UCIロードワールドランキングス

UCIロードワールドランキングス(UCI Road World Rankings)は、1984年から2004年まで実施された自転車競技ロードレースにおけるランキングシステムのことである。

概要編集

このシステムが導入される以前から、フランスの酒造会社であるペルノーがスポンサーとなっていたスーパープレスティージュがロードレースにおける公認ランキングシステムとなっていたが、一部の有名主要レースしか対象にならなかったため、世界各地で行われているロードレースを広く対象とし、かつ12ヶ月間に亘って対象とする壮大なランキングシステムを国際自転車競技連合(UCI)が考案した。

しかしながら、対象期間が長いこともあって当初はある意味事務的なランキングシステムであり、世界自転車選手権後にシーズン終了時までしばし展開されていた「スーパープレスティージュ争い」のような盛り上がりを作ることはできなかった。また、欧州自転車界においてはスーパープレスティージュのほうが遥かに権威のある賞として認知されていたこともあり、このランキングシステムを意識する選手は少なかった。

ところが、スーパープレスティージュが1988年に諸般の事情により廃止されることになり、このランキングの重要性が増すことになった。さらにUCIは、1989年よりスーパープレスティージュに代わって行われるようになったUCI・ロードワールドカップとの差別化を図るべく、同年よりこれまでの年間表彰制度を改め、リアルタイムランキング制を導入した。導入当初は有効に働き、選手の客観的な力関係を示していた。

しかし、例えばツール・ド・フランスの連覇を毎年更新していたランス・アームストロングが、レース出走回数が少ないことなどの要因も重なってトップに立つケースがほとんどないといった弊害(アームストロングが1位になったのは2001年7月1日〜9月29日の期間のみ)が表面化。さらに次第にワールドカップと似通ったランキングとなっていったこともあり、2004年限りでワールドカップ共々廃止。2005年UCIプロツアーを導入することになった。

なお、同システム実施当時のランキング内容についてはポーランド語の同項目に詳しく掲載されている[:pl]

歴代第1位選手編集

太字は年間第1位
1位時期 選手名
1984年-1988年   ショーン・ケリー
1989年5月15日   シャーリー・モテ
1989年7月23日   ローラン・フィニョン
1989年8月6日    シャーリー・モテ
1989年9月30日   ローラン・フィニョン
1990年6月6日    ジャンニ・ブーニョ
1991年6月16日   クラウディオ・キアプッチ
1991年6月30日   ジャンニ・ブーニョ
1992年6月14日   ミゲル・インドゥライン
1994年6月12日   トニー・ロミンゲル
1995年9月25日   ローラン・ジャラベール
1996年10月10日   アレックス・ツェーレ
1996年10月27日   ローラン・ジャラベール
1997年3月9日    アレックス・ツェーレ
1997年4月6日    ローラン・ジャラベール
1998年10月10日   ミケーレ・バルトリ
1999年6月6日     ローラン・ジャラベール
2000年6月4日     フランチェスコ・カーザグランデ
2000年8月20日    ヤン・ウルリッヒ
2000年9月17日    フランチェスコ・カーザグランデ
2001年6月10日    ダビデ・レベリン
2001年7月1日     ランス・アームストロング
2001年9月30日    エリック・ツァベル
2002年3月24日    エリック・デッケル
2002年4月7日    エリック・ツァベル
2003年3月23日    パオロ・ベッティーニ
2004年6月27日    アレサンドロ・ペタッキ
2004年7月25日    エリック・ツァベル
2004年8月15日    パオロ・ベッティーニ
2004年10月17日    ダミアーノ・クネゴ

関連項目編集