U-21サッカーイングランド代表

U-21サッカーイングランド代表(英語:England national under-21 football team)は、フットボール・アソシエーションによって編成されるイングランドサッカーの21歳以下のナショナルチームである。21歳以下の選手を対象とするUEFA U-21欧州選手権に出場するためのチームである。

U-21サッカーイングランド代表
国または地域 イングランドの旗 イングランド
協会 フットボール・アソシエーション
FIFAコード ENG
監督 イングランドの旗 アイディ・ブースロイド
最多得点選手 エディ・エンケティア(14得点)
UEFA U-21欧州選手権
出場回数 15回
最高成績 優勝:2回(1982, 1984)

概要編集

このチームはUEFA U-21欧州選手権の予選が始まる年の時点で21歳未満である選手を対象としているため、一部の選手は23歳で本戦に出場している。また年齢制限さえクリアしていればプレーが可能なため、ジャック・バトランドハリー・ケインカラム・チャンバースジョン・ストーンズのように、フル代表とU-21代表チームを往復する選手もいる。

チームは1976年に実施されたUEFAのユース大会の再編に基づいて誕生した。チームに恒久的なホームスタジアムは無く、イギリス各地のスタジアムを都度使用している。

観客数の歴代最高記録は2007年3月24日のU-21イタリア代表戦で記録され、新しいウェンブリー・スタジアムで60,000人弱の観客が試合を観戦した[1]

歴代最多得点者は、14得点でエンケティアである。

監督編集

就任期間 監督
1977–1990   デイヴ・セクストン
1990–1993   ローリー・マクメネミー
1994–1996   デイヴ・セクストン
1996–1999   ピーター・テイラー
1999   ピーター・リード
1999–2001   ハワード・ウィルキンソン
2001–2004   デビッド・プラット
2004–2007   ピーター・テイラー
2007–2013   スチュアート・ピアース
2013–2016   ガレス・サウスゲート
2016–   アイディ・ブースロイド[2]

UEFA U-21欧州選手権の成績編集

開催年 結果
  1978 ベスト4
  1980 ベスト4
  1982 優勝
  1984 優勝
  1986 ベスト4
  1988 ベスト4
  1990 予選敗退
  1992 予選敗退
  1994 予選敗退
  1996 予選敗退
  1998 予選敗退
  2000 グループリーグ敗退
  2002 グループリーグ敗退
  2004 予選敗退
  2006 予選敗退
  2007 ベスト4
  2009 準優勝
  2011 グループリーグ敗退
  2013 グループリーグ敗退
  2015 グループリーグ敗退
  2017 ベスト4
 /  2019 グループリーグ敗退

歴代チーム編集

脚注編集

外部リンク編集