The International(ジ・インターナショナル)はDota 2における世界選手権であり、毎年8月に開催されるeスポーツ大会であり、世界最高賞金総額を誇る大会でもある。

歴代優勝編集

 
優勝杯
Year Champion 総額 Date Venue Location
2011   Natus Vincere[1] $1,600,000 August 17–21 ケルンメッセドイツ語版[2] ケルン
2012   Invictus Gaming[3] August 31–September 2 ベナロヤ・ホール[4] シアトル
2013   Alliance[5] $2,874,380 August 7–11
2014   Newbee[6] $10,923,977 July 18–21 キーアリーナ[7]
2015   Evil Geniuses[8] $18,429,613 August 3–6
2016   Wings Gaming[9] $20,770,460 August 3–13
2017   Team Liquid[10] $24,787,916 August 7–12
2018   OG[11] $25,532,177 August 20–25 ロジャーズ・アリーナ[12] バンクーバー
2019   OG $34,000,000+ August 20–25 Mercedes-Benz Arena[13] 上海市
2020 TBD TBD TBD グローベン[14] ストックホルム

歴史編集

The Internationalは2011年に第1回大会がゲームズコム会場で行い、優勝賞金100万ドルで行う。

第2回大会はシアトル交響楽団の本拠地ベナロヤ・ホールで開催。

第4回大会は舞台をキーアリーナに移し、期間中5万人以上の観衆が集められ、優勝賞金も500万ドルを超えた。第5回大会は時期を7月に移動。総額も1800万ドル超となる[15]

第6回大会は再び8月に戻し、賞金総額2000万ドル超[16]、優勝賞金も900万ドルを超えた。第7回は史上最速で賞金総額2000万ドルを超え、優勝賞金も1000万ドルを超えた。第8回大会はカナダ・バンクーバーのロジャーズ・アリーナで開催。第9回大会は中国上海市のメルセデス・ベンツアリーナで開催。初めて賞金総額が3000万ドルを突破。優勝戦でOGがリキッドを3-1で破り連覇を達成。

第10回大会はスウェーデン・ストックホルムのグローベンで開催予定。

大会フォーマット編集

大会は各大陸予選(アメリカ、CIS、中国、東南アジア、欧州)およびDotaプロサーキットのシーズン総合上位チームの計18チームで争う。試合はグループステージは2セットマッチ、メインイベントは3セットマッチ。ただしロアーラウンド1回戦のみ一発勝負で、優勝決定戦(グランドファイナル)のみ5セットマッチ。各組上位4チームがアッパーラウンド5-8位チームはロアーラウンドへと進出するが、最下位チームは敗退。メインイベントはダブル・エリミネーション方式で実施される。

メディア編集

The InternationalはTwitchやSteamTVを通じて生中継されているほか、2014年以降はESPN2およびWatchESPNでも中継を行っている。

脚注編集

  1. ^ The International goes to China for 2019 championships”. Polygon. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ Miozzi, CJ (2011年8月1日). “Valve Announces DOTA 2 Gamescom Tournament”. Game Front. オリジナルの2013年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131224105535/http://www.gamefront.com/valve-announces-dota-2-gamescom-tournament/ 2014年2月22日閲覧。 
  3. ^ The end of Na Vi reign: Invictus Gaming champions team then and now”. Medium.com. 2019年7月12日閲覧。
  4. ^ Hafer, T.J. (2012年5月11日). “The International Dota 2 Championships 2012 to be held at PAX Prime this August”. PC Gamer. 2014年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  5. ^ The International attracts more than 1 million viewers”. Polygon. 2019年7月12日閲覧。
  6. ^ Dota 2 team Newbee just won The International 4 — along with the largest eSports prize pool in history”. Polygon. 2019年7月12日閲覧。
  7. ^ Williams, Katie (2014年3月31日). “Valve Announces Dates, Location, and Ticket Prices for The International 2014”. IGN. 2014年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月1日閲覧。
  8. ^ Evil Geniuses win The International Dota 2 Championship 2015”. SB Nation. 2019年7月12日閲覧。
  9. ^ Walker, Dylan (2016年8月13日). “Wings Gaming wins the Dota 2 International 2016, nearly $10 million in prize money”. Yahoo! esports. Yahoo!. 2016年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。
  10. ^ Rose, Victoria (2017年8月12日). “How Team Liquid swept The International 2017 Grand Finals for the $10.8M prize”. PC Gamer. 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  11. ^ Tournament Underdogs Won This Year's Dota 2 International”. Kotaku. 2018年8月27日閲覧。
  12. ^ The International 8 to take place August 20–25 in Vancouver”. The Flying Courier. Polygon. 2018年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月16日閲覧。
  13. ^ The Dota 2 International 9 will take place in Shanghai, China”. ShackNews. 2018年8月25日閲覧。
  14. ^ Reddy, Wykrhm (2019年8月25日). “The International 2020 is coming to the Globen in Stockholm, Sweden — the tenth edition of the grand annual celebration of Dota returns to Europe for the first time since 2011. #TI10pic.twitter.com/TedTsNnW6e” (英語). @wykrhm. 2019年8月25日閲覧。
  15. ^ Phil Savage (2015年7月21日). “The International 2015 prize distribution announced”. PC Gamer. 2015年7月21日閲覧。
  16. ^ Dota 2's $20 Million International Starts Today”. IGN. 2016年8月4日閲覧。

外部リンク編集