メインメニューを開く

UFC 123: Rampage vs. Machida(ユーエフシー・ワントゥエンティスリー:ランペイジ・バーサス・マチダ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2010年11月20日ミシガン州オーバーンヒルズザ・パレス・オブ・オーバーンヒルズで開催された。

UFC 123: Rampage vs. Machida
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2010年11月20日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州オーバーンヒルズ
会場 ザ・パレス・オブ・オーバーンヒルズ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全11試合
放送局 Spike
入場者数 16,404人[1]
入場収益 2,100,000USドル[1]
PPV購入数 500,000件[2]
イベント時系列
UFC 122: Marquardt vs. Okami UFC 123: Rampage vs. Machida The Ultimate Fighter: Team GSP vs. Team Koscheck Finale

大会概要編集

メインイベントではクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンリョート・マチダによるライトヘビー級戦が行われ、ランペイジがリョートに2-1の判定勝ちを収めた[3]

第10試合ではBJ・ペン vs. マット・ヒューズラバーマッチが行なわれ、開始21秒右ストレートからのパウンドでペンのKO勝ち。対戦成績を2勝1敗とした[4]

フィル・デイヴィスジョージ・ソテロポロスはそれぞれ一本勝ちを収め[5][6]、デイヴィスはデビュー以来8戦8勝(UFC4戦4勝)、ソテロポロスはUFC7戦7勝となった。

第9試合でマイケル・ファルカォンに敗れたジェラルド・ハリスはUFCデビューから3連勝中で、しかもそのうちの2回はノックアウト・オブ・ザ・ナイトだったにもかかわらず、この1回の敗北でUFCからリリースされた。ダナ・ホワイトは試合後の会見で彼の試合を酷評していた。

キャリア6戦全勝のROCライト級王者エジソン・バルボーザがUFCデビュー。

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ライト級 5分3R
  ニック・レンツ vs.   タイソン・グリフィン ×
3R終了 判定2-1(29-28、27-30、29-28)
第2試合 ライト級 5分3R
  ポール・ケリー vs.   TJ・オブライエン ×
2R 3:16 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの肘打ち)
第3試合 ライト級 5分3R
  エジソン・バルボーザ vs.   マイク・ルーロー ×
3R 0:26 TKO(レフェリーストップ:右ローキック)
第4試合 ウェルター級 5分3R
  デニス・ホールマン vs.   カロ・パリジャン ×
1R 1:47 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド)

Spike中継カード編集

第5試合 ミドル級 5分3R
  マーク・ムニョス vs.   アーロン・シンプソン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第6試合 ウェルター級 5分3R
  ブライアン・フォスター vs.   マット・ブラウン ×
2R 2:11 ギロチンチョーク

メインカード編集

第7試合 ライト級 5分3R
  ジョージ・ソテロポロス vs.   ジョー・ローゾン ×
2R 2:43 チキンウィングアームロック
第8試合 ライトヘビー級 5分3R
  フィル・デイヴィス vs.   ティム・ボッシュ ×
2R 2:55 チキンウィングアームロック
第9試合 ミドル級 5分3R
  マイケル・ファルカォン vs.   ジェラルド・ハリス ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-28、29-28)
第10試合 ウェルター級 5分3R
  BJ・ペン vs.   マット・ヒューズ ×
1R 0:21 KO(右ストレート→パウンド)
第11試合 ライトヘビー級 5分3R
  クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs.   リョート・マチダ ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ジョージ・ソテロポロス vs. ジョー・ローゾン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: BJ・ペン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: フィル・デイヴィス
各選手にはボーナスとして80,000ドルが支給された[7]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集