メインメニューを開く

UCAMムルシア (Universidad Católica de Murcia Club de Fútbol) は、スペインムルシア州ムルシアを本拠地とするサッカークラブチーム。1999年創設。

UCAMムルシア
原語表記 Universidad Católica de Murcia Club de Fútbol
愛称 Universitarios・UCAM
クラブカラー 紺と黄色
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン セグンダ・ディビシオン
ホームタウン ムルシア州の旗ムルシア
ホームスタジアム Estadio La Condomina.jpgエスタディオ・デ・ラ・コンドミーナ
収容人数 6500人
代表者 ホセ・ルイス・メンドサ・ペレス
監督 リュイス・プラナグマ・ラモス
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ユニフォームサプライヤーは、ナイキ

目次

歴史編集

UCAMムルシア 第1期編集

1999年にUCAMムルシアとして創設された。

ロス・ガレス編集

ムルシア・デポルティーボ編集

コスタ・カリダ編集

2010-2011編集

テルセーラ・ディビシオン優勝。昇格プレーオフ敗退で昇格とはならなかった。

UCAMムルシア 第2期編集

2011-2012編集

テルセーラ・ディビシオングループ13、6位。セグンダ・ディビシオンBへ昇格した。コパ・デル・レイで初の2回戦へ進出。

2012-2013編集

セグンダ・ディビシオンB初挑戦のシーズンであったが、グループ4、17位。テルセーラ・ディビシオンに降格となった。

2013-2014編集

テルセーラ・ディビシオン優勝。プレーオフで、セグンダ・ディビシオンB復帰を決めた。

2014-2015編集

フラン・ペレス (カディスCF)、フアン・ゴンゴラ (クルトゥラル・レオネサ)、ノノ (UDアルメリアB)などが加入。

セグンダ・ディビシオンB復帰1年目ながら、グループ4で、第2位。昇格プレーオフで敗退した。

コパ・デル・レイで、初の3回戦進出。

2015-2016編集

セグンダ・ディビシオンBで初優勝。セグンダ・ディビシオンに昇格した。

コパ・デル・レイで2シーズン連続の3回戦進出。ライバルチームのレアル・ムルシアとの初のダービーマッチも行われた。

2016-2017編集

2017年6月10日に行われたセグンダ最終節タラゴナ戦のスターティングメンバー[1]

クラブとして初めて、セグンダ・ディビシオンに挑戦。キャプテンはフアン・ゴンゴラが務めた。

ホナタン・メヒア (アルバセテ・バロンピエ loan)、ヴネルト・バシャ (SDポンフェラディーナ)、ビエル・リバス (CDヌマンシア)、フアンデ (スペツィア・カルチョ loan)、フアン・コジャンテス(ADアルコルコン)、ティト(UEリャゴステラ)などが加入。

一時期7位まで順位を上げたが、その後降格圏内を低迷したことから、シーズン中には、ホセ・マリア・サルメロン監督を解任し、フランシスコ・ハビエル・ロドリゲス・ヴィルチェスが新監督に就任した。

年が明けてからは、ファン・マヌエル・デルガド・リョリア (V・ファーレン長崎)、セルヒオ・モラ・サンチェス (ヘタフェCF)らが退団。補強として、セドリック・マブワティ (コロンバス・クルー)、イバン・サルバドール (レアル・バジャドリード loan)、マヌエル・サンチェス (ADアルコルコン)などの選手が加入した。

コパ・デル・レイではクラブ史上初のベスト32まで進出したが、リーグ戦では、39節のレバンテUD戦から最終節である42節ジムナスティック・タラゴナ戦まで3連敗し、リーグは19位で終了。クラブはセグンダ・ディビシオンBへ降格した。それにより、クラブのセグンダ・ディビシオンへの挑戦は一年で終了することとなった。

シーズン終了後には、フランシスコ・ハビエル・ロドリゲス・ヴィルチェス監督を解任した。

2017-2018編集

セグンダ・ディビシオンB通算4年目のシーズン。

新監督として、リュイス・プラナグマ・ラモスが就任。

ミゲル・エスカローナが引退。

ローン移籍で加入していたフアンデホナペレ・ミジャダビド・マジョラルイバン・サルバドールが退団し、各クラブへ復帰。

ダニ・ペレス (CDトレド)、イシドロ・ロス・リオス (FCカルタヘナ)がレンタルバックした。

ノノウーゴ・アルバレス(共に、ADアルコルコン)、ビエル・リバス (レアル・ムルシア)、フェルナンド・マルティネス (UDアルメリア)、ウナイ・アルビスア (クルトゥラル・レオネサ)、ダビド・モリージャス (アルバセテ・バロンピエ)、テキオ (エルチェCF)、ナタリオ (雲南麗江)らが退団。それと引き換えに、カルロス・モレノ (CDミランデス)、マーク・フェルナンデス (UEリャゴステラ)、チェビ (ブルゴスCF)、ポル・バジェステ (グラナダCF B)、ヘルマン・パルレニョ (エルチェCF)、ビクトル・ガルシア (CFバダロナ)、アルベルト・ビバンコス (ジローナFC)らが入団。

コパ・デル・レイFCカルタヘナに延長の末敗れ、一回戦敗退。

チーム名遍歴編集

  • 1999-2004 UCAMムルシア
  • 2004-2006 ロス・ガレス
  • 2006-2009 ムルシア・デポルティーボ
  • 2009-2011 コスタ・カリダ
  • 2011- UCAMムルシアCF

成績編集

シーズン チーム名 ディビジョン 国内 UEFA 監督 会長 備考
順位 試合 得失 国王杯 スーパー
カップ
CL EL
1999-00 UCAMムルシア 5部 1位 - - - 昇格
2000-01 テルセーラ 14位
2001-02 10位
2002-03 11位
2003-04 16位
2004-05 ロス・ガレス 19位
6部 4位
2005-06 1位 昇格
2006-07 ムルシア・
 デポルティーボ
5部 10位
2007-08 4位 昇格
2008-09 テルセーラ 12位 38 12 9 17 +3
2009-10 コスタ・
 カリダ
[注釈 1]
4位 38 26 5 7 +44
2010-11 1位 38 27 5 6 +59 優勝
2011-12 UCAM
  ムルシアCF
6位 38 18 7 11 +31 2回戦敗退 昇格
2012-13 セグンダB 17位 38 9 14 15 -6 テヴェネット 降格
2013-14 テルセーラ 1位 36 28 4 4 +56 コレア 優勝・昇格
2014-15 セグンダB 2位 38 17 14 7 +17 3回戦敗退 ヒメネス PO敗退
2015-16 1位 38 22 11 5 +29 3回戦敗退 サルメロン 優勝・昇格
2016-17 セグンダ 19位 42 11 15 16 -9 ベスト32 サルメロン
→フランシスコ
降格
2017-18 セグンダB 0 38 1回戦敗退 リュイス

※2017-18シーズンまで

ダービー編集

レアル・ムルシア編集

同じムルシアをホームタウンとする、レアル・ムルシアとライバル関係にある。その2クラブの関係は、2014年からクラブがレアル・ムルシアの旧スタジアムである、エスタディオ・デ・ラ・コンドミーナを使用し始めたところから緊張状態が続いている。2015-16シーズンのセグンダ・ディビシオンBで最初のこの2チームの試合が行われた。レアル・ムルシアのサポーターは、クラブの躍進を嫌っている。

# シーズン 試合開催日 ディビジョン ホームチーム スコア アウェイチーム 入場者数
1 2015-16 2015年11月22日 セグンダB 14 UCAMムルシア 1-2 レアル・ムルシア 5400
2 2016年4月10日 33 レアル・ムルシア 0-1 UCAMムルシア 18003
3 2017-18 2017年9月17日 5 レアル・ムルシア 1-2 UCAMムルシア
4 2018年2月4日 24 UCAMムルシア レアル・ムルシア

現所属メンバー編集

タイトル編集

国内タイトル編集

歴代所属選手編集

歴代キャプテン編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 09-10シーズンはCosta Cálida Club de Fútbol Beniaján、10-11シーズンは、Costa Cálida Club de Fútbol Sangoneraというチーム名だった。

出典編集

  1. ^ Gimnàstic de Tarragona - UCAM Murcia CF”. transfermarkt (2017年6月10日). 2017年7月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集