メインメニューを開く
UEFA欧州選手権 > UEFA EURO 2020 > UEFA EURO 2020予選

本記事ではUEFA EURO 2020予選について述べる。

目次

方式編集

UEFA EURO 2020の本大会は12の国・地域での分散開催となるが、今大会については開催国・地域が本大会に自動的に出場可能とはならない。ただし、もし本大会グループステージ開催国・地域のチームが本大会出場権を得た場合は、そのチームの本大会グループステージの試合のうち2試合は必ずその国・地域で開催される[1]

開催方式は以下の通り[2]

予選グループステージ編集

出場全チームを5または6チームずつの10組に分け、それぞれホーム&アウェーの2回総当たり戦を行う。各組上位2チーム(合計20チーム)が本大会出場権を得る。グループ分けの際はUEFAネーションズリーグ2018-19の順位付け規定(後述)に基づく総合順位によって、シードが行われる。全ての開催国・地域[† 1]が揃って本大会出場権を得る可能性が生じるように同じ組には2チームまでしか入らないように抽選される。また、政治的紛争を抱える国々[† 2]や移動距離が長大となる国々[† 3]、冬季のホームゲーム開催が困難な国々[† 4]について配慮される。さらに、UEFAネーションズリーグ2018-19のリーグAの各グループで首位となり決勝トーナメントに進出したチームは5チームの組に割り振られる。(当該チームの2019年6月の予選試合日はネーションズリーグの決勝トーナメントに充てられる。)

プレーオフ編集

UEFAネーションズリーグ2018-19の各リーグ(上位から順にA - D)から、以下に定める方法で合計16チームを選び、4チームずつによるノックアウトトーナメント(準決勝はネーションズリーグの順位付け規定による順位のトーナメント内1位チーム対4位チーム、2位チーム対3位チームの組み合わせ。ホーム&アウェーではなく準決勝は上位チームのホーム、決勝は抽選によるいずれかのチームのホームでの1試合勝負)を行う。それぞれで勝ち残ったチームが本大会出場権を得る。

プレーオフ出場チームの決定方法編集

UEFAネーションズリーグ2018-19の各リーグ(上位から順にA - D)において、プレーオフに出場する合計16チームを以下の方法で決定する[3]

  • まず、ネーションズリーグの各リーグのグループ1位チームであって、EURO予選グループステージで本大会出場権を得られなかったチームを選ぶ。
  • グループ1位チームで本大会出場権を得たチームがある場合は、当該チームが所属するネーションズリーグのリーグのグループ2位以下であって、EURO予選グループステージで本大会出場権を得られなかったチームをネーションズリーグの順位付け規定により順位付けし、各リーグ4チームになるまで上位のチームから選ぶ。
  • もしネーションズリーグの各リーグにおいて、EURO予選グループステージで本大会出場権を得られなかったチームがそもそも4チームに満たない場合(例えばリーグAは12チームなので、そのうち9チーム以上がEURO予選グループステージで本大会出場権を得た場合)は、UEFAネーションズリーグ2018-19総合順位に従って、別のリーグからEURO予選グループステージで本大会出場権を得られず、上記の条件でプレーオフ出場権を得ていないチームの上位のチームから補充する。ただし、「ネーションズリーグでグループ1位になったチームがいるリーグには、それよりも上位のネーションズリーグのリーグレベルのチームは入らない」という条件が付く。

プレーオフの組み合わせ抽選編集

プレーオフに出場する16チームを、所属するリーグごとにリーグDからリーグAの順番で「ネーションズリーグでグループ1位になったチームがいるプレーオフには、それよりも上位のネーションズリーグのリーグレベルのチームは入らない」、「同一リーグから4チーム以上がプレーオフに出場する場合は、必ず、その中の4チームは同じトーナメントに配置される。」という条件を満たすように、必要に応じて抽選を行い4チームずつのトーナメントを確定させる。

  • 上記の条件により、同一リーグからの出場が4チームを超える場合に、グループ2位以下のチームの中から、所属するリーグより上位のリーグレベルのトーナメントに配置されるチームが抽選により決定される。
  • リーグAからの出場チームが無い場合は、リーグB、リーグCから出場する計8チームを対象に抽選が行われる。(上記の条件により、いずれかのリーグからの出場が4チームのみの場合は他方から出場する8チーム、それ以外の場合はリーグBのチームとリーグCのトーナメントに配置されなかったリーグCのチームの計8チーム)[4]
  • リーグAかリーグBからの出場チームが4チーム未満で、リーグBからの出場チームにグループ1位のチームが含まれない場合はリーグA、リーグB、リーグCから出場する計8チームを対象に抽選が行われる。(ただし、上記の条件により、リーグAかリーグBのいずれかのリーグからの出場が4チームのみの場合は抽選は行われない。)[4]
  • シードの基準や複数の開催国・地域がプレーオフに出場する場合の抽選方法などについて、追加の規定が適用されることがあり得る。

試合結果編集

グループA編集

チーム







  イングランド 2 2 0 0 10 1 +9 6
  ブルガリア 2 0 2 0 2 2 0 2
  モンテネグロ 1 0 1 0 1 1 0 1
  コソボ 1 0 1 0 1 1 0 1
  チェコ 1 0 0 1 0 5 −5 0

グループB編集

チーム







  ルクセンブルク 1 1 0 0 2 1 +1 3
  ポルトガル 1 0 1 0 0 0 0 1
  ウクライナ 1 0 1 0 0 0 0 1
  セルビア 0 0 0 0 0 0 0 0
  リトアニア 1 0 0 1 1 2 −1 0

グループC編集

チーム







  オランダ 2 1 0 1 4 0 +4 3
  北アイルランド 1 1 0 0 2 0 +2 3
  ドイツ 1 1 0 0 0 0 0 3
  エストニア 1 0 1 0 2 −2
  ベラルーシ 2 0 0 2 0 4 −4 0

グループD編集

チーム







  アイルランド 1 1 0 0 1 0 +1 3
  スイス 1 1 0 0 2 0 +2 3
  デンマーク 0 0 0 0 0 0 0 0
  ジブラルタル 1 0 0 1 0 1 −1 0
  ジョージア 1 0 0 1 0 2 −2 0

グループE編集

チーム







  クロアチア 1 1 0 0 2 1 +1 3
  ウェールズ 0 0 0 0 0 0 0 0
  スロバキア 0 0 0 0 0 0 0 0
  ハンガリー 0 0 0 0 0 0 0 0
  アゼルバイジャン 1 0 0 1 1 2 −1 0

グループF編集

チーム







  スペイン 2 2 0 0 4 1 +3 6
  スウェーデン 2 1 1 0 5 4 +1 4
  ルーマニア 2 1 0 1 5 3 +2 3
  マルタ 2 1 0 1 2 3 −1 3
  ノルウェー 2 0 1 1 4 5 −1 1
  フェロー諸島 2 0 0 2 2 6 −4 0

グループG編集

チーム







  北マケドニア 1 1 0 0 3 1 +2 3
  ポーランド 1 1 0 0 1 0 +1 3
  イスラエル 0 0 0 0 0 0 0 0
  スロベニア 0 0 0 0 0 0 0 0
  オーストリア 1 0 0 1 0 1 −1 0
  ラトビア 1 0 0 1 1 3 −2 0

グループH編集

チーム







  フランス 2 2 0 0 8 1 +7 6
  トルコ 2 2 0 0 6 0 +6 6
  アルバニア 2 1 0 1 3 2 +1 3
  アイスランド 2 1 0 1 2 4 −2 3
  アンドラ 2 0 0 2 0 5 −5 0
  モルドバ 2 0 0 2 1 8 −7 0

グループI編集

チーム







  ベルギー 2 2 0 0 5 1 +4 6
  キプロス 2 1 0 1 5 2 +3 3
  ロシア 2 1 0 1 5 3 +2 3
  カザフスタン 2 1 0 1 3 4 −1 3
  スコットランド 2 1 0 1 2 3 −1 3
  サンマリノ 2 0 0 2 0 7 −7 0

グループJ編集

チーム







  イタリア 1 1 0 0 2 0 +2 3
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 1 0 0 2 1 +1 3
  ギリシャ 0 0 0 0 0 0 0 0
  リヒテンシュタイン 0 0 0 0 0 0 0 0
  アルメニア 1 0 0 1 1 2 −1 0
  フィンランド 1 0 0 1 0 2 −2 0

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ イングランド、アゼルバイジャン、ドイツ、イタリア、ロシア、デンマーク、ハンガリー、オランダ、アイルランド、ルーマニア、スコットランド、スペイン
  2. ^ ジブラルタルとスペイン、コソボとボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボとセルビアは同じ組に入らない。アルメニアとアゼルバイジャン、ロシアとウクライナも同様だが、同じポットであるため、もとから同じ組に入ることはない。
  3. ^ 以下の国々のペアは同じ組に最大1つしか入らない。(ただし、取り消し線のペアは同じポットであるため、もとから同じ組に入ることはない。)
    1. アゼルバイジャンとアイスランド、ポルトガル、ジブラルタルのいずれか
    2. アイスランドとアルメニア、キプロス、ジョージア、イスラエルのいずれか
    3. カザフスタンとアンドラ、イングランド、フランス、アイスランド、マルタ、北アイルランド、ポルトガル、アイルランド、スコットランド、スペイン、ウェールズ、フェロー諸島ジブラルタルのいずれか
  4. ^ 以下の国々は最大で2チームしか、同じ組には入らない。ベラルーシ、エストニア、フェロー諸島フィンランドアイスランド、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、ロシア、ウクライナ(太字の3チームは3月と11月にはホームゲームを開催できない。その他のチームはできる限り開催しない。)

出典編集

  1. ^ All you need to know about UEFA EURO 2020”. 欧州サッカー連盟 (2018年7月12日). 2018年9月12日閲覧。
  2. ^ European Qualifiers for UEFA EURO 2020: how it works”. 欧州サッカー連盟 (2017年9月25日). 2018年9月12日閲覧。
  3. ^ 大会規定 Article 16
  4. ^ a b UNL Media Briefing (PDF)”. 欧州サッカー連盟. 2018年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  5. ^ Regulations of the UEFA Nations League 2018/19”. 欧州サッカー連盟. 2018年9月12日閲覧。(Article 18を参照)