メインメニューを開く

Timeless』(タイムレス)は、UVERworldの1枚目のオリジナルアルバム2006年2月15日gr8!recordsから発売された。2006年11月22日には、2006年12月29日までの期間限定で『Timeless(Special Edition)』も発売。

Timeless
UVERworldスタジオ・アルバム
リリース
録音 2005年9月15日 - 12月中旬
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル gr8!records
プロデュース UVERworld
中山千恵子
平出悟
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • UVERworld アルバム 年表
    Timeless
    (2006年)
    BUGRIGHT
    2007年
    『Timeless』収録のシングル
    1. D-tecnoLife
      リリース: 2005年7月6日
    2. CHANCE!
      リリース: 2005年10月26日
    3. just Melody
      リリース: 2006年1月25日
    テンプレートを表示

    内容編集

    タイトルの意味は「10年後、20年後に聞いても良いと思える、色褪せない、賞味期限のないアルバム」という意味がある。これまでに発売されたシングルからカップリング曲も含めて4曲を収録。

    このアルバムでは、1stシングル「D-tecnoLife」、2ndシングル「CHANCE!」、3rdシングル「just Melody」と3つのシングル曲が収録されており、そのうちの「just Melody」はアルバムバージョンである。

    2006年3月には、このアルバムをひっさげて初の全国ツアー"UVERworld Timeless TOUR 2006"を行った。初回仕様は、豪華3面デジパック・写真入り28Pブックレット付である。撮影地はAJINOMOTO STADIUM

    キャッチコピーは、「大ヒットしたBLEACH主題歌を含む待望のデビュー・アルバム!」。

    収録曲編集

    CD
    1. CHANCE! [4:30]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      2ndシングル。PSP用ゲームソフト『BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル〜2』主題歌に起用され、連続テレビドラマ『ダンドリ娘』のエンディングテーマ曲に、主題歌であるUVERworldの5thシングルの「SHAMROCK」と共に起用された。
    2. トキノナミダ[3:43]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:克哉 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      初の克哉単独作曲。克哉が東京に上京して1年経ったときの心境を物語っている曲。
    3. Rush[3:24]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      真太郎曰く、「若さを全面に出した曲」。ほぼ一発OKで出した曲であり、アドリブなども入っている。
    4. D-tecnoLife[3:53]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      1stシングル。テレビ東京系連続テレビアニメ『BLEACH』オープニングテーマ。
    5. 優しさの雫[5:04]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      UVERworld初のバラード曲。インディーズ時代にCDとして発売された。間奏のサックスソロは、当時サポートメンバーだった誠果が実際に披露している。6thシングル「君の好きなうた」には、カップリング曲にアコースティックバージョンとして「優しさの雫 <アコースティック version>」が収録されている。
    6. ai ta 心 (Album Version)[3:16]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      1stシングル「D-tecnoLife」のカップリング曲「ai ta 心」のアルバムバージョン。間奏が短くなっており、歌詞も多少アレンジされている。
    7. Burst[2:53]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      ライブでは定番となった曲。ライブでこの曲を歌うときに、終盤あたりの間奏でメンバーとファンが一斉に連続でジャンプする部分がある。このジャンプもライブでは定番となっている。
    8. Nitro[3:34]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      ライブの定番曲。2006年の9月12日に行われた、滋賀県のラジオ局e-radio主催の、HUCKLEBERRYでのライブイベント"〜High 10sion e-radio presents〜 UVERworld Premium Live"に冒頭で披露された。この時、e-radioの投票で1位になった。曲名の由来は名前通り「ニトログリセリン」。
    9. just Melody (Album Version)[5:38]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      3rdシングルのアルバムバージョンであり、TAKUYA∞と彰が初めて合同で制作した曲。シングルバージョンよりイントロが長くなっている。
      ちなみに、この長いイントロはUVERworldの前身であるsound極road時代に作った「癒音」と同じである。
    10. Lump Of Affection[4:25]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      インディーズ時代から存在した曲。メッセージ性が強く、この世の中で苦しみながら生きている、不良やニート、自殺などといった社会問題に対して歌っている曲である。インディーズ時代のタイトルは「LAMP OF AFFECTION」。
    11. [5:29]
      • 作詞:TAKUYA∞ , Alice ice / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      インディーズ時代の2002年頃から存在した曲。インディーズ時代の扉のタイトル名は「TOVILA(〜tie senses〜)」。今でも死んでいない曲だったためアルバムに入れたとTAKUYA∞は語る。
    12. SE[3:10]
      • 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      器楽曲に近い構成になっている、インストナンバー。ライブでの出囃子によく使われていたが、"UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007"を最後に使われなくなり、次のライブからは殆ど3rdアルバム『PROGLUTION』収録の「to the world (SE)」が使用されている。しかし、初の日本武道館公演となる"POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at NIPPON BUDOKAN"と、同じく初の大阪城ホール公演となる"POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at OSAKA-JO HALL"ではライブの初めに「SE」が使用された。45秒目ほどに流れる「UVERworld」という声でファンは一気に盛り上がる。また、UVERworld初のライブDVD『LIVE at SHIBUYA-AX from Timeless TOUR 2006』や、6thシングル「君の好きなうた」の初回生産限定版の付属DVD「2006 TOUR DOCUMENT」や、ネット配信限定の番組「UVER家のTV」の最初の放送の冒頭でよく流される曲でもある。歌詞は存在しない。このアルバムのボーナストラックである。
    13. D-tecnoLife (Album Version)[4:33]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      前曲「SE」と繋がっている。曲の最初に、ライブのアンコール時の最後の曲を歌うようなTAKUYA∞の語りが入る。このCDだと曲の出だしに「BREAK OUT」と聞こえる箇所があるが、ライブでは一度も言ったことが無く、2ndアルバムのタイトルにもなった"BUGRIGHT"といっている。イントロの部分がインディーズ時代のバンド、sound極road時代の曲「D-tecnoRize」という曲のイントロに非常に似ており、このアルバムバージョンの曲は「D-tecnoRize」を元に作られた曲と思われる。「SE」と同様、このアルバムのボーナストラックである。

    Timeless(Special Edition)編集

    Timeless(Special Edition)
    UVERworld再発盤アルバム
    リリース
    ジャンル ロック
    オルタナティブ・ロック
    ミクスチャー・ロック
    ポップ・ロック
    時間
    レーベル gr8!records (SMR)
    プロデュース UVERworld、中山千恵子
    チャート最高順位
    • 週間32位(オリコン
    • 登場回数8回(オリコン)
    テンプレートを表示

    2006年11月22日には、2006年12月29日までの期間限定で、1stスタジオ・アルバム『Timeless』に収録された1stシングル「D-tecnoLife」から3rdシングル「just Melody」のPVなどを収録したDVD付の完全版を発売。

    キャッチコピーは、『デビューアルバムDVD付完全版!期間限定!

    収録内容編集

    CD
    1. CHANCE!
    2. トキノナミダ
    3. Rush
    4. D-tecnoLife
    5. 優しさの雫
    6. ai ta 心 (Album Version)
    7. Burst
    8. Nitro
    9. just Melody (Album Version)
    10. Lump Of Affection
    11. SE
    12. D-tecnoLife (Album Version)
    DVD
    1. D-tecnoLife
      「D-tecnoLife」のPV映像。
    2. CHANCE!
      「CHANCE!」のPV映像。
    3. just Melody
      「just Melody」のPV映像。
    4. welcome to UVERworld〔complete〕
      3rdシングル「just Melody」の初回仕様限定盤のDVDに収録された「WELCOME TO UVERworld」を再編集したものに、アルバムについてのインタビューを追加したものを収録。今回、3rdシングル版に収録されていたシークレットライブの映像は未収録となった。

    参加ミュージシャン編集

    UVERworld
    Additional Musician

    関連項目編集