メインメニューを開く

UFC 101: Declaration(ユーエフシー・ワンオーワン:デクラレイション)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2009年8月8日ペンシルベニア州フィラデルフィアワコビア・センターで開催された。

UFC 101: Declaration
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2009年8月8日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州フィラデルフィア
会場 ワコビア・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全11試合
入場者数 17,411人[1]
入場収益 3,550,000USドル
PPV購入数 850,000件[2]
イベント時系列
UFC 100 UFC 101: Declaration UFC 102: Couture vs. Nogueira

本大会はUFC初のペンシルベニア州開催であり、大会サブタイトル「Declaration」は、開催地であるフィラデルフィアで1776年に採択されたアメリカ独立宣言(Declaration of Independence)に因む。

本大会では、BJ・ペンケニー・フロリアンのライト級タイトルマッチと、アンデウソン・シウバフォレスト・グリフィンのライトヘビー級戦が行われた。

目次

大会概要編集

メインイベントのライト級タイトルマッチでは、ペンがフロリアンを破り、2度目のライト級王座防衛に成功した。現役ミドル級王者アンデウソン・シウバの2度目のライトヘビー級戦となった第10試合は、シウバがグリフィンをKOで下した。出場が予定されていたホジマール・パリャーレスは負傷により欠場し、替わってターレス・レイチが出場した。第2試合に出場予定であったロバート・エマーソンはジョージ・ループに変更された。

キャリア5戦全勝のジョニー・ヘンドリックスがUFCデビュー。

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ウェルター級 5分3R
  ジェシー・レノックス vs.   ダニーロ・ビルフォート ×
3R 3:37 TKO(ドクターストップ:カット)
第2試合 ライト級 5分3R
  ジョージ・ソテロポロス vs.   ジョージ・ループ ×
2R 1:59 チキンウィングアームロック
第3試合 ウェルター級 5分3R
  マット・リドル vs.   ダン・クレイマー ×
3R終了 判定3-0(29-27、30-26、30-27)
第4試合 ミドル級 5分3R
  アレッシオ・サカラ vs.   ターレス・レイチ ×
3R終了 判定2-1(29-28、27-30、29-28)
第5試合 ウェルター級 5分3R
  ジョン・ハワード vs.   タムダン・マクローリー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)

メインカード編集

第6試合 ライト級 5分3R
  カート・ペレグリーノ vs.   ジョシュ・ニアー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 ミドル級 5分3R
  ヒカルド・アルメイダ vs.   ケンドール・グローブ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ウェルター級 5分3R
  ジョニー・ヘンドリックス vs.   アミール・サダロー ×
1R 0:29 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第9試合 ライト級 5分3R
  アーロン・ライリー vs.   シェイン・ネルソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
  アンデウソン・シウバ vs.   フォレスト・グリフィン ×
1R 3:23 KO(右ストレート)
第11試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
  BJ・ペン vs.   ケニー・フロリアン ×
4R 3:45 チョークスリーパー
※ペンが王座の2度目の防衛に成功。

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト: アンデウソン・シウバ vs. フォレスト・グリフィン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: アンデウソン・シウバ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: BJ・ペン
各選手にはボーナスとして60,000ドルが支給された。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集