メインメニューを開く

U.S.S.ディスカバリー(U.S.S.Discovery)はSFドラマ『スタートレック』シリーズのTVシリーズ、『スタートレック:ディスカバリー』(Star Trek:Discovery)に登場する架空の宇宙船である。

基本情報
艦級 クロスフィールド級
建造所 サンフランシスコ造船所(地球
運用者 惑星連邦宇宙艦隊
経歴
就航期間 23世紀
現状 現役(2256年)
船長 ガブリエル・ロルカ大佐(2256年)
フィリッパ・ジョージャウ大佐(2257年)
クリストファー・パイク大佐(2257年)
要目
最高速度 ワープ7(旧ファクター/光速の343倍)
活性マイセリウム胞子転移ドライブ[1]
登場作品
スタートレック:ディスカバリー

概要編集

惑星連邦宇宙艦隊のクロスフィールド級先端技術実験船。登録番号NCC-1031、全長750.5メートル、乗員136名[2]。約300種類もの科学実験に対応可能な設計がなされている[2]2250年代半ばに、宇宙空間に独特のネットワーク網を形成する宇宙植物マイセリウムの胞子を用いて長距離瞬間移動を実現する新型航行機関「活性マイセリウム胞子転移ドライブ」の実験艦として、同級艦のU.S.S.グレンとともに運用されていた[注釈 1]。当時の惑星連邦クリンゴン帝国と戦争中であり、この技術が完成すれば戦略上大きく優位に立てるため研究が急がれた。

デザイン編集

デザインはU.S.S.エンタープライズEの生みの親であるジョン・イーブス。U.S.S.エンタープライズA(改装型エンタープライズ)のデザインを担当したラルフ・マクウォーリーとケン・アダムスが、その仕事を受けるきっかけとなった1977年発表の「第2船体が三角形のエンタープライズ」がモデルとなっている。

第1船体(円盤部)に第2船体(推進部)が接続した、スタートレックの惑星連邦艦のデザインを踏襲しているが、一目でディスカバリーと分かるかなり独特の形状をしている。最大の特徴は「切り抜きのある第1船体」、「三角形型の第2船体」、「非常に長いワープナセル」、「金色の船体」である。

またマクウォーリーのU.S.S.エンタープライズAの直線を多用したデザインのオマージュか、ディスカバリーもまた直線を多用した精悍で無骨な艦となっており、24世紀連邦艦のU.S.S.エンタープライズDやU.S.S.ヴォイジャーのような女性的な滑らかさはない。また横から見るとU.S.S.エンタープライズEのシルエットに似ており、ジョン・イーブスらしさもまた楽しめるデザインとなっている。

切り抜きのある第1船体編集

第1船体は球型のブリッジモジュールを中心核とし、それを2つの環状の船体(便宜上、外環船体・中環船体と呼称する)が囲うことで円盤のシルエットを形作っている。これらには可動ギミックがついており、胞子転移ドライブでジャンプする際にメリーゴーランドのように回転する。外環船体と中環船体の隙間は橋のような通路でつながっているがブリッジモジュールは孤立しており、ドーサルネックからの接続のみとなっている。

三角形型の第2船体編集

三角形型の第2船体というよりは、第2船体全体にまでおよぶ三角形型の巨大なワープナセルパイロンを持つ構造といえ、艦首側の頂点部分とドーサルネックの交点にディフレクター盤が設置されている。艦尾側の頂点はワープナセルが接続される。船体構造上、連邦艦には珍しいワープナセルが船体に対して水平に設置されるタイプの艦となっている。パイロン底辺部は大規模なシャトル格納庫のシャッターとインパルスエンジンが座する。

つまるところ、三角形型の巨大なワープナセルパイロンに、ワープナセル、インパルスエンジン、ディフレクター盤という艦の推進機構が集約している構造となっている。

非常に長いワープナセル編集

多くの連邦艦のワープナセルは円盤部とほぼ同じ長さであるが、ディスカバリーのワープナセルは円盤部と推進部を合わせた長さとほぼ同じという異例なほどの長大さで、かつ艦尾に行くほど細くなる。船体に対してワープナセルが長い艦にエクセルシオール級があるが、それ以上に長い。このワープナセルのおかげで、ディスカバリーは円盤部の規模が全長288mの初代エンタープライズとほぼ同じか一回り大きい程度であるにもかかわらず、艦全長が750mと、24世紀のU.S.S.エンタープライズEの全長685mより長い。全長が極めて長いものの、船体規模としてはエクセルシオール級(全長466m)やイントレピッド級(全長344m)と同程度である。ワープナセル側面にはライン状のワープフィールドグリルがあり、青く発光する。ナセル先端のバサードラムスクープはこれまでにない複雑な形状で、素粒子取り込み口らしき機構が3つある。

金色の船体編集

連邦艦の色は白~薄青灰色、もしくは灰色であったが、ディスカバリーはこれまでの連邦艦にはなかった金色の船体色をしている。ただし反射光や光のコントラストの強い宇宙空間においては、金色の船体は少々判別しにくい。

武装編集

フェイザーと光子魚雷、防御シールドといった伝統的なスタートレックの武装をしている。フェイザーは青色のビームを連射する形式で、年代的に考察すればU.S.S.エンタープライズNCC-1701同様のタイプ5フェイザーである。フェイザーと光子魚雷の演出は、TOS同様の青いビームと光弾となっている。防御シールドもTNGのような卵の殻状のバリヤーではなく、船体密着型のTOS仕様である。

推進システム編集

ワープドライブ編集

23世紀の標準的なワープドライブを搭載。最高速度は明言されていないが、17話で「51450光年先までは最高ワープ速度でも150年かかる」というパイク船長の台詞があり、逆算するとディスカバリーの最高巡航速度は旧ワープ7(光速の343倍)となる。その他の特に急がないシーンでは旧ワープ5(光速の125倍)で巡航。

ただし『スタートレック:ヴォイジャー』では、U.S.S.ヴォイジャーNCC-74656はワープ9.975(光速の5754倍)の速度を12時間維持できる能力があるものの、数カ月単位の長期間に渡って維持できる最高巡航速度はワープ8(光速の1024倍)であり、75000光年の旅路を行くのに70年以上かかる目算であった。つまりディスカバリーも最高巡航速度が旧ワープ7で、瞬間的に出せる最高ワープ速度は別である可能性がある。

活性マイセリウム胞子転移ドライブ編集

劇中では通称「胞子ドライブ」と呼ばれる。宇宙空間に独特なネットワーク網を張り巡らせる宇宙植物マイセリウムの性質を利用し、艦をネットワーク網のある別の場所まで瞬間移動させるトランスワープ技術。いわば「宇宙戦艦ヤマト」タイプのワープであり、ワープエンジンも亜空間も使わない、スタートレックにおいてはこれまで登場したいかなるトランスワープとも一線を画す異様な技術である。

胞子転移ドライブはわずか数kmの距離から遥か50000光年もの距離まで、マイセリウムネットワークさえあればどこにでも瞬間移動できる有用な技術である。しかし宇宙植物マイセリウムの栽培収穫と「航海士」となる生物を利用し、さらに航海士はジャンプに際して身体的負担がかかるため、マニュアルさえあればどの宇宙艦にも搭載可能な汎用性の高い技術とはいえない。当初は宇宙生物の巨大クマムシを航海士にしていたが、クマムシのDNAを取り込む遺伝子操作をされたポール・スタメッツ大尉が航海士となる。しかし航海士は必然的に遺伝子操作をされるため、優性人類を生み出す遺伝子操作を固く禁じた惑星連邦では基本的に許されることではない。

胞子ドライブの際には艦内に「ブラック警報(Black alert)」が発令され、円盤部の回転ギミックが動くと同時に艦全体がきりもみ回転して瞬間移動する。ブラックアラートは初登場で、レッドアラート(非常警報)、イエローアラート(警戒警報)、ブルーアラート(離着陸警報)とも異なる不気味な異質さをよく表現している。

なおクリストファー・パイク船長からは「キノコのハイウェイ」と揶揄される。

注釈編集

  1. ^ クロスフィールド級自体が胞子ドライブを前提とした艦級なのかディスカバリーとグレンが専用に改造されていたのかは不明

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 90光年の距離を1.3秒で移動出来る
  2. ^ a b Eaglemoss社刊『Star Trek Discovery Starships Collection』Issue2