UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens

UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens(ユーエフシー・ファイトナイト:ローゾン・バーサス・スティーブンス、別名UFC Fight Night 17)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2009年2月7日フロリダ州タンパUSFサン・ドームで開催された。

UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens
イベント詳細
シリーズ UFC(UFC Fight Night)
主催 ズッファ
開催年月日 2009年2月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
会場 USFサン・ドーム
開始時刻 午後9時(ET / PT
試合数 全10試合
放送局 Spike
入場者数 7,596人
入場収益 428,000USドル
報酬総額 304,000USドル[1]
イベント時系列
UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2 UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens UFC 95: Stevenson vs. Sanchez

メインイベントではジョー・ローゾンジェレミー・スティーブンスによるライト級戦が行われた。

大会概要編集

当初はメインイベントでジョー・ローゾン対エルメス・フランカが予定されていたが、フランカの欠場によりジェレミー・スティーブンスが出場、大会名も「Lauzon vs. Franca」から変更となった。そのメインイベントではローゾンが腕ひしぎ十字固めで勝利し、UFC戦績を5勝1敗とした。他に4試合行われたライト級マッチではジョシュ・ニアーグレイゾン・チバウ、マット・ヴィーチが勝利を収めている。

セミファイナルで行われたヘビー級マッチではケイン・ヴェラスケスが勝利しUFC3連勝、また第7試合ではアンソニー・ジョンソンが勝利している。

キャリア10戦全勝のマット・ヴィーチ、6戦全勝のCFFCミドル級王者ニック・カトーネ、5戦全勝のジェイク・ロショルトがUFCデビュー。

出場者変更編集

負傷などによる本大会の出場者変更は以下の通りである。

セコンドに関するルール変更編集

前回大会UFC 94のメインイベントでのトラブルを受け、セコンドがワセリンを使用することが禁止された[2]

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ウェルター級 5分3R
  マット・リドル vs.   スティーブ・ブルーノ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ミドル級 5分3R
  ニック・カトーネ vs.   デレク・ダウニー ×
2R 1:15 V1アームロック
第3試合 ライト級 5分3R
  グレイゾン・チバウ vs.   リッチ・クレメンティ ×
1R 4:35 ギロチンチョーク
第4試合 ライト級 5分3R
  マット・ヴィーチ vs.   マット・グライス ×
2R 4:34 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第5試合 ミドル級 5分3R
  ダン・ミラー vs.   ジェイク・ロショルト ×
1R 1:03 ギロチンチョーク
第6試合 ライト級 5分3R
  カート・ペレグリーノ vs.   ロバート・エマーソン ×
2R 3:14 チョークスリーパー

メインカード編集

第7試合 ウェルター級 5分3R
  アンソニー・ジョンソン vs.   ルイージ・フィオラヴァンティ ×
2R 4:39 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第8試合 ライト級 5分3R
  ジョシュ・ニアー vs.   マック・ダンジグ ×
2R 3:36 三角絞め
第9試合 ヘビー級 5分3R
  ケイン・ヴェラスケス vs.   デニス・ストイニッチ ×
2R 2:34 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第10試合 ライト級 5分3R
  ジョー・ローゾン vs.   ジェレミー・スティーブンス ×
2R 4:42 腕ひしぎ十字固め

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ジョシュ・ニアー vs. マック・ダンジグ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ケイン・ヴェラスケス
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジョー・ローゾン
各選手にはボーナスとして30,000ドルが支給された[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集