIBM-137 オリコン最高132位
2009年10月4日 OFFICIAL BOOTLEG (1) TRC-0007
2010年8月13日 一人ピーズ+二人ピーズ TRC-0010
2010年11月20日 OFFICIAL BOOTLEG (2) TRC-0011
2011年9月18日 ヨサホイフォーエバー TRC-0014
2012年1月28日 OFFICIAL BOOTLEG (3) TRC-0015
2012年7月4日 Theピーズ20周年ライブ at SHIBUYA-AX TRC-0016 オリコン最高27位、登場回数回
2012年12月12日 OFFICIAL BOOTLEG (4) TRC-0018
2012年12月12日 Theピーズ 25周年野音 TRC-0019 オリコン最高210位
2013年10月12日 Theピーズ ONE MAN TOUR the2012秋巡業 TRC-0020
2015年2月21日 OFFICIAL BOOTLEG (5) TRC-0023
2015年10月18日 Mr.真空管半世紀記念DVD TRC-0024
2016年4月29日 OFFICIAL BOOTLEG (6) TRC-0026
2016年6月9日 OFFICIAL BOOTLEG (7) TRC-0027
2016年12月14日 大木兄弟【生誕50周年】特別記念LIVE! TRC-0028
2017年1月8日 OFFICIAL BOOTLEG (8) TRC-0029
2017年1月8日 OFFICIAL BOOTLEG (9) TRC-0030

未発表曲編集

  • チキチキバンバン
  • クイカイマニマニ
  • ヒコーキ
  • 酒屋のbaby (「ニューマシン」の原曲)
  • ジョニー
  • チムチムチェリー
  • アナルため息(大木がピーズ結成前にソロで作ったインスト曲。)

他多数。

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
浅川英郎 「サマー記念日」
浅川英郎 with Pete 311 「焼めし」
HIRO ITOH 「いいコになんかなるなよ」
柿史郎 「サイナラ」
木村真生 「3度目のキネマ」「絵描き」「日が暮れても彼女と歩いてた」「脳ミソに愛を」
PANDALIRA 「ギア」
不明 「バカになったのに」「実験4号」「底なし」「底なし (NEW VERSION)」「肉のうた」

主なライブ編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

  • 1996年 - The ピーズ・ツアー
  • 2003年 - ONE MAN LIVE2003
  • 2003年〜2004年 - ONE MAN LIVE 2003→2004
  • 2004年 - ONE MAN LIVE2004
  • 2005年 - ONE MAN LIVE2005
  • 2005年〜2006年 - ONE MAN LIVE2005−2006「男40記念」
  • 2006年 - ONE MAN LIVE日比谷野外音楽堂
  • 2007年 - ONE MAN LIVE2007
  • 2007年 - 20周年記念LIVE 渋谷AX
  • 2007年 - 晩秋シリーズ
  • 2007年 - ONE MAN LIVE2007「冬」
  • 2008年 - ONE MAN LIVE2008
  • 2008年 - ONE MAN LIVE2008「冬」
  • 2009年 - ONE MAN LIVE2009〜DVD[OFFICIAL BOOTLEG1]発売
  • 2010年 - ONE MAN LIVE2010「春」
  • 2011年01月09日〜01月22日 - Theピーズ 新春ワンマン東名阪仙2011
  • 2011年03月27日 - theピーズ 夜桜ワンマン~港編~
  • 2011年05月03日〜05月15日 - Theピーズ 初夏シリーズ2011
  • 2011年10月29日 - Theピーズ ワンマンライブ 三度目のキネマ
  • 2011年11月03日〜11月26日 - Theピーズ 晩秋シリーズ2011
  • 2012年02月04日〜03月17日 - Theピーズ 祝4半世紀♡春ラッシュ 2012!
  • 2012年06月09日 - 25周年!千葉!
  • 2012年06月23日 - 25周年野音
  • 2012年10月06日〜11月17日 - the2012秋巡業ぐるぐるニッポン夕焼け列島ハゲ出しの十番勝負、沖縄付き!
  • 2013年04月13日〜05月26日 - The年男達(48)の初夏
  • 2013年10月12日〜10月26日 - Theピーズ 2013The年男逹(48)の秋 ~ヘビよさらば→還暦ロックへ♪ま~た~ね~
  • 2014年05月06日〜06月15日 - Theピーズ、ワンマンツアー「2014初夏シリーズ 先輩佐藤50前!」
  • 2014年11月03日〜11月24日 - 晩秋シリーズ2014
  • 2015年02月21日 - 男49フィフ秒読み前! 二月のワンマン
  • 2015年04月17日〜05月16日 - ONEMAN LIVE2015「Mr真空管半世紀記念」
  • 2015年06月09日 - Theピーズ28周年ライブ
  • 2015年10月18日〜11月21日 - 晩秋シリーズ2015
  • 2016年01月10日〜02月07日 - 2016新春シリーズいらしゃいよろしくさるモンキー♪♪♪
  • 2016年05月03日〜06月26日 - 29周年東阪福ワンマン「2016初夏肉周年シリーズ」

出演イベント編集

  • 1988年12月31日 - NEW YEAR ROCK FESTIVAL 日本における 実力と 才能と すぐれた人間性とを持ち合わせた 最も要領の悪いアーティストの集会 16th 1988-1989
  • 1989年08月20日 - Rock'n Roll Olympic 1989
  • 1990年12月31日 - NEW YEAR ROCK FESTIVAL ☆正直者は バカを→→→→→→→見ない☆ 18th 1990-1991
  • 1991年08月18日 - Rock'n Roll Olympic 1991
  • 1991年12月31日 - NEW YEAR ROCK FESTIVAL ROCKヲ捨ててブタなんか 撃つ気にもなれねえよ!! 19th 1991-1992
  • 1992年12月31日 - NEW YEAR ROCK FESTIVAL 20周年記念!! E PARCEQUE!<それがどうした> 20th 1992-1993
  • 2002年08月10日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002
  • 2002年10月19日 - MINAMI WHEEL 2002
  • 2003年05月10日 - JAPAN CIRCUIT -Vol.12-
  • 2003年07月11日 - スペースシャワー列伝 第28巻 ~夏企画 男吼(おとこなき)の宴~
  • 2003年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003
  • 2003年08月31日 - RUSH BALL 2003
  • 2003年09月07日 - ARABAKI ROCK FEST.09072003
  • 2003年09月15日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2003
  • 2004年08月26日 - ロックロックこんにちは! Version8 他動発散 聴動開心
  • 2004年10月09日 - GOING TO ARABAKI ROCK FEST.2005 荒吐宵祭
  • 2004年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 04/05
  • 2005年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.04292005
  • 2005年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
  • 2005年08月20日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO
  • 2005年08月23日 - VINTAGE ROCK presents VINTAGE 2005
  • 2005年08月27日 - ロックロックこんにちは! Ver.Episode-Q
  • 2005年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 05/06
  • 2006年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.06
  • 2006年07月29日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '06 ~夏の魔物~
  • 2006年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
  • 2006年08月13日 - OTODAMA'06 ~音泉魂~
  • 2006年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07
  • 2007年03月24日・25日 - 怒髪天 presents デリバリー ブラッサム"熱血!九州便"
  • 2007年04月22日 - THE BACK HORN「KYO-MEI対バンツアー」~共に鳴らす夜~
  • 2007年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.07
  • 2007年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007
  • 2007年08月25日 - OTODAMA'07 ~音泉魂~
  • 2007年11月13日 - DOUBLEHEADER @ZEPP LEAGUE
  • 2007年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年04月19日 - 怒髪天 トーキョーブラッサムスペシャル"男盛ノ花盛 in 野音"
  • 2008年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST.08
  • 2009年03月14日 - フラワーカンパニーズ×ピーズ ヨサホイツアー
  • 2009年04月19日 - CAPITAL RADIO'09 ~DAY2~
  • 2009年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST.09
  • 2009年05月05日 - 想う壺音泉! ~OTODAMA'09 掛け湯編~
  • 2009年06月24日 - the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 04 "SYNCHRONIZED TOUR"
  • 2009年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年09月05日 - OTODAMA'09 ~音泉魂~
  • 2009年12月12日 - フラワーカンパニーズ シリーズ・人間の爆発2009末
  • 2010年05月02日 - ARABAKI ROCK FEST.10
  • 2010年06月20日 - CAPITAL RADIO '10 in OSAKA
  • 2010年08月13日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO
  • 2010年09月04日 - OTODAMA'10 ~音泉魂~
  • 2010年09月25日 - ガガガSP 長田大行進曲
  • 2010年09月27日〜10月10日 - the pillows presents "Born in The '60s Tour"
  • 2010年12月27日 - SPC presents ~bootleg theater vol.4~Friends Forever
  • 2010年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 10/11
  • 2011年02月11日・02月28日 - CRACK The MARIAN OVER 40's TEDDY BOY TOUR
  • 2011年04月23日 - MUSIC DISTRIBUTION for SENDAI
  • 2011年07月23日 - MOGAMI ROCK FESTIVAL'11
  • 2011年08月20日 - Re:mix 2011
  • 2011年08月27日 - ARABAKI ROCK FEST.11
  • 2011年09月25日 - ガガガSP 長田大行進曲 2011
  • 2012年04月28日 - ARABAKI ROCK FEST.12
  • 2012年05月05日 - COMIN'KOBE12
  • 2012年08月04日 - 夏のVIVA YOUNG! 5DAYS!! 2012 「ROCK' IN SKANKIN' JAPAN」
  • 2012年08月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
  • 2012年09月09日 - OTODAMA'11-'12 ~音泉魂~
  • 2012年12月14日 - 大木兄弟生誕47周年記念(「2人ピーズ」名義)
  • 2013年01月20日 - JUNGLE☆LIFE presents"生きのば新春パーティー"
  • 2013年03月19日 - TOKYO NIGHT SHOW
  • 2013年04月07日 - CAPITAL RADIO '13
  • 2013年04月28日 - ARABAKI ROCK FEST.13
  • 2013年07月15日 - Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary "QUATTRO QUARTER"
  • 2013年09月01日 - the pillows presents "Born in The '60s 2013"
  • 2013年09月21日 - フラワーカンパニーズ presents「DRAGON DELUXE 2013」
  • 2013年10月05日 - MEGA☆ROCKS 2013
  • 2013年12月22日 - noodles presents "OFF THE WALL vol.14 in SENDAI"
  • 2013年12月24日 - 大木兄弟生誕48周年記念
  • 2014年02月08日 - 中年だらけのバレンタイン☆チョコレートより若さが欲しいよ
  • 2014年02月09日 - CAPITAL RADIO '14 きさらぎ編
  • 2014年02月23日 - ワタナベマモル生誕50周年&「マディーウォーターズ」発売ツアー
  • 2014年03月01日・02日 - Different Strokes
  • 2014年04月27日 - ARABAKI ROCK FEST.14
  • 2014年05月08日 - ThAnX! AX! Clim-AX!
  • 2014年08月10日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
  • 2014年09月06日 - OTODAMA'14 ~音泉魂~
  • 2014年12月14日 - Que20th記念『OPEATION MAGOKORO』 大木兄弟49周年記念
  • 2015年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST.15
  • 2015年04月28日 - KYOTO MUSE 25th ANNIVERSARY "25SOULS"
  • 2015年06月28日 - MANGADORON×M☆N☆T「手遅れの風景」(「一人ピーズ」名義で出演)
  • 2015年07月19日 - CLUB Que夏ノ陣 VSシリーズ vol.8 ~RETURN TO NATURAL~
  • 2015年09月18日 - New Acoustic Camp 2016(「一人ピーズ」名義で出演)
  • 2015年10月24日 - CAPITAL RADIO '15~ゆめ半島千葉ナイト~
  • 2015年12月23日 - えびすロックフェスティバル'15
  • 2016年01月23日 - 忘れらんねえよ ツレ伝ツアー2016
  • 2016年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.16
  • 2016年05月05日 - 宮下俊平 生誕40周年記念祭
  • 2016年05月14日 - 【50Kinds of Rock Life】“50祭”
  • 2016年05月22日 - WALK INN STUDIO presents WALK INN FES! 2016
  • 2016年06月19日 - O.Y.Z NO YAON
  • 2016年07月17日 - JOIN ALIVE 2016
  • 2016年08月06日 - 夏のビバヤング!4DAYS

外部リンク編集