U.S.S.タイタンU.S.S.Titan)は、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』フランチャイズのシリーズである『スタートレック:ローワー・デッキ』および『スタートレック:ピカード』に登場する架空の宇宙船。惑星連邦宇宙艦隊ルナ級宇宙艦。艦隊登録番号はNCC-80102。

劇場版10作「ネメシス」 編集

台詞上のみの登場。冒頭にてU.S.S.エンタープライズNCC-1701-Eの副長を務めたウィリアム・ライカー中佐がディアナ・トロイ中佐との結婚。それを機に大佐へ昇進し、新型艦のU.S.S.タイタンNCC-80102へ転属する予定であることが語られる。終幕においてピカード艦長はタイタンへ移るライカー艦長の退艦を見送る。2379年、シンゾンのクーデターが鎮圧された直後のロミュラン帝国に人道支援任務で派遣される。

スタートレック:ローワーデッキ 編集

2380年を舞台とする『スタートレック:ローワー・デッキ』第10話に実際の艦の姿が初登場。ソヴェリン級に似たやや弾丸型をした楕円形の円盤部に、アキラ級に似た下向きのワープナセルがついた艦。重武装したパクレド船によって絶体絶命となったU.S.S.セリトス NCC-75567を救出した。ライカー艦長の右横に座っているソーリアン人の中佐は、指令部門の制服色であることから副長であると思われる(シーズン2では副長は別の士官に交代)。2380年代では宇宙艦隊のエース艦であり、エンタープライズ同様配属/転属先として目標とされる艦となっている。

上級士官 編集

スタートレック:ピカード 編集

2401年を舞台とする『スタートレック:ピカード』シーズン3に、ルナ級のタイタンの登録番号を引き継いだU.S.S.タイタンNCC-80102-Aが登場する。艦級はコンスティテューションIII級[1](ネオコンスティテューション級)、最高速度ワープ9.99。新造されたコンスティテューションIII級の船体に、退役するルナ級U.S.S.タイタンのパーツを組み込む形で艦籍が引き継がれた [2][3]。23世紀に就役していたU.S.S.エンタープライズ NCC-1701-Aやシャングリラ級U.S.S.タイタン NCC-1777を基にしたデザインである。

2402年、船名をU.S.S.エンタープライズNCC-1701-Gに改称。

上級士官 編集

その他 編集

『スタートレック』シリーズを題材にしたテーマパーク「Star Trek: The Exhibition」内でのアトラクションにおいて放映されているU.S.S.タイタンを舞台にした短編実写映像には、トゥヴォック役のティム・ラスとウェスリー・クラッシャー役のウィル・ウィトンが出演している。

脚注 編集

関連項目 編集