TwitCasting

TwitCasting(ツイットキャスティング)は、モイ株式会社が運営する、iPhoneAndroid端末、PCなどから手軽にライブ配信を行えるサービスである。通称は、「ツイキャス」や、「CAS(キャス)」など。芸能人や企業による配信も行われている。

TwitCasting
Twitcasting.png
URL http://twitcasting.tv/
使用言語 日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語
タイプ ライブストリーミング
運営者 モイ株式会社
設立者 赤松洋介
収益 広告アイテム課金
登録 任意
設立日 2009年
現状 運営中

目次

概要編集

高画質放送ができるUstreamに対して、TwitCastingは、質にはあまりこだわらず、手軽に配信が出来ることを目的としている。配信方法は、ライブ配信か、ラジオ配信(音声のみ配信し、画面には静止画を表示)から選ぶことが出来る。配信・コメントには登録およびログインが必要。ただし、コメントを投稿しない視聴の場合は、ログインは不要。

TwitterFacebookInstagramのアカウントと同期する形で登録出来る。かつて日本語版ではmixiアカウントでも登録できたが、すでに新規登録は終了しており、ログインのみ可能となっている。また、現在はツイキャス専用アカウントからもログインする事も可能[1]

ログインにTwitterアカウントを使うことができるが、Twitter社とは特に資本関係などは無い。

沿革編集

出来事編集

2017年警視庁の調査では、夏休みに入るとTwitterなどに次いで4番目に被害児童数が多いと言う報告をしている。[4]

用語編集

モイ
TwitCasting内で使用されている挨拶。意味はフィンランド語で「こんにちは」。「モイモイ」の場合は「さようなら」を意味する。社長がフィンランドに行った時にこの言葉と出会い、広まった。
なお、ライブ開始直後には、自動的にこの文字列が表示され、投稿する(内容変更可)か、しないかを選択出来る。「モイ」は、運営会社の名称にも使用されている。
ポイント
差し入れの時に使用される架空の通貨。ポイントは、リニューアル後初めてのログイン時、または、最後の差し入れから24時間経過した際に、50pt(2018.7現在100pt)まで無料で自動チャージされる。有料でポイントを購入することもでき、決済方法は、Paypalによるクレジットカード決済か、App Storeによる決済となる。
また、配信者へ差し入れをすると、その配信者のサポーターになり、その人のレベルが上がった場合にポイントが付与される。サポーターランキングがあり、ランキング上位のほうが貰えるポイントは多い。
差し入れ
閲覧者がポイントを使用してアイテムを購入し、配信者に渡すこと。配信者は、この差し入れによって「ライブがトップページに表示されやすくなる」「配信時間が延長できる」などの様々な効果を受ける事が出来る。

ユーザー数編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集