UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 決勝

UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 > UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 決勝

UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 決勝 (英語: UEFA Europa League 2019-20 Final)は、欧州サッカー連盟 (UEFA)により開催されるUEFAヨーロッパリーグ 2019-20の決勝戦であり、11回目のUEFAヨーロッパリーグの決勝戦である (UEFAカップ時代を含めると49回目)。試合は2020年8月21日金曜日にドイツケルンミュンゲルスドルファー・シュタディオンで、スペインセビージャFCイタリアインテルの間で行われた。ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染拡大により、無観客試合として開催された[5]

UEFAヨーロッパリーグ
2019-20 決勝
大会名 UEFAヨーロッパリーグ 2019-20
開催日 2020年8月21日
会場 ミュンゲルスドルファー・シュタディオン(ケルン)
UEFA選出最優秀選手 オランダの旗 ルーク・デ・ヨング[1]
主審 オランダの旗 ダニー・マッケリー[2]
観客数 0人[3][注釈 1]
天気 曇り
気温 : 24℃
湿度 : 55%[4]
2019
2021

セビージャがインテルを3-2で下し4年ぶり6度目の優勝を果たし、UEFAチャンピオンズリーグ 2019-20王者と対戦する2020 UEFAスーパーカップの出場権を獲得した。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21の出場権も獲得したが、セビージャはすでに出場権を得ていたため、リーグ・アンで3位に入っていたスタッド・レンヌに与えられた[6]

試合会場編集

決勝戦は当初2020年5月27日にポーランドグダニスクスタディオン・エネルガ・グダニスクで開催される予定だった[7]。しかし3月23日にUEFAはヨーロッパでの新型コロナウイルス感染拡大により決勝戦を延期すると発表[8]。6月17日、準々決勝以降の試合をドイツでの集中開催・一発勝負の方式へと変更し、決勝戦はケルンのミュンゲルスドルファー・シュタディオンで開催されることになった[9]。ミュンゲルスドルファー・シュタディオンでヨーロッパコンペティションの決勝戦が開催されるのはこれが初めて。

この会場は1923年に完成し、1948年から1.FCケルンのホームスタジアムとして使用されている。これまでUEFA欧州選手権1988FIFAコンフェデレーションズカップ20052006 FIFAワールドカップなどが開催された。

決勝戦までの道のり編集

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

  セビージャ ラウンド   インテル
ヨーロッパリーグ グループステージ チャンピオンズリーグ グループステージ
対戦相手 結果 対戦相手 結果
  カラバフ 3 - 0 (A) 第1節  スラヴィア・プラハ 1 - 1 (H)
 APOEL 1 - 0 (H) 第2節   バルセロナ 1 - 2 (A)
  デュドランジュ 3 - 0 (H) 第3節   ドルトムント 2 - 0 (H)
  デュドランジュ 5 - 2 (A) 第4節   ドルトムント 2 - 3 (A)
  カラバフ 2 - 0 (H) 第5節  スラヴィア・プラハ 3 - 1 (A)
 APOEL 0 - 1 (A) 第6節   バルセロナ 1 - 2 (H)
グループA1位
チーム
  セビージャ 6 5 0 1 14 3 +11 15
 APOEL 6 3 1 2 10 8 +2 10
  カラバフ 6 1 2 3 8 11 -3 5
  デュドランジュ 6 1 1 4 8 18 -10 4
最終結果 グループF3位
チーム
  バルセロナ 6 4 2 0 9 4 +5 14
  ドルトムント 6 3 1 2 8 8 0 10
  インテル 6 2 1 3 10 9 +1 7
 スラヴィア・プラハ 6 0 2 4 4 10 -6 2
ヨーロッパリーグ決勝トーナメント
対戦相手 結果 第1戦 第2戦 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
  CFRクルジュ 1 - 1(a) 1 - 1 (A) 0 - 0 (H) ラウンド32   ルドゴレツ 4 - 1 2 - 0 (A) 2 - 1 (H)
  ローマ 2 - 0 (N) ラウンド16   ヘタフェ 2 - 0 (N)
  ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 1 - 0 (N) 準々決勝   レヴァークーゼン 2 - 1 (N)
  マンチェスター・ユナイテッド 2 - 1 (N) 準決勝   シャフタール・ドネツク 5 - 0 (N)

アンバサダー編集

当大会のアンバサダーは元ポーランド代表のアンジェイ・ブンツォルが務める[10]UEFAカップ1987-88ではバイエル・レバークーゼンの選手として優勝を経験している。

試合編集

審判団編集

2020年8月18日、UEFAはオランダダニー・マッケリーを当試合の主審に任命した。マッケリーは2011年からFIFAの国際審判員を務めており、UEFAヨーロッパリーグ 2017-18 決勝の追加副審、UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19 決勝のVARを担当した。副審はマリオ・ディクスとヘッセル・スティーグストラ、第4審判はアナスタシオス・シディロプロス、VARはヨヘム・カンフィス、VARアシスタントはケヴィン・ブロム、パウェル・ギル、パウェル・ソコルニキがそれぞれ担当する[2]

概要編集

 
 
 
 
 
 
 
セビージャ[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
インテル[4]
GK 13   ヤシン・ブヌ
RB 16   ヘスス・ナバス  
CB 12   ジュール・クンデ
CB 20   ジエゴ・カルロス   4分   86分
LB 23   セルヒオ・レギロン
RM 24   ジョアン・ジョルダン
CM 25   フェルナンド
LM 10   エベル・バネガ   45分
RW 5   ルーカス・オカンポス   71分
CF 19   ルーク・デ・ヨング   85分
LW 41   スソ   77分
サブメンバー
GK 1   トマーシュ・ヴァツリーク
GK 31   ハビ・ディアス
DF 3   セルジ・ゴメス
DF 18   セルヒオ・エスクデロ
DF 36   ジェナロ・ロドリゲス
DF 40   パブロ・ペレス
MF 17   ネマニャ・グデリ   86分
MF 21   オリベル・トーレス
MF 22   フランコ・バスケス   77分
FW 11   ムニル・エル・ハダディ   71分
FW 28   ホセ・ララ
FW 51   ユセフ・エン=ネシリ   85分
監督:
  フレン・ロペテギ
 
GK 1   サミール・ハンダノヴィッチ  
CB 2   ディエゴ・ゴディン   90分
CB 6   ステファン・デ・フライ
CB 95   アレッサンドロ・バストーニ   55分
RM 23   ニコロ・バレッラ   41分
CM 77   マルセロ・ブロゾヴィッチ
LM 5   ロベルト・ガリアルディーニ   73分   78分
RW 33   ダニーロ・ダンブロージオ   78分
LW 15   アシュリー・ヤング
CF 9   ロメル・ルカク
CF 10   ラウタロ・マルティネス   78分
Substitutes:
GK 27   ダニエレ・パデッリ
DF 13   アンドレア・ラノッキア
DF 31   ロレンツォ・ピロラ
DF 34   クリスティアーノ・ビラーギ
DF 37   ミラン・シュクリニアル
MF 11   ビクター・モーゼス   78分
MF 12   ステファノ・センシ
MF 20   ボルハ・バレロ
MF 24   クリスティアン・エリクセン   78分
MF 87   アントニオ・カンドレーヴァ   90分
FW 7   アレクシス・サンチェス   78分
FW 30   セバスティアーノ・エスポジト
監督
  アントニオ・コンテ   18分

UEFA選出マン・オブ・ザ・マッチ
  ルーク・デ・ヨング[1]


副審[2]
  マリオ・ディクス
  ヘッセル・スティーグストラ
第4審判[2]
  アナスタシオス・シディロプロス
VAR[2]
  ヨヘム・カンフィス
VARアシスタント[2]
  ケヴィン・ブロム
  パウェル・ギル
オフサイドVAR[2]
  パウェル・ソコルニキ

試合ルール[11]

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは12名まで。
  • 最大5人まで交代可能。ただし延長戦に入った場合は追加で1人可能。

試合展開編集

前半編集

開始3分、インテルが相手のCKからカウンターを発動すると、FWロメル・ルカクがセビージャDFジエゴ・カルロスを振り切ろうとしたところで倒されてPKを獲得する。これをルカク自ら決め、インテルが先制した。セビージャは、12分に右サイドからヘスス・ナバスのクロスにデ・ヨングがダイビングヘッドで合わせて同点に追いついた。

16分、インテルはエリア内でニコロ・バレッラがルカクへ浮き玉のスルーパスを通そうとするも、D・カルロスが阻止。この時ボールがD・カルロスの左手に当たっていたように見えたが笛は吹かれなかった。それに対してインテルは抗議を行い、その際にセビージャMFエベル・バネガの挑発に激怒したインテルのアントニオ・コンテ監督にイエローカードが出されたが、挑発の内容も含めて物議を醸している[12][13][14]

33分、バネガのFKを大外で待っていたデ・ヨングが頭で合わせて逆転した。しかし、インテルはその3分後にマルセロ・ブロゾヴィッチのFKにディエゴ・ゴディンが頭で合わせて同点に追いついた。前半は2-2で終了した。

後半編集

51分、右サイドを突破したダニーロ・ダンブロージオのクロスをラウタロ・マルティネスが落とし、走り込んだロベルト・ガリアルディーニが右足で狙うが、D・カルロスのブロックに阻まれた。さらに65分、バレッラのスルーパスに抜け出したルカクがGKと1対1の決定機を迎えたが、セビージャGKヤシン・ブヌのセーブに阻まれた。

セビージャは71分、ルーカス・オカンポスが右足を痛めてムニル・エル・ハダディとの交代を余儀なくされる。それでも74分、右サイドでFKを得る。バネガのキックは跳ね返されたがエリア内にこぼれたボールをD・カルロスがバイシクルで狙うと、相手に当たってコースが変わりゴールインし、勝ち越した。

リードを許したインテルは78分にアレクシス・サンチェスクリスティアン・エリクセンビクター・モーゼスを同時投入し攻勢に出る。82分にはアレッサンドロ・バストーニの左クロスをモーゼスが押し込みにいくが相手DF陣に阻まれ、こぼれ球をサンチェスが流し込もうとしたが、DFジュール・クンデにゴール手前でクリアされた。87分にはアントニオ・カンドレーヴァも投入したが、ネマニャ・グデリ、エン・ネシリを投入して守り切りに入ったセビージャを最後まで崩せず、試合終了。セビージャが3-2でインテルを破り、3年ぶり4度目のヨーロッパリーグ制覇を達成した[15][16][17]

統計編集

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染拡大のため、無観客試合として開催された[5]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Sevilla 3–2 Inter: Sevilla win the Europa League!”. Union of European Football Associations. (2020年8月21日). https://www.uefa.com/uefaeuropaleague/match/2030143/postmatch/report/ 2020年8月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g “Referee team appointed for UEFA Europa League final”. Union of European Football Associations. (2020年8月18日). https://www.uefa.com/insideuefa/mediaservices/mediareleases/news/0260-102923d796cc-d6eade3bdb66-1000/ 2020年8月18日閲覧。 
  3. ^ a b Full Time Summary Final – Sevilla v Inter Milan (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2020年8月21日). 2020年8月21日閲覧。
  4. ^ a b c Tactical Lineups – Final – Friday 21 August 2020 (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2020年8月21日). 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ a b “Venues for Round of 16 matches confirmed”. Union of European Football Associations. (2020年7月9日). https://www.uefa.com/insideuefa/mediaservices/mediareleases/news/025f-0fd8ee39d484-116d3b4051d6-1000/ 2020年7月10日閲覧。 
  6. ^ “Champions League and Europa League changes next season”. Union of European Football Associations. (2018年2月27日). https://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2499801.html 2018年2月27日閲覧。 
  7. ^ “Seville to host 2021 UEFA Europa League final”. Union of European Football Associations. (2019年9月24日). https://www.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=2625233.html 2019年9月28日閲覧。 
  8. ^ “UEFA Club Finals postponed”. Union of European Football Associations. (2020年3月23日). https://www.uefa.com/insideuefa/about-uefa/news/025b-0f8e76c8c787-b9f310787e70-1000--uefa-club-finals-postponed/ 2020年3月23日閲覧。 
  9. ^ “UEFA competitions to resume in August”. Union of European Football Associations. (2020年6月17日). https://www.uefa.com/insideuefa/news/newsid=2642232.html 2020年6月17日閲覧。 
  10. ^ “Sorteggi Europa League: la Roma trova il Moenchengladbach, Rennes e Celtic per la Lazio” (イタリア語). Corriere dello Sport – Stadio. (2019年8月30日). https://www.corrieredellosport.it/news/calcio/europa-league/2019/08/30-60518424/diretta_sorteggi_europa_league_dalle_13_dove_seguirli_in_tv/ 2020年6月3日閲覧。 
  11. ^ 2018/19 UEFA Europa League regulations (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2018年5月10日). 2018年5月12日閲覧。
  12. ^ セビージャMF、コンテ監督を“タブー”挑発 敵将激怒の一幕に海外注目「そのカツラが本物か…」” (日本語). www.football-zone.net. 2020年8月22日閲覧。
  13. ^ co.,Ltd, FromOne. “EL決勝戦でバネガとコンテ監督が“やり合い”? 「ヅラなのか確認しようと」” (日本語). サッカーキング. 2020年8月22日閲覧。
  14. ^ Jones, Mark (2020年8月21日). “Inter boss Conte rages at Banega after Sevilla star 'tugged hair transplant'”. mirror. 2020年8月22日閲覧。
  15. ^ Sevilla 3-2 Inter Milan: Sevilla edge five-goal thriller for sixth Europa League crown”. Sky Sports,Sky Sports. 2020年8月22日閲覧。
  16. ^ UEFA.com (2020年8月21日). “Sevilla 3-2 Inter: Sevilla win the Europa League!” (英語). UEFA.com. 2020年8月22日閲覧。
  17. ^ セビージャ、EL最多優勝記録更新!インテルに逆転勝ちで6度目の優勝を成し遂げる | Goal.com”. www.goal.com. 2020年8月22日閲覧。
  18. ^ a b c Team statistics (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2020年8月21日). 2020年8月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集