TrES-4は、直径が木星の1.7倍以上ある、最大級の太陽系外惑星の一つである。TrES-4よりも直径の大きいものにはWASP-12bWASP-17bカメレオン座CT星b英語版[注 1]おおかみ座GQ星b英語版などがある。食検出法によってローウェル天文台で2006年に発見され、2007年に公表された。ヘルクレス座の方向に、地球から1400光年の位置にある[1]

TrES-4
星座 ヘルクレス座
発見
発見日 2006年-2007年
発見者 Mandushev et al.
発見場所 アメリカ合衆国の旗アリゾナ州ローウェル天文台
発見方法 食検出法
現況 公表
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.05091 ± 0.00071 au
離心率 (e) 0
公転周期 (P) 3.553945 ± 0.000075 日
軌道傾斜角 (i) 82.86 ± 0.33 °
準振幅 86.1 m/s
GSC 02620-00648 Aの惑星
主星
スペクトル分類 F8
位置
赤経 (RA, α)  17h 53m 13s
赤緯 (Dec, δ) +37° 12′ 42″
距離 1400 ± 200 光年(430 ± 60 pc
物理的性質
半径 1.799 ± 0.063 RJ
質量 0.919 ± 0.073 MJ
表面重力 2.867 ± 0.038 g
表面温度 1782 ± 29 K
Template (ノート 解説) ■Project

TrES-4は主星の周りを3.543日に一度公転し、食を起こす。木星の0.919倍の質量であるが、直径は1.799倍であるため、平均密度は0.333g/cm3しかなく、土星の衛星であるメトネとほぼ同じである。そのため発見時は、知られている中で最も直径が大きく最も密度の小さい惑星であった[1][2]が、2009年5月1日にWASP-17bが発見されたために記録を超えられた。

TrES-4の軌道半径は約730万kmで、表面温度は1300℃と推定されているが、TrES-4がなぜこれほど大きいのかは現在分かっていない。

TrES-4の主星の質量は太陽の1.22倍である。水素を使い果たし、赤色巨星になり始めている。数十億年以内にはTrES-4を飲み込むと考えられている。

2008年の研究ではGSC 02620-00648惑星系では、連星系のようになっていることが判明し、正確な数値を求めることができた[2]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 褐色矮星である可能性がある。

出典編集

  1. ^ a b Mandushev, Georgi (2007). “TrES-4: A Transiting Hot Jupiter of Very Low Density”. The Astrophysical Journal Letters 667: L195–L198. arXiv:0708.0834. Bibcode2007ApJ...667L.195M. doi:10.1086/522115. 
  2. ^ a b Daemgen, S.; Hormuth, F.; Brandner, W.; Bergfors, C.; Janson, M.; Hippler, S.; Henning, T. (2009). “Binarity of transit host stars - Implications for planetary parameters”. アストロノミー・アンド・アストロフィジックス 498: 567–574. arXiv:0902.2179. Bibcode2009A&A...498..567D. doi:10.1051/0004-6361/200810988. http://www.mpia.de/homes/henning/Publications/daemgen.pdf. 

外部リンク編集