メインメニューを開く

U-Zプロジェクト (ユー・ズィー・プロジェクト、U-Z Project)[1]は、イギリスキーボーディスト/エレクトリック・ヴァイオリニストエディ・ジョブソンのソロ・プロジェクトである。

U-Zプロジェクト
U-Z Project
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 2009年 - 現在
レーベル Globe Music
共同作業者 マルコ・ミネマン
トレイ・ガン
グレッグ・ハウ
クリス・ロビンソン
サイモン・フィリップス
ジョン・ウェットン
トニー・レヴィン
エイドリアン・ブリュー
リック・フィエラブラッチ
マーク・ボニーラ
TJヘルメリッチ
ビリー・シーン
マイク・マンジーニ
メンバー エディ・ジョブソン

目次

概要編集

2009年6月の日本公演以降、UKZの活動が、メンバーのスケジュールや楽曲の完成の遅れなどの理由から困難となったことを受けて、ジョブソンはUKZの派生プロジェクトとして、ライブ・バンド、U-Zプロジェクトを結成した。バンドはジョブソンを中核とし、技巧派のサポート・ミュージシャンで構成されており、ジョブソン以外のメンバーはツアー毎に変化する。レパートリーにはUKやUKZの楽曲の他、キング・クリムゾンマハヴィシュヌ・オーケストラエマーソン・レイク・アンド・パーマーなど、1970年代のプログレッシブ・ロックの楽曲も含まれている。

活動編集

2009年8月、エディ・ジョブソン(Key/Vln)、グレッグ・ハウ(Gt)、クリストファー・ポール・ロビンソン(Gt)、トレイ・ガン(Warr Guitar)、マルコ・ミネマン(Dr)、サイモン・フィリップス(Dr)を含む最初のラインナップが、東海岸ツアーを行った。

同年11月には、ジョブソン、ハウ、ミネマンに加えてジョン・ウェットン(Vo/B)とトニー・レヴィン(Chapman Stick)を迎え、ポーランドでライブを行った。ジョブソンとウェットンの共演は、1979年12月17日のU.K.のオランダ公演以来、およそ30年ぶりであり、ここにおいて3日間だけU.K.が”再結成”された。ポーランドではこのライブは、"U.K. 30th Anniversary"としてプロモートされた。

ウェットン、レヴィンとわかれたジョブソンは、リック・フィエラブラッチ(B)を加え、ロシアローマでライブを行った。ロシアでは「キング・クリムゾン・プロジェクト」というバンド名を使用し、レヴィンを再度加えて、エイドリアン・ブリュー・パワー・トリオ (Adrian Belew Power Trio)とも共演を果たし、「インディシプリン」「レッド」などキング・クリムゾンの楽曲を演奏した。

2010年6月、ドラムのミネマンに加え、マーク・ボニーラ(Vo/Gt)、TJヘルメリッチ(Gt)、ビリー・シーン(B)、マイク・マンジーニ(Dr)を迎えラインナップを大幅に変更したジョブソンは、前年のUKZに引き続き再び来日を果たした。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『アルティメット・ゼロ・ツアー - ライヴ』 - Ultimate Zero Tour - Live (2010年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本でのメーカー表記は「エディ・ジョブソンズ U-Zプロジェクト」。来日時のチラシ等では「アルティメット・ゼロ・プロジェクト (Ultimate Zero Project)」の表記もある。