メインメニューを開く

The International(ジ・インターナショナル)はDota 2における世界選手権であり、毎年8月に開催されるeスポーツ大会であり、世界最高賞金総額を誇る大会でもある。

目次

歴史編集

The Internationalは2011年にゲームズコムの行事としてドイツケルンではじめて開催され、2012年以降はValve Corporationの本社に程近いシアトルで開催されている。

TI1編集

第1回大会は優勝賞金100万ドルで行われ、ウクライナのNatus Vincereが優勝した。

TI2編集

2012年の第2回大会はシアトル交響楽団の本拠地ベナロヤ・ホールで開催。中国のInvictus Gamingが制覇。

TI3編集

2013年の第3回大会もベナロヤ・ホールで開催。スウェーデンのAllianceが世界一に輝く。

TI4編集

2014年の第4回大会は舞台をキーアリーナに移し、期間中5万人以上の観衆が集められ、優勝賞金も500万ドルを超えた。中国のNewbeeが制覇。

TI5編集

2015年の第5回大会は時期を7月に移動。総額も1800万ドル超となる[1]。地元アメリカのEvil Geniusesが制覇。

TI6編集

2016年の第6回大会は再び8月に戻し、賞金総額2000万ドル超[2]、優勝賞金も900万ドルを超えた。中国のWingsがDCを下し初制覇。

TI7編集

2017年の第7回大会は再び8月開催、史上最速で賞金総額2000万ドルを超え、優勝賞金も1000万ドルを超えた。欧州代表のチームリキッドが優勝した。

TI8編集

2018年の第8回大会はカナダ・バンクーバーのロジャーズ・アリーナで開催。優勝決定戦でOGがPSG.LGDを下し初優勝。

TI9編集

2019年の第9回大会は中国上海市のメルセデス・ベンツアリーナで開催予定。

大会フォーマット編集

大会は各大陸予選(アメリカ、CIS、中国、東南アジア、欧州)およびDotaプロサーキットのシーズン総合上位チームの計18チームで争う。試合はグループステージは2セットマッチ、メインイベントは3セットマッチ。ただしロアーラウンド1回戦のみ一発勝負で、優勝決定戦(グランドファイナル)のみ5セットマッチ。各組上位4チームがアッパーラウンド5-8位チームはロアーラウンドへと進出するが、最下位チームは敗退。メインイベントはダブル・エリミネーション方式で実施される。

メディア編集

The InternationalはTwitchを通じて生中継されているほか、2014年以降はESPN2およびWatchESPNでも中継を行っている。

脚注編集

  1. ^ Phil Savage (2015年7月21日). “The International 2015 prize distribution announced”. PC Gamer. 2015年7月21日閲覧。
  2. ^ Dota 2's $20 Million International Starts Today”. IGN. 2016年8月4日閲覧。

外部リンク編集