trf 〜THIS IS THE TRUTH〜』(ティーアールエフ・ディス・イズ・ザ・トゥルース)は、trfのデビューアルバムである。1993年2月25日発売。発売元はavex trax

trf 〜THIS IS THE TRUTH〜
trfスタジオ・アルバム
リリース
録音 1992年11月 - 12月[1]
FREE STUDIO (YOKOHAMA, TSUKIJI)
STUDIO AVR
STUDIO JIVE
BAY BRIDGE STUDIO
ジャンル レイブ
テクノ
ハードコアテクノ
ハウス
時間
レーベル avex trax
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
trf アルバム 年表
trf 〜THIS IS THE TRUTH〜
(1993年)
EZ DO DANCE
(1993年)
trf 〜THIS IS THE TRUTH〜』収録のシングル
テンプレートを表示

解説編集

  • キャッチコピーは「おそらくこのアルバムが日本のダンス・シーンを大きく変える。」と打たれた[2]
  • 小室は「運命的な出会いと言ってもいいだろう。テクノ・ハウスは僕を触発し、シンセサイザーに別の生命を与えた。その時確かに、自分の中から新たな可能性が湧き出てくる感触を得たのだ。一方、テクノ・ハウスの舞台となるレイヴシーンは、その名の通り、レボリューション・ライヴとしての魅力にあふれている。『テクノ・ハウス&レイヴ』をコンセプトに全精力を注ぎ込んだこのアルバムは、今後の僕の活動を示唆するものであり、それだけにより多くの人々に聞いて頂けることを願っています」と自負した[2]
  • 同時発売のシングル「GOING 2 DANCE/OPEN YOUR MIND」からも両A面曲を共に収録している(「GOING 2 DANCE (ENGLISH VERSION)」はシングルのみに収録)。
  • このアルバムの時点では、trfのメンバーの名前はブックレット内に"SAM KOO YŪKI MEGAMIX"と書かれていた。
  • アルバムのコンセプトは「踊れるレイヴ、踊れるエネルギーがあって、家でも・車の中でも・クラブでも流れても不思議じゃないテクノサウンドを作る。それでいて、しっかり耳に残る様なメロディーも入れる」[3][4]「歌詞はクラブで流れる様にほとんどを英語で書き、日本の音楽番組にはそぐわない表現も使う」[1]としている。
  • 小室はテクノを「世紀末の高ぶりにマッチする音」と評している[1]
  • 作曲からレコーディングまで20日間、ロンドンで行われたトラックダウンに2週間というハイペースで出来上がった[3]。小室は「やりたいことがはっきりしていたから、ハイペースでできたと思う。曲数が足りなくなったり、行き詰ることがなかった」「『売らなくちゃいけない』『ポップにして受け入れられる様にしなければいけない』等、プロデューサーとして考えなければいけないことが何も無かった」「当時エイベックスは洋楽しかやってないレーベルだったから、『変な物は作れない、とにかく格好良いことをやる』という意地・プライドを持って作った」と振り返っている[5]
  • 外部のスタジオ・ミュージシャンマニピュレーターを一人も起用せず、プログラミング・音色作り・アレンジを全て小室1人で行った[5]
  • 小室は「レコーディング中に次のtrfのアイディアが見えたため、どうしてもハードコアテクノ一色で終わらせる気になれなかった。ミキシングの時点でポップス等の別の方向性を考え始めた」「誰から頼まれたわけでもないのに、すごくワクワクしながら楽しんでレコーディングした。新しい音なのに、昔から知っている感触があって、敢えて勉強し直さなくても使いこなせた」と振り返っている[4]
  • DJ KOOは後に「『trfの作品と言うよりは、小室哲哉というプロデューサーのアルバム』という印象だった。かつて、クインシー・ジョーンズが多数のゲストを集めて自分名義の作品を作っていた様に。小室哲哉さんの目指す所が見えなかったりもした。でも『小室哲哉さんはテクノという音楽ジャンルがやりたいんだな』と的が絞られていて、はっきりしていてわかりやすかった」と振り返っている[6]

収録曲編集

  1. THIS IS THE JOY
    作詞:小室哲哉・KOO、作曲:小室哲哉
    • コンセプトは「今までの日本にないテクノポップ」としている。小室は「サビしかない曲」と評している[7]
  2. IMPRESSION OF TRF
    作詞:KOO、作曲:小室哲哉
    • コンセプトは「トランスの要素を高めてレイヴの楽しさを紹介する」「前の曲を『静』としMCが入った本楽曲が『動』」としている[7]
  3. GOING 2 DANCE
    作詞:小室哲哉・YŪKI、作曲:小室哲哉
    1stシングル。
  4. LET'S 5 DANCE
    作詞:小室哲哉、作曲:小室哲哉
    • ダンサーのパフォーマンスを意識した構成にしている[7]
  5. TIME AFTER TIME
    作詞:小室哲哉、作曲:小室哲哉、SCRATCH:松本ひろ
    • コンセプトは「いろんな音色を1曲で展開する」様にしている。特にヒップホップ系の音色を目立たせる為に生のスネアのハイピッチを録って、Roland JDのプリセットから気に入った音色を使った[7]
  6. OPEN YOUR MIND
    作詞:小室哲哉、作曲:小室哲哉、SCRATCH:松本ひろ
    1stシングル。「GOING 2 DANCE /OPEN YOUR MIND」の2曲目に収録。
  7. DO WHAT YOU WANT
    作詞:小室哲哉・SUZI KIM、作曲:小室哲哉
    • バラード。Roland TR-808のみで制作された。小室は「1度やってみたかった冒険的な曲」と振り返っている[7]
  8. OUT THERE
    作詞:小室哲哉・KOO、作曲:小室哲哉
    • アルバムの制作が始まる前からデモが存在していたが、他のアーティストにはハマらなくてtrfでようやく実現できた。ハウスを追求している[7]
  9. RIGHT HERE! RIGHT NOW!
    作詞:小室哲哉・YŪKI、作曲:小室哲哉
    • ライヴでの盛り上げを念頭に置いて制作した。小室にとっては本バージョンの時点ではまだラフ段階であり、その後「HYPER TECHNO MIX」にてよりハード志向を推した「RIGHT HERE! RIGHT NOW! (2ND FUNK-TION MIX)」をプロモーションした[7]
  10. TRUTH
    作詞:小室哲哉、作曲:小室哲哉
    • 小室のセルフカバーアルバム「Hit Factory」制作時にマイアミでデモテープが制作され、エクスポゼが歌っていた[7]
    • コンセプトは「YU-KIの素直な歌い方も、癖のある歌い方もできる所を出す」様にし、小室もノークレジットでコーラスに参加している[7]
    • 歌詞のテーマは「夢を叶えたくて、一人で一生懸命やっていて、健気だけど、どこかであまり弱みを見せない感じで気を張って生きている女の子が、恋をしたらどうなるか」を考えている[4]
    • YU-KIが始めて仮歌を入れた曲である[4]
    • 歌詞はスタジオで40分で書き上げた[4]
    • BILLIONAIRE 〜BOY MEETS GIRL〜」で「TRUTH’94(UNPLUGGED STYLE MIX) 」としてリメイクされている。
  11. THIS IS THE JOY [EXTENDED VERSION]
    作詞:小室哲哉・KOO、作曲:小室哲哉

脚注編集

  1. ^ a b c 角川書店刊『告白は踊る(文庫版)』小室哲哉著193P-197Pより。
  2. ^ a b ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1993年3月号66Pより。
  3. ^ a b ヤマハ音楽振興会刊 『TK EOS FACTORY 小室哲哉のシンセ工房』より。
  4. ^ a b c d e ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1993年4月号36P-37Pより。
  5. ^ a b ソニー・マガジンズ刊「PATi PATi」1993年3月号90Pより。
  6. ^ 角川書店刊『月刊カドカワ』1995年5月号233Pより。
  7. ^ a b c d e f g h i ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1993年4月号162Pより。

外部リンク編集