メインメニューを開く

1960 欧州ネイションズカップ1960 European Nations Cup)は、1960年に開催された第1回目のUEFA欧州選手権である。

1960 欧州ネイションズカップ
大会概要
開催国 フランスの旗 フランス
日程 1960年7月6日 - 7月10日
チーム数(UEFA連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 (1回目)
準優勝 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
3位 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
4位 フランスの旗 フランス
大会統計
試合数 4試合
ゴール数 17点
(1試合平均 4.25点)
1964

目次

概要編集

最終トーナメントはフランスで開催され、決勝戦ではソビエト連邦(ソ連)がユーゴスラビアを延長の末に2-1で破り優勝した。

大会にはいくつかの有力チーム(西ドイツイタリアイングランドなど)が不参加で、全部で17チームが参加した。予選ラウンドはホーム・アンド・アウェー方式で行なわれ、勝ち抜いた4チームがノックアウト方式による最終トーナメントに進んだ。なお、トルコ代表は1923年の初結成以来、地域連盟には未加盟のまま活動を続けていたが、今大会も地域連盟未加盟のまま、予選ラウンドにエントリーした。1回戦でルーマニアと対戦することになった。1958年11月2日の第1戦はアウェイで0-3で敗れ、1959年4月26日の第2戦はホームで2-0で勝利したものの2試合合計2-3で敗退した[1]。 この3年後の1962年にトルコサッカー連盟欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟した[2]フランコ政権下にあったスペインがソビエト連邦への遠征を拒否して準々決勝でトーナメントから棄権したため、最終トーナメントには東ブロックから3チームが名を連ねた。

準決勝の1試合はソビエト連邦がチェコスロバキアを3-0と一蹴し、もう1試合はユーゴスラビアが開催国フランスを相手に両チーム合わせて計9点の激戦を制した。

決勝ではユーゴスラビアが先制するも、伝説的GKレフ・ヤシンを擁するソ連は追加点を許さなかった。49分に同点とすると、延長後半の113分にヴィクトル・ポネデルニクが決勝点を挙げ、ソ連が最初の欧州チャンピオンに輝いた。

予選ラウンド編集

予備予選編集

チーム #1 チーム #2 第1戦 第2戦
  チェコスロバキア 4 - 2   アイルランド 0 - 2 4 - 0

1回戦編集

チーム #1 チーム #2 第1戦 第2戦
  ソビエト連邦 4 - 1   ハンガリー 3 - 1 1 - 0
  フランス 8 - 2   ギリシャ 7 - 1 1 - 1
  ルーマニア 3 - 2   トルコ 3 - 0 0 - 2
  オーストリア 6 - 2   ノルウェー 1 - 0 5 - 2
  ユーゴスラビア 3 - 1   ブルガリア 2 - 0 1 - 1
  ポルトガル 5 - 2   東ドイツ 2 - 0 3 - 2
  スペイン 7 - 2   ポーランド 4 - 2 3 - 0
  チェコスロバキア 7 - 3   デンマーク 2 - 2 5 - 1

準々決勝編集

チーム #1 チーム #2 第1戦 第2戦
  ソビエト連邦 不戦勝   スペイン 不戦勝 不戦勝
  フランス 9 - 4   オーストリア 5 - 2 4 - 2
  ユーゴスラビア 6 - 3   ポルトガル 1 - 2 5 - 1
  チェコスロバキア 5 - 0   ルーマニア 2 - 0 3 - 0

最終トーナメント編集

準決勝 決勝
           
7月6日マルセイユ    
   チェコスロバキア 0
   ソビエト連邦 3  
  7月10日パリ
   ソビエト連邦 1 (2)
     ユーゴスラビア 1 (1)
 
3位決定戦
7月6日パリ 7月9日マルセイユ
   フランス 4    チェコスロバキア 2
   ユーゴスラビア 5      フランス 0

準決勝編集


フランス   4 - 5   ユーゴスラビア
ヴァンサン   12分
ウート   43分62分
ヴィスニスキー   53分
ガリッチ   11分
ザナティッチ   55分
クネツ   75分
イェルコヴィッチ   78分79分

3位決定戦編集

決勝編集

最終結果編集

 1960 欧州ネイションズカップ優勝国 
 
ソビエト連邦
初優勝

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ UEFA EURO 1960 - UEFA.com 2012年12月10日閲覧
  2. ^ Turkey - UEFA.com 2012年12月10日閲覧