メインメニューを開く

They武道(ぜいぶどう)とは、ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.の3人組の男性アイドルグループである。

They武道
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2008年11月11日[1] - 2016年11月10日[2]
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 江田剛
山本亮太
林翔太
旧メンバー 高橋竜

目次

メンバー編集

生年月日順

  • 江田剛(えだつよし、1987年10月24日 - 、大阪府出身、A型)[3][4]
  • 山本亮太(やまもとりょうた、1989年11月14日 - 、千葉県出身、A型)[3][4]
  • 林翔太(はやししょうた、1990年2月8日 - 、神奈川県出身、A型)[3][4]

過去のメンバー編集

  • 高橋竜(たかはしりゅう、1991年8月21日 - 、埼玉県出身、O型)[4]

略歴編集

  • 2008年11月11日[1]M.A.D.の江田剛、山本亮太[注 1]、林翔太とMADEの高橋竜の4人でThey武道が結成される[4]。グループ名の“They”はメンバーの頭文字から取られているが、“武道”の由来は本人たちも把握していない[5]。『ザ少年倶楽部』でこの4人での結成が知らされ、最初の仕事は滝沢秀明の『愛・革命』のPV撮影だった[6]。その後、バックダンサーとしてNEWSのコンサートツアーに大分公演から参加したり[6]今井翼のコンサートツアーに参加[5]。雑誌『Wink up』では2009年3月号でグラビア初登場している(取材は2009年1月中旬)[6]
  • 2012年夏に[要出典]高橋が事務所を退所してからは3人で活動。メンバーの江田は、この時とその後『ジャニーズ銀座』に屋良朝幸と共演し、たくさん怒られたことがグループの転機になり、3人が同じ方向を向くようになったと述べている[2]
  • 2014年、『ジャニーズ銀座』で初のユニット単独ライブを敢行[1]。12月25日より、ジャニーズ事務所の公式サイト『Johnny's web』にてThey武道のグループ連載「Theyたくなひととき」が開始された。
  • 2016年、They武道結成日の11月11日に新たなグループ・宇宙Sixを結成し、They武道としての活動を終了[2]。これはメンバーが自分達で決めた「変革」であるという[2]

出演編集

ミュージック・ビデオ編集

舞台・コンサート編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2009年6月発売の『duet』2009年7月号では、They武道、M.A.D.舞闘冠の活動を並行していると述べている[4]

出典編集

  1. ^ a b c 「ジャニーズJr.には皆さんが必要」と安井謙太郎が告白”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年7月24日). 2018年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 「Johnny's Jr 徹底解剖 File.2 宇宙Six 江田剛」『dance SQUARE』第16巻、日之出出版、2016年11月26日、 69-74頁。
  3. ^ a b c 『ジャニーズJr.カレンダー 2015.4-2016.3』巻末プロフィール、学研マーケティング、2015年
  4. ^ a b c d e f 「ANOTHER STAGE! “改めまして”の自己紹介」『duet』2009年7月号、ホーム社、2009年6月6日、 120頁。
  5. ^ a b c 「めざせ!太陽のようなユニット!」『duet』2009年8月号、ホーム社、2009年7月7日、 90頁。
  6. ^ a b c d ATSUKO NISHIKAWA「get going」『Wink up』2009年3月号、ワニブックス、2009年2月7日、 84頁。
  7. ^ 『PLAYZONE2009 太陽からの手紙』公開ゲネプロ”. シアターガイド (2009年7月17日). 2017年11月28日閲覧。
  8. ^ その他の出演者はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  9. ^ 内博貴らジャニーズJr.による、森光子『放浪記』の代替公演が決定”. シアターガイド (2010年3月29日). 2018年8月9日閲覧。
  10. ^ 少年たち 格子なき牢獄 A.B.C-Z vs 関西ジャニーズ (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月9日閲覧。
  11. ^ 滝沢演舞城 2013”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2013年). 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  12. ^ シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  13. ^ 2013 日生劇場9月公演 (PDF)”. ANOTHER. 松竹 (2013年). 2016年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  14. ^ 日生劇場『PLAYZONE→IN NISSAY』”. PLAYZONE→IN NISSAY. 東宝 (2014年). 2014年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  15. ^ Concert / Stage「ジャニーズ銀座 2014」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  16. ^ ジャニーズ銀座 2014”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  17. ^ PLAYZONE 1986・・・・2014 ★ありがとう!〜青山劇場★”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  18. ^ キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎 10th Anniversary. 松竹. 2015年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  19. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2015年4月26日). 2017年11月28日閲覧。
  20. ^ 今年はTravis Japan、SixTONESらが出演、「ジャニーズ銀座2016」”. ステージナタリー (2016年3月5日). 2017年11月28日閲覧。
  21. ^ 日生劇場『ABC座2016 株式会社応援屋〜OH&YEAH〜』”. ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜. 東宝 (2016年). 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。