UCIワールドカレンダー

UCIワールドカレンダー(UCI World Calendar)は、2009年2010年に開始された、自転車競技ロードレースの年間シリーズ戦の名称。

目次

経緯編集

2005年から実施されているUCIプロツアーは、ツール・ド・フランスなどのグランツールクラシックレースなどの、ロードレースファン、関係者らにとって権威のあるレースばかりを集結させた画期的な年間シリーズ戦であるが、国際自転車競技連合(UCI)主導色が非常に強く、UCIとグランツール主催者との間で、運営等をめぐって深刻な対立を生むことになった。

2008年、グランツール主催者が一斉にUCIプロツアーからの離脱を決めたことから、同年における対象レースが激減したばかりか、ツール・ド・フランスなどのグランツールや、ロンド・ファン・フラーンデレンを除くモニュメントと呼ばれるクラシックレース[1]などが対象から外れたこともあり、シリーズ戦としては事実上有名無実化してしまった。

加えて、パリ〜ニースの開催をめぐってUCIとASOの深刻な対立が表面化。ひいてはこの一件が後々にも影響を及ぼし、ツール・ド・フランスの休息日にあたる同年の7月15日に、水面下でUCIプロツアーに代わる新シリーズ戦制定を画策していたグランツール主催者と、17のUCIプロチーム[2]が、翌2009年シーズンのUCIプロチームライセンスを更新しないことで合意した[3]ことから、UCIプロツアーという制度そのものが崩壊の危機に立たされた。

この危機に対し、UCI会長であるパット・マッケイドは、国際オリンピック委員会 (IOC) 会長であるジャック・ロゲや、ツール・ド・フランスの運営責任者を務めたことがある同委員のジャン=クロード・キリーらを仲介者として招き、ASOの親会社であるエディシオン・フィリップ・アモリ (EPA) と交渉することになり、同年8月18日、UCIとグランツール主催者が共同で運営する新シリーズ戦を2009年シーズンより実施することで和解。これにより、従前のUCIプロツアーと、ヒストリカルレースという、グランツール主催者が主催・運営するレースを合体させたUCIワールドカレンダーが誕生することになった。

しかし、2011年シーズンにおけるUCIワールドツアー創設に伴い、UCIプロツアーとヒストリカルレースという、形式上は「二本立て」のシステムを取った同シリーズ戦は発展的解消となった。

概要編集

UCIが、アモリ・スポル・オルガニザシオン(ASO、ツール・ド・フランスなどの主催者)、RCSスポルトジロ・デ・イタリアなどの主催者)、ウニプブリクブエルタ・ア・エスパーニャなどの主催者)と共同で運営。2009年はUCIプロツアー14、ヒストリカルレース10の計24レースが対象になった。2010年はUCIプロツアーレースとして新たに2レースが対象に加わり、計26レースが対象となった。

以上対象レースをポイント化し、個人、チーム、国別の三つの総合順位をUCIワールドランキング (UCI World Ranking) と称して争う。この点においては、グランツールなども対象レースとなっていた、2007年までのUCIプロツアーと、形の上ではほとんど類似しているが、UCIプロチーム以外のプロチームに所属する選手およびチームもポイントの対象となるのが特徴。

UCIプロチームにはUCIワールドツアー全レースに出場の義務がある。これは逆に考えれば、UCIプロチーム所属選手にとってはチームが確実にワールドツアーレースに出場するため、これらのレースに出場し結果を残すことで自らのステータスを上げるチャンスがたくさんあるという意味でもあるが、上記の「プロチームでなくてもポイントが与えられる」という特徴により、UCIプロチームに敢えて加入しない著名選手も現れはじめていた。

対象レースとポイント配分編集

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位
総合成績(A) 200 150 120 110 100 90 80 70 60 50 40 30 24 20 16 12 10 8 6 4
区間成績(A) 20 10 6 4 2
総合成績(B) 170 130 100 90 80 70 60 52 44 38 32 26 22 18 14 10 8 6 4 2
区間成績(B) 16 8 4 2 1
総合成績(C) 100 80 70 60 50 40 30 20 10 4
区間成績(C) 6 4 2 1 1
総合成績(D) 80 60 50 40 30 22 14 10 6 2

※太字はステージレース

UCIワールドランキング歴代結果編集

脚注編集

  1. ^ ミラノ〜サンレモロンド・ファン・フラーンデレンパリ〜ルーベリエージュ〜バストーニュ〜リエージュジロ・ディ・ロンバルディアの五つのレースを指す。
  2. ^ 当時18のUCIプロチームの内、ツール・ド・フランスに参加していなかったアスタナ・チームを除く17チーム。
  3. ^ その後、この合意は撤回された。

外部リンク編集