The Seeing Eye, Inc.(ザ・シーイング・アイ・インク)は、1929年に、ドロシー・ユースティスによって設立された世界最古の盲導犬協会。アメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウンに本部を置く。

実績も突出しており現在までに10,000組以上の視覚障害者と盲導犬のペアを送り出している。

概要編集

アメリカの女性ドロシー・ハリソン・ユースティスにより設立。スイスに住んでいた時、ジャーマンシェパード犬を学校で訓練し、第一次世界大戦退役軍人用にあてがった。犬を訓練し目の不自由な退役軍人を誘導するという、この学校で起こった出来事を1927年11月5日のサタデイ・イブニング・ポスト紙で「The Seeing Eye」というタイトルの下に記事を投稿。すぐあとにアメリカのテネシー州に住むモリス・フランクがドロシーに連絡をとり、彼の盲導犬を訓練してほしいと頼んだ。これがきっかけとなり、スイスとアメリカにザ・シーイング・アイ・インクを設立する。

盲導犬として訓練されるのは主にジャーマンシェパード犬やラブラドールレトリバーゴールデンレトリバーの各種。時々ボクサー犬など雑種もいる。子犬はボランティアによって育てられる。

外部リンク編集